ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
八咫烏のイラストに付けられるタグ。

曖昧さ回避

  1. 遊戯王OCGのカード→八汰烏
  2. 東方Projectの八咫烏関連のキャラクター→霊烏路空

概要

日本神話に登場する伝説のカラス)で賀茂氏の祖神。

が三本生えているのが一番の特徴とされているが、日本神話内では三本足と明記されてはいない。

恐らくは、中国神話に登場する三足烏火烏という別の烏と混同されてしまったために三本足と言われているのだろう。因みに、どちらの烏も太陽に関係している(八咫烏は天照大御神の使い、火烏は太陽そのもの)。三本足の烏は中国神仙思想が起源とされ、前漢時代(紀元前2世紀)には既に図案化されていた(長沙馬王堆漢墓の彩絵帛画など)。


咫(あた。尺とも書く)は長さの単位で一咫=約18cmとされるが、「八咫(八尺)」とは、単に「大きい」という意味で使われている。


日本神話において、神武天皇熊野の暗い山道を抜ける際に金色に発光して天皇を導き、大和への道を案内したとされる。また『日本書紀』でも金鵄(きんし)という金色に輝くが出現し、神武天皇を助けたとされ、これは少名毘古那神の別名と見られる天加奈止美命(天の金鳶の命)と共に同一視されることもある。

  • この「金色」について「反射光」なのか「発光」しているのか、意見が分かれているが、彫刻家成田亨ナリタ・モンストロ・ヒストリカで大胆な考証をしている。金属加工技術がありながら、石や木を彫って彫刻するよりも粘土で埴輪を作り、貝殻を磨いて装飾した古代日本人から、何故いきなり「金色の鳥」という発想が浮かんだのか。「金」の美しさを知ったのは仏教伝来以降の筈。つまり、八咫烏は「光を反射して金色に輝く」のではなく、八咫烏自体が「発光体」だった。と、いう解釈である。
  • また八咫烏が属する天孫族が大陸由来の製鉄氏族であったことや、これら氏族と同系と見られる大陸北方の部族が犬鷲(頭の後ろが金色)を崇拝していたこととの関連性も指摘されている。
  • 天照大神の使いとして知られているが、これは『日本書紀』における記述で、『古事記』ではタカミムスビ高御産巣日神によって遣わされている。

熊野三山では神の使いであるミサキ神として祀られており、熊野山系の一部では、烏は今でも神鳥として大切にされている。これは熊野神(須佐之男命)を奉斎する熊野国造が賀茂氏と同じ天孫族の物部氏であったことに由来すると見られる。


また、JFA日本サッカー協会)、陸上自衛隊中央情報隊のシンボルマークなど、各所で八咫烏をモデルとしたマークは使用されている。

戦国時代傭兵集団・雑賀衆の頭目である雑賀孫市の紋所も『雑賀黒鳥(さいかこくちょう)』という八咫烏を元としたものを用いている。

その他にも壬申の乱大海人皇子の挙兵に参加した十津川村の住人(後の十津川郷士)なども八咫烏をその象徴としている。


芥川龍之介の小説版桃太郎では、桃太郎が生まれた原因を作ったのも八咫烏とされている。イザナギ黄泉の国から逃げた際に植えたの実をつついたのが八咫烏であり、それが落ちて川に流され、御婆さんに拾われたということになっている。


系図から見る八咫烏

八咫烏は空想上の動物神と思われがちであるが、賀茂氏の系図上にその実在が確認される。賀茂氏の祖神である賀茂建角身命(陶津耳命、三嶋湟咋と同神、天日鷲命、少名毘古那神と同一視する説もある)の別名として八咫烏鴨武津之身命の名前があり、人物を烏と表象したのは賀茂氏一族が皇室と同じく鳥をトーテムとする天孫族に属していたからであるとされる。また神武天皇の道案内を担当したことから、ここでいう八咫烏とは、実際には建角身命の子である玉依彦命か孫の生玉兄日子命と考えられる。『日本書紀』や系図史料ではこの八咫烏こと生玉兄日子色が葛城縣主や賀茂縣主の祖に、兄弟の剣根命が葛城国造の祖になったと見える。


科学的な観点から見た八咫烏

現実の遺伝子異常では結合双生児と同じ原理で足の本数が余分に生えてうまれる確率は高いが大多数は合計して偶数本であり、アシンメトリーとなると(理論的には有り得るが)天文学的確率に及ぶ。


余談

八咫烏は魔神としての側面があるようで、埼玉県では次のような話が伝えられているらしい。

以下、『まんが日本昔ばなし』の「三本足のからす」のあらすじより。



ある年の夏、“武蔵の国”では途轍もなく暑い日が続き、田畑の作物は全て枯れ果ててしまった。


それもそのはず、どういう訳かこの年に限って空には何故か太陽が2つも輝いて、燃えるような暑い日が続いていたからだ。


この話を伝え聞いた都の天子さまはとても心を痛め、この2つの太陽の内、何方かが魔物の化けた偽者に違いないと睨み、これを退治しようと家来に弓の名人を連れてくるように命じた。


