ピクシブ百科事典

時縞ハルト

ときしまはると

アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」の主人公。
目次[非表示]

「譲れない……だから!」
CV:逢坂良太

人物像

中立国ジオールにある咲森学園に通う男子高校生。学年は2年。陸上部所属。
幼なじみの指南ショーコのことを気にかけていたが、ドルシア軍のジオールへの侵攻でショーコが生死不明になった事で怒りに身を任せ謎の人型兵器「ヴァルヴレイヴ」に乗り込み、そのパイロットとなる。
しかし、ヴァルヴレイヴを起動させるには「人間をやめる」必要があり、結果として人間ではない「何か」に変様してしまい、驚異的な身体再生能力と皮膚に噛み付いた相手の身体を乗っ取る能力を身につけるが、一方で不定期に発露する「凶暴化」に悩まされる。

勝ち負けに対してこだわりを持たず、何かを奪い合うのであれば平等に分ければいいという考えの持ち主。
そのため勝負事が苦手であり、特にジャンケンには非常識なまでに弱い。
その姿勢はよく言えば「平和主義者」であるが、悪く言えば「平和ボケ・事なかれ主義」であり、ショーコをして「本気で勝負していない」と言わしめている。
また、勝敗にこだわりを持つエルエルフからも初対面の段階で「愛する女もハムエッグの黄身もナイフで半分に切り分けるのか」と怒りを露にされている。

しかし、その一方で一度吹っ切れると利用できる物をなんでも利用するなど冷徹さを持ち合わせており、特にショーコが行方不明になった際にはドルシアの機動兵器バッフェを「ショーコの仇」としてヴァルヴレイヴを用いて破壊し、更に(無意識にではあるが)エルエルフの体を乗っ取りその身体能力を持ってアードライの左目を打ち抜き、他にも数人を射殺するなど躊躇なく人殺しに手を染める。
そんな矢先にショーコの生存が判明し安堵する彼だったが、直後に自身が化け物になってしまった事を自覚することになる。

学園生徒の中で最初にヴァルヴレイヴと関わって人間でなくなってしまった為、ヴァルヴレイヴは「呪われている」と解き、自分と同じ存在を生み出さないようなるべくコックピットに人を座らせないようにしていたが、戦いが続く中で流木野サキ犬塚キューマらが自分と同じ存在になってしまった為、ある種の責任感を負うようになる。
特にサキについては、凶暴化した際に過ちを犯してしまった事から特にその念を強める事になり、彼女の中に潜む孤独感を感じとり、彼女に結婚を申し込んだ。その求婚は責任感が先立つものだったが、人体実験を経て自棄になった時に、大切な人としてショーコと並んでサキのことも思い浮かべたことから、彼女の存在もハルトの中で次第に大きくなっており、後にとある約束を交わすことになる。
また、元々ショーコに好意を抱いており告白寸前まで行ったが、自身がマギウス化した事から彼女を傷つけてしまうのではないかという不安と、ショーコ当人も総理大臣としての責務を果たすことを優先するようになった為、お互いに距離を置く事になる。
この他、サキがハルトの事をジャックした事から二宮タカヒからも興味を抱かれている。

学園を擁するモジュール77が中立地帯である月へと到達した後は地上への威力偵察任務のためにエルエルフらと学園を離れる。
その際に訪れたドルシア王都にて、自分の父である時縞ソウイチと再会するが、製薬会社の社員であると教えられていたソウイチはヴァルヴレイヴの開発責任者であり、更には倫理による抑制の効かないマッドサイエンティストだと知る。更に彼からヴァルヴレイヴと学園の関係を聞かされると、二度と自分のような存在を生み出さないようにヴァルヴレイヴを破壊するという決意を胸に父と決別した。

威力偵察から戻った後、新生ジオールは対ドルシアサミットを開くことになるのだが、この会場でヴァルヴレイヴの真実を(歪んだ形で)暴露されたことにより、新生ジオールは壊滅してしまう。
この戦闘の最中、ハルトはルーン喪失により幼少期の記憶を失うのだが、これが引き金となりショーコからの信用を失って、ARUSに売り渡されかけてしまった。
その後犬塚により救出され、エルエルフと2人きりで月面に落下し、結果的に彼を立ち直らせる。
新生ジオールを失ったハルトらは、ヴァルヴレイヴを破壊した後のビジョンとして、「新たに人間とマギウスが共存できる国を作る」という目標を持ち、そのために行動することを誓った。
この時、彼が決意と共に口にした「だから、死ねない」という言葉が、偶然マギウスの力を使う呪文に近い発音であったこともあり、マギウスの真の力を使えるようになっている。

その結果、マギウスの力で信号弾を上げ、サキとの合流に成功。モジュール77奪還作戦前には、前述の目標を打ち明け、作戦前に記憶と命の心配をされたサキと「最後まで絶対に諦めない」約束を交わす。
同盟式典の戦いの折、マリエと同じくルーンの過剰消費で記憶を失い続けながらも、未来の為に戦い続けた。
その最中、カイン・ドレッセルに戦いを挑むが苦戦を強いられ、エルエルフの体をジャックする事でようやくこれに勝利したが、自らはルーンを使い果たした事でその生涯に幕を下ろした。
しかし、彼が遺したものは多く、死後ようやくショーコらにも受け入れられたハルトは、第三銀河帝国の「始まりの騎士」として、214年後まで讃えられることになる。

関連イラスト

ハルト


時縞くん



関連項目

革命機ヴァルヴレイヴ 時縞ソウイチ
指南ショーコ 流木野サキ 犬塚キューマ 櫻井アイナ 野火マリエ 霊屋ユウスケ 
山田ライゾウ 連坊小路サトミ 連坊小路アキラ 二宮タカヒ 七海リオン 貴生川タクミ
エルエルフ 咲森学園 ヴァルヴレイヴ ニンゲンヤメマスカ? 火人 マギウス

pixivに投稿された作品 pixivで「時縞ハルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2528454

コメント