ピクシブ百科事典

神浜マギアユニオン

かみはままぎあゆにおん

「神浜マギアユニオン」とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場する名称である。
目次[非表示]

概要

メインストーリー第1部終盤において、マギウスの計画を打ち破り、さらに力を結集してワルプルギスの夜を打ち破った神浜市魔法少女達。その彼女達がかつての敵味方関係なく手を取り合い協力し合うために結成された連合・同盟がこの「神浜マギアユニオン」である。

発起人はワルプルギスの夜との戦いで中心的な役割を果たした環いろは七海やちよ。これまでやちよがリーダー格としてまとめてきた神浜市内の西側、和泉十七夜がとりまとめてきた市内東側、都ひなのが中心となる市内南側のそれぞれの魔法少女達、さらに里見灯花柊ねむ梓みふゆ天音姉妹といった元マギウス・元マギウスの翼の魔法少女達も参加した大がかりな組織になる。

その一方で、参加自体は強制はせず自由参加らしく、少なくともカウントダウンストーリーの内容からしてななか一派アザレアトリオは不参加の模様。ただし、彼女達も外部協力は行うという立場を取るようである。ただし、ななか一派のメンバーの一人である夏目かこは神浜マギアユニオンに積極的に参加する意欲があったので、今後の展開次第である。
第一部の終盤の戦いで行方が分からなくなったラスボスであるアリナ・グレイも当然未参加である。
この他、史乃沙優希空穂夏希は結成集会に顔を見せなかったが、不参加なのか、結成集会を欠席しただけなのかは現時点では不明である。
全魔法少女の解放が目的の為、各地に住んでいる魔法少女たちにも神浜マギアユニオンと共に行動しないかと敵対意識ありなしに関わらず勧誘をおこなっている。

しかし残念なことに、姓名・容姿が不明な魔法少女たちの中には、いろは達に不信や反感を抱く魔法少女がいるようで(特にマギウスの復権を考える者)、二葉さなが自発的にパトロールをしており脅威となっている。
彼女達がどれだけ神浜マギアユニオンに参加したのかも、現時点では不明であるが、元マギウスの翼関係者の一部は、「ネオマギウス」を結成し、神浜マギアユニオンに参加したマギウス関係者を引き抜こうと躍起になっている。
そのためグループの防衛意識が強く「忘却の輪舞曲は久遠に睡る」では、映画撮影に協力しただけなのに、新組織への引き抜きと勘違いして神経をとがらせたり、魔法で洗脳された結果操られた影響とはいえ内ゲバを起こしかけ、不参加組であるゆきかが事情を説明しようとしても十七夜が「部外者は黙っていろ」と一蹴し、危うくユニオンが崩壊するところだった。


また、互いに協力し合うという互助組織としての役割を持つとともに、これからの宿命とも言える目標を掲げている。それは「魔法少女の魔女化からの解放」「キュゥべえとの共存」そして「浄化システムであるドッペルシステムを世界中に広げる」というもの。
特に「魔法少女の魔女化からの解放」はかつて敵対していたマギウスの目的であったが、現在は小さいキュゥべえによってドッペルシステムが運用されているため、それを使う者の宿命として題目に掲げる形となる。一方、マギウスとは違い、「魔法少女解放のために、一般人に迷惑を掛けないこと」も、事実上組織の目標となっている。
なお、「魔女化からの解放」は、対象となる少女たちの命にかかわるため、未加入の魔法少女に対して配慮を行い、積極的な説明はしていないようだ。

また、「ドッペルシステムのさらなる展開」に付いては灯花とねむによる研究・実験段階ではあるが、果てなしのミラーズの管理人である調整屋こと八雲みたまの協力の下、ミラーズの魔女空間を別の宇宙と繋げることで多元化する計画であるという。そしてワルプルギスの夜戦にて魔法少女達を回復された不思議な力を使ってドッペルシステムを地球上に展開させる作戦だった。
もっとも、「新たな息吹より」で見る限り、魔女によって空間が切り離されてしまい、また不思議な力によって世界が崩壊しそうになり、不思議な力の持ち主によって強化したいろはとやちよにより世界の破滅は回避された。

