ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして:MAGIUS
もしかして:マギウス(マギアレコード)

概要

ヴァルヴレイヴへの搭乗者登録の際に、ニンゲンヤメマスカ?とのOSからの問いに「YES」と答えると、搭乗資格者の体に「何か」が注入され、ヴァルヴレイヴの操縦が可能となる。
同時に、驚異的な回復力と噛み付いた人間の肉体を乗っ取る力「ジャック」も取得する。
言わばマギウスとは、人間をやめて人ならざる者に変貌した者である。
ヴァルヴレイヴの開発計画である「VVV計画」の真の達成目標であるが、その実は101人評議会ことオリジナルのマギウスの似姿「人工マギウス」である。

また、時縞ハルトのみ、一定条件下(ヴァルヴレイヴの動力の源でもある「RUNE(ルーン)」の欠乏、枯渇による禁断症状)で凶暴化、吸血鬼の如く人間を襲うようになる。
地球上で「RUNE(ルーン)」を最も蓄えているのが人間であり、定期的に人間から摂取すれば、発作は起こらないとされている。また、凶暴化の際には光る傷のようなものが顔に浮かび上がる。
一方で、その症状が極限まで達してしまった事でハルトはその場に居合わせたサキに襲い掛かり、同時にサキもマギウスの力がハルトの言うように「呪い」だと言う事を身をもって悟る事になる。

ARUSドルシア軍の影で暗躍する101人評議会もまたマギウスである。
彼らの実態は数百年前に地球へ来訪した異星人である。しかし彼らは肉体を持たないエネルギー生命体のようなもの(曰く「心」だけの生命体)であり、地球で行動するには肉体が必要だった。そのために人間をはじめとする様々な生物へ乗り移り、やがてルーンを一番蓄えている生物が人間であると知ると人間の体をジャックしながら自らの存在を秘匿し、権力者達と結託して世界の裏で暗躍していった。
しかし、その一方で自らの存在を公の場に晒すべきという立場のマギウスもおり、彼らも決して一枚岩ではないことが伺える。

最終決戦において、アマデウス・K・ドルシアの正体が暴露されたことをきっかけに、評議会の存在も明るみに出ることになった。
この際一度はマスコミ等情報機関に根回しし体裁を取り繕っていたのだが、ドルシア王党派の反乱が起きたことや、ARUSが混乱を黙認したことによって遂に隠し通すことができなくなってしまう(小説版では上記の様に暴かれるのを阻止した上で、会場にいる人間すべてを消して再び正体を有耶無耶にしようとしていた。しかしエルエルフアキラの作戦により、事実を隠蔽しようとした瞬間を世界に晒すという二重の罠が展開されていたために情報機関への根回しは事実上不可能にされてしまっていた)。

モジュール77での決戦後、元からマギウスを恐れていたARUSの大統領・ジェフリー・アンダーソンは、エルエルフとアキラの情報展開をあえて利用する形でマギウスの殲滅に乗り出す事になり、出鱈目にリストに載せられた者達は、逮捕・弾圧の対象となる。
そして、最終的には全員の存在がつきとめられた結果、評議会はマギウス殲滅を目的とした武装組織の襲撃によって全滅。更にこれが「マギウス狩り」と形容される世界的排斥運動に発展し、多数の「無関係な人間達」も巻き込む歴史的な血みどろの大惨事となってしまうのだった。

「我々は歴史とともに歩み、傷付き、そして悟った
争いの生まれないシステムとは、別々に暮らすことだ」

皮肉にもカインの推測は的を得ていたのであるが、マギウス達もマギウス達で、人間を乗っ取りやRUNE摂取の為の「家畜」としてしか扱わず、世界を裏から支配してきたのも事実な為、人間達がマギウスを「恐怖や憎悪の対象」としてしか見なかったのも当然であったといえる。

かくして、「世界の裏に存在する者」でありまたあるところでは「革命の立役者」となった彼らは真暦の歴史の彼方に追いやられることとなったのであるが、辛くも世間の目から逃れた一部のマギウスたちは咲森学園、後の「第三銀河帝国」に居場所を求めることとなる。

特殊能力

身体再生能力

心肺を損傷しても死なない再生・蘇生能力(エルエルフの見立てでは脳を破壊されれば再生はされないとされているが、野火マリエがそれを覆した)。
また、その肉体は200年経った後も若いまま維持される。ただしこの不老不死の能力はヴァルヴレイヴによってマギウスになった者しか適用されず、オリジナルのマギウス達は代々人間の身体を移し替えて生きながらえてきた。
ただし、完璧なまでの不死と言う訳ではなく、自身のルーンを残らず消費したり(例:野火マリエ、リーゼロッテ・W・ドルシア)、本体が全消滅に近いダメージを受けたりする(例:犬塚キューマ)と二度と復活できずに死亡する。

ジャック

相手の肉体に噛み付く事でその身体を一方的に乗っ取る能力。
ジャックされた側の意識は封印され、ジャックされた間の記憶を失う。
また、マギウスはジャックされた人間の戦闘能力といった後天的な手続き記憶をも乗っ取っている間使う事も出来る。本来の肉体に噛み付けばその状態は解除される。
マギウス同士でもジャックは可能。また、ジャックした状態でヴァルヴレイヴに乗っても機体はその人物を搭乗者と認識する。

該当者

本編

時縞ハルト(1話以降)
流木野サキ(6話以降)
犬塚キューマ(9話以降)
山田ライゾウ(9話以降)
連坊小路アキラ(12話以降)
野火マリエ(本編以前)
カイン・ドレッセル(本編以前)
アマデウス・K・ドルシア(ミルコ)(13話以降)
リーゼロッテ・W・ドルシア(本編以前)
101人評議会のメンバー(本編以前)

未来(第三銀河帝国歴214年現在)

指南ショーコ
連坊小路サトミ(本人ではなく子孫の可能性がある)

外伝(「アンダー・テイカー」)

陽本ジン
於保多ナオ

余談

ハルトは人に噛み付いて相手を乗っ取る力を「ジャック」と呼んでいる。
また、サキはマギウスについて、不死性と噛み付き行為から吸血鬼櫻井アイナは特殊能力が神が憑いたように見えた為に「神憑き」と評している。

関連項目

革命機ヴァルヴレイヴ ニンゲンヤメマスカ?

関連記事

親記事

ヴァルヴレイヴ ゔぁるゔれいゔ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マギウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78163

コメント