ピクシブ百科事典

バッフェ

ばっふぇ

バッフェとは、テレビアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」に登場する機動兵器。
目次[非表示]

データ

形式番号Nw507Be(有人) Nw507Un(無人)
全高14.5m
重量20.4t(有人) 18.7t(無人)
主なパイロットアードライ クーフィア
デザイン大河原邦男

概要

ドルシア軍が運用する機動兵器。同軍の主力兵器であり、両肩に大型の「アイゼン・ガイスト」を備えているのが特徴。
宇宙・大気圏内どちらでも運用可能であり、運用するフィールドを選ばない。
上半身こそ人型に近い形態を採っているが、下半身に相当する部位はロケットバーニアとなっている(飛行時は進行方向と両肩のアイゼン・ガイストの関係からSTARWARSに登場するTIEファイターを思わせるシルエットを成す)。

有人タイプと無人タイプの二種が存在し、有人タイプは頭部にコックピットを有し、無人タイプは有人タイプや母艦、イデアールなどからの命令を受けて行動する(有人タイプにもインフィガール専用のバッフェ・ギガントなどのバリエーション機が存在し、アードライが搭乗した機体は左目に相当する部位が通常機と違う仕様となっていた)。
基本的に有人機1機、無人機2機の1小隊で運用されるが、無人機は指揮機が撃墜されるとコントロールを失い、機能を停止する。

ヴァルヴレイヴの圧倒的とも言える性能に対して劣勢を強いられる事も多いが、装備品と作戦によって覆す可能性を持ち合わせている。

武装

固定兵装として胸部に格納されたビーム砲「デュケノワ・キャノン」を有する。
両腕部分は換装可能となっており、マシン・クロー、ガトリングガン、ビーム・ガトリング、ロケット・ランチャー、ミサイル・ポッド、マニュピレータ・アーム、ドリル・ランス、ビーム・バスターといった各種装備が用意されている。
これらの装備は腕部の伸縮機構等によってアイゼン・ガイスト展開状態であっても使用可能。
また、背中にもオプション装備用のアタッチメントを有しており、拡張性も高い。

「アイゼン・ガイスト」は正面へ展開する事で防御形態となり、ヴァルヴレイヴのフォルド・シックルの斬撃にも耐えうる防御力を備える。
また、無人型はアイゼン・ガイストを展開させ隊列を組ませる事で戦艦やイデアールへの攻撃を防ぐ巨大な「盾」として用いる事も出来るが、それでもヴァルヴレイヴの特能装備や射撃兵装には対抗出来ないのが現状である。
アイゼン・ガイストのバリエーションの一つとして、蓄熱スバイクを装備したタイプがあり、イデアールの大型ヒーターユニットから高温度の熱を吸収し、それをヴァルヴレイヴにアイロンのごとく押し当てる事で、弱点であるオーバーヒートによる稼働不能状態に追い込む事が可能。

バッフェ・ギガント

外伝「アンダー・テイカー」に登場するバッフェのバリエーション機。要人暗殺部隊「フライクーゲル」の隊長インフィガールの専用機である。
頭部センサー系の強化と鬼面のペイントが施された大型のアイゼン・ガイストを装備した有人タイプと、アイゼン・ガイストに四基のマルチアームとセンサーアームを一基増設した無人タイプ二機による連携運用を前提にカスタマイズがされている。
有人タイプを「頭」に、無人タイプを「腕」に見立てた連携を行う。
その腕は火神鳴のアームストロンガーカノンよりも巨大であり、ヴァルヴレイヴカゲロウを抑えこむだけのパワーを発揮する。
一方で、腕となる無人タイプが運用できない状況では有人タイプは「カスタマイズされたバッフェ」程度の存在になってしまうという欠点もある。

関連項目

革命機ヴァルヴレイヴ
ヴァルヴレイヴ
ドルシア軍 アードライ クーフィア

pixivに投稿された作品 pixivで「バッフェ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54130

コメント