次に新たな敵であるキモチが持つ感情エネルギーがドッペルシステムの拡張できることをキュゥべえから聞き出し、神浜マギアユニオンはキモチを倒しブレスレットを入手することで全世界にドッペルシステムを拡張しようと行動する。

キュゥべえとの共存については、インキュベーターの目的が魔法少女が絶望し、魔女に変貌する事で発生する感情エネルギー採取のため、神浜マギアユニオンではドッペルシステムを全世界に展開することでキュゥべえの凶暴性を抑制し共存する計画であったが、キュゥべえはこの計画を逆手に取り、ドッペルから発生するエネルギー採取を効率的に行うために、神浜市で魔法少女たちが殺し合いをするように各地の魔法少女たちに神浜市に来るよう仕向けたので、かつて環ういの魂をキュゥべえに入れることでキュゥべえを無害化した経験を活かし、今度はキュゥべえの活動を制御できるよう母星にいる本体が端末を操作する時に使うネットワークに不正アクセスしたり、キュゥべえの体の解析を行っている。

メインストーリー第2部ではこのユニオンが物語の中心となり、時女一族を始めとする他の地域からやってくる魔法少女達と様々な関わりを見せることになるようである。
また、「Magia day 2019」では花の形をした紋章が存在する事が判明した。

外部の魔法少女にとっては、「自分達だけ自動浄化システムの恩恵を受けている連中」という歪んだ解釈をしている者が存在する。だが、神浜マギアユニオンの目標は「全魔法少女の魔女化からの解放」であり、浄化システムの独占を目的としてはいない。
しかし、現時点で神浜市外に拡大する目処は立っていないため、市外の魔法少女はマギアユニオンに協力してシステム拡大の成功に賭けるか、今あるシステムを奪うか、あるいは静観するかの選択を迫られることになる。
時女一族は日本に存在する魔法少女、そして全世界に存在する魔法少女を救う方針であり浄化システムの平和的な拡大をユニオンと共に行う方針で、Promised_Bloodは神浜市の魔法少女への復讐のため浄化システムを奪う目的で敵対を宣言している。

これらの魔法少女は遠方から神浜に出向いたが、神浜は大都市であるため、通学などで日常的に神浜に通う魔法少女もいる。
神浜は、アリナの作った皮膜によってキュゥべえの立入は出来ないが(従って、神浜市内に在住する限り、新たに魔法少女として勧誘されることはない)、神浜市外で契約した魔法少女の出入りは、日常的に起きている状況ということになる。


組織

環いろは・七海やちよが全体の代表であるが、実質は西神浜の代表を兼ねている。東神浜代表の和泉十七夜、南神浜代表の都ひなの、以上4人が最高幹部ということになる。

竜城明日香の道場を借りて、近況報告会を行っており、4幹部が地区ごとの現状を意見交換する。4幹部以外が出席することもできるが、出席できない場合は各地区の代表を通して報告を行う。

観鳥令は、かつてマギウスの翼広報誌のカメラマン編集者を兼務していたが、神浜マギアユニオンでも同様の活動をしているようである。

また、非常時には構成員の連絡網を通して情報が伝達される。

関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ
時女一族:第2部でユニオンと関わることになる魔法少女=「巫」の一族。神浜マギアユニオンと共に地球上の魔法少女を魔女化の運命から救おうとしている
Promised_Blood:「Magia Day 2019」で新たに名前が明かされた第三の組織。神浜マギアユニオンの勧誘をある理由により断った。その理由は神浜市に居る全魔法少女の抹殺が目的であり、さらには浄化システムを強奪し、そして独占することで二木市の物とすべく神浜への敵対を宣言する。
マギウスの翼:かつての敵対組織
ネオマギウス:魔法少女の解放に飽き足らず、魔法少女至上主義を掲げる組織。マギウスの翼の残党で構成される。神浜マギアユニオンのメンバーを引き抜こうとしている。灯花から神浜マギアユニオンに合流するよう説得されており、決めかねている。
プレイアデス聖団:『魔法少女かずみ☆マギカ』においてキュゥべえとの決別と魔法少女システムの否定を掲げたチーム
ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット:ワルプルギスの夜との戦いでも共闘した、原作組=見滝原市のチーム(言葉自体は劇場版新編より)

関連記事

親記事

集結の百禍編 しゅうけつのひゃっかへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神浜マギアユニオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1105

コメント