ピクシブ百科事典

火人

ひと

革命機ヴァルヴレイヴに登場する霊長兵器。
目次[非表示]

データ

形式番号:RM-011
全高:22.6m
頭頂高:19.9m
総重量:19.9t
装甲材質:VLCポリマー
動力機関:レイヴ
シンボル:八咫烏
操縦者:時縞ハルト
デザイン:石渡マコト

概要

ジオールスフィアのモジュール77で発見された霊長兵器ヴァルヴレイヴの一号機。
パイロットは時縞ハルト(現時点で他の人物が操縦しようとすると機体に拒絶され、画面にアナタマチガエの表示と共に何かを注入され命を落とす。ただし、ディスプレイを操作する分には問題無い)。

当初は白と赤を基調としたカラーリングだったが、ハルトがディスプレイに表示されていたニンゲンヤメマスカ?の問いにYESと答え、パイロットとして認証された後は黒と赤のカラーリングへ変化した。

OSに少女画のナビゲーター「ピノ」が存在しており、熱量上限が100を超えてると上限が666となり特殊な攻撃を行えるなど、他のヴァルヴレイヴに無い機能や謎を有している。
また、本機の原動機関「レイヴ」は他のヴァルヴレイヴに搭載されている「ミラーレイヴ」のオリジナルであるが、その出自は不明である。

武装

クリア・フォッシルで形成されたジー・エッジ」を主兵装とした近接戦闘を得意とする。クリア・フォッシルはヴァルヴレイヴの構成素材の中で特に硬度の高い素材であるが、斬撃に用いる毎に切れ味が劣化する為、ストライク・ブレイスで研ぐ(冷却する)必要がある。
また、機体の熱量上限が666に達すると、ジー・エッジを原動機関「レイヴ」に押し当てる事でそのエネルギーを刃へ纏わせる「ハラキリ・ブレード」を発動する事が出来る。
ハラキリブレイドは一振りで艦隊を壊滅させられるだけの威力を発揮するが、熱量上限が666に達するまで身動きが取れず、また使用後は冷却の為に機体が動かなくなるという欠点がある。

また、射撃兵装として硬質残光を弾丸として撃ち出す大型ハンドガン「ボルク・アーム」を携行している。
硬質残光の特性上、実体弾と非実体弾を選択可能であり、実体弾はバッフェの「アイゼン・ガイスト」を貫くだけの貫通力を誇る。ただし、撃つ毎にバレルに熱が溜まる為、オーバーヒートを起こした場合はストライク・ブレイスにマウントされた予備のバレルと交換する必要がある。

この他、投擲兵器「メテオール・プレート」や先端に鉤爪を有する盾「ストライク・ブレイス」、大型の鎌「ブレーデッド・バイケン」なども用意されており、固定武装である「フォルド・シックル」も合わせた携行武装全てを合体させる事で様々な攻撃要素を一つで行う事が出来る大型兵装「ヴルトガ」となる。

このように格闘・射撃・防御と標準的な兵装が設定されているが、その実は霊長兵器の力を余すことなく示すスペシャルスタンダードな仕様とされており、その全てが攻撃に特化している。

また、追加装備として四肢に合体する事で機体の排熱を行う八咫烏型のサポートメカ「インパクトブースター」を使役する。
排熱効果によってブースター側へと移された熱は、一旦排熱カートリッジへと蓄えられ、攻撃用のエネルギーとして用いる事ができる。
また、インパクトブースターは他号機にも装着可能な他、他機と繋がる事で熱量を平均化して排熱を行う事もできる。

フルインパクト

背部に特能装備「アーダー・グリップ」を装着し、行動時間が倍以上に延長された火人。
「アーダー・グリップ」は鉄火の「アーダー・アクセル」と同様にレイヴに直接接続する事でそのエネルギーを効率的に利用する為の装備であり、グリップ側にレイヴエネルギーを一旦プールし、各部へのエネルギー流入量を調整する。エネルギーの調整を効率的に行う事で行動時間を2.4倍にまで引き上げる事が可能。
加えて、レイヴエンジンの出力を最大出力を越えた領域にまで引き上げる事も可能であり、エンジンのアクセルにもブレーキにもなりうる装備となっている。
また、右肩にはカゲロウ(ナオ機)に装備されていた「バズ・バスター」を装備。三基のバレルフィンによって火力の増強も図られている。
加えてこの状態ではインパクトブースターを四機接続し、それを同時にドライブさせる事が可能である。

関連項目

革命機ヴァルヴレイヴ ヴァルヴレイヴ ピノ ヴァルヴレイ子
時縞ハルト ニンゲンヤメマスカ? マギウス
鉄火 火神鳴 火ノ輪 火打羽 火遊

pixivに投稿された作品 pixivで「火人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76164

コメント