ピクシブ百科事典

クーフィア

くーふぃあ

アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」の登場人物。
目次[非表示]

「作戦失敗…好きにやっていいって事だよね!!!」
CV:梶裕貴

人物像

ドルシア軍事盟約連邦軍特務機関「カルルスタイン機関」所属の特務大尉。14歳。
英字表記は「Q-VIER」。赤のカラーリングが施されたイデアールに乗る。
エルエルフ達と共にジオールに潜入したエージェントであり、部隊の中では最年少。
アードライを「王子」と呼び茶化すなど、歳相応に無邪気。

性格はとにかく自己中心的な快楽主義者である上に、他者とは一線を画する過激な思考の持ち主で、戦闘はゲーム感覚として命のやり取りを楽しむ節さえある危険人物。
虫の息の敵であろうとも「まだ生きている」という理由だけで笑いながら銃弾を撃ち込み、エルエルフに対しては「以前から戦ってみたかった」という理由から突然の裏切りに疑問を抱く事も躊躇する事もなく攻撃を加えるなど罪の意識が著しく欠如している。
当然ながら機動兵器に乗った際にも敵対勢力の設備へ無意味な破壊行動を行う事もあり、側に友軍や非戦闘員が居ようと警告無く攻撃しており、仲間と言えども他人への被害に対しては全然斟酌していない。
そして、その行動によって櫻井アイナが命を落とす結果を招いている。

物事や言葉に対する解釈も極めて自分勝手であり、かつて仲間と誓い合った言葉でさえも、自分の欲望を正当化する為に歪んだ方向へ捻じ曲げていた程である。
任務中は(やりすぎる事があるとは言え)作戦内容に一応従い、イクスアインが撃墜された際も彼が乗っているイデアールのコックピットブロックを回収する等、決して秩序だった行動が出来ないという訳ではないが、作戦失敗と分るとそれを口実に好き勝手しようとした。

上記の通りの性格だったためか、アードライらの起こしたクーデターには呼ばれなかった。
このため最終決戦においては、普通にドルシア軍の一員として戦い、山田ライゾウのヴァルヴレイヴⅢを撃墜している。
アマデウス・K・ドルシアの正体が暴かれて以降も、自分の欲求を満たすために戦闘行動を続行したのだが、ここでアードライの制止が入ったことにより、彼と戦闘することになる。
アードライから告げられたカインに関する真実も無視して、(小説版では理解しつつも、「アードライを倒した後はカインと戦っていい」ものだと解釈しており、全く無視しているわけではない)互角の戦いを繰り広げたが、結局最後には山田にシールド装置を破壊されていたことが響いて致命傷を負わされる。
満足いく戦いの中で死ねることを喜び、命を落とした。

関連イラスト

ばーん


★
らくがきクーフィア



関連項目

革命機ヴァルヴレイヴ ドルシア軍
エルエルフ アードライ ハーノイン イクスアイン カイン・ドレッセル クリムヒルト

pixivに投稿された作品 pixivで「クーフィア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 416600

コメント