その命を受けた家来が早速連れて来た“飛ぶ鳥でもいともたやすく矢で仕留めてしまう程の腕前を持つ巨大な大男”を天子さまは武蔵の国に派遣しました。


何日もかけてやっとのことで武蔵の国に大男は辿り着きましたが、その襲い掛かるじりじりと照り付ける強い日差しの厚さは尋常ではなく、歩いている大男の髪の毛に火が付き、更に進んでいると着ている服まで焼かれてしまうという始末。


そしてあまりの暑さに耐え切れなくなった大男は(恐らく日射病で)とうとう倒れてしまい、命を失う寸前まで追い詰められてしまいまいましたが、運よく丁度その時に夕暮れの時間になり、日が沈み始めたために命拾いしました。


その後、大男が気が付くと丁度夜明けで太陽が上がってくる時間になっており、急いで高い丘へと登り、何方が本物の太陽で、何方が偽者の太陽なのかを見極めようとしました。


すると片方の太陽が正体を現すかのように男を焼き殺そうとするかの如く迫って来たため、迫りくる太陽こそが偽物と判断した大男はそちらに向かって思い切り弓を引きました。


矢で射抜かれた太陽は大きな悲鳴の断末魔と共に落ちて行き、それが落ちた先に駆けつけた村人たちが見たものは、心臓を射抜かれ息絶えた山ほどの大きさの足が三本ある巨大な烏の死骸だったという。



なお、この説話も三足烏同様中国の神話に見られる。


関連イラスト


関連タグ

日本神話 古事記 日本書紀 太陽神 太陽 八咫鏡 八尺瓊勾玉

賀茂保憲:八咫烏を祖神とする加茂氏のビッグネーム。平安時代に実在した陰陽師。


幻獣 ヤタガラス サッカー

災扇獣デザーギ 霊烏路空 八汰烏 成田亨

ヤタガラモン/ヤタガラモン(2006アニメ版)

曖昧さ回避

  1. 遊戯王OCGのカード→八汰烏
  2. 東方Projectの八咫烏関連のキャラクター→霊烏路空

概要

日本神話に登場する伝説のカラス)で賀茂氏の祖神。

が三本生えているのが一番の特徴とされているが、日本神話内では三本足と明記されてはいない。

恐らくは、中国神話に登場する三足烏火烏という別の烏と混同されてしまったために三本足と言われているのだろう。因みに、どちらの烏も太陽に関係している(八咫烏は天照大御神の使い、火烏は太陽そのもの)。三本足の烏は中国神仙思想が起源とされ、前漢時代(紀元前2世紀)には既に図案化されていた(長沙馬王堆漢墓の彩絵帛画など)。


咫(あた。尺とも書く)は長さの単位で一咫=約18cmとされるが、「八咫(八尺)」とは、単に「大きい」という意味で使われている。


日本神話において、神武天皇熊野の暗い山道を抜ける際に金色に発光して天皇を導き、大和への道を案内したとされる。また『日本書紀』でも金鵄(きんし)という金色に輝くが出現し、神武天皇を助けたとされ、これは少名毘古那神の別名と見られる天加奈止美命(天の金鳶の命)と共に同一視されることもある。

  • この「金色」について「反射光」なのか「発光」しているのか、意見が分かれているが、彫刻家成田亨ナリタ・モンストロ・ヒストリカで大胆な考証をしている。金属加工技術がありながら、石や木を彫って彫刻するよりも粘土で埴輪を作り、貝殻を磨いて装飾した古代日本人から、何故いきなり「金色の鳥」という発想が浮かんだのか。「金」の美しさを知ったのは仏教伝来以降の筈。つまり、八咫烏は「光を反射して金色に輝く」のではなく、八咫烏自体が「発光体」だった。と、いう解釈である。
  • また八咫烏が属する天孫族が大陸由来の製鉄氏族であったことや、これら氏族と同系と見られる大陸北方の部族が犬鷲(頭の後ろが金色)を崇拝していたこととの関連性も指摘されている。
  • 天照大神の使いとして知られているが、これは『日本書紀』における記述で、『古事記』ではタカミムスビ高御産巣日神によって遣わされている。

熊野三山では神の使いであるミサキ神として祀られており、熊野山系の一部では、烏は今でも神鳥として大切にされている。これは熊野神(須佐之男命)を奉斎する熊野国造が賀茂氏と同じ天孫族の物部氏であったことに由来すると見られる。


また、JFA日本サッカー協会)、陸上自衛隊中央情報隊のシンボルマークなど、各所で八咫烏をモデルとしたマークは使用されている。

戦国時代傭兵集団・雑賀衆の頭目である雑賀孫市の紋所も『雑賀黒鳥(さいかこくちょう)』という八咫烏を元としたものを用いている。

その他にも壬申の乱大海人皇子の挙兵に参加した十津川村の住人(後の十津川郷士)なども八咫烏をその象徴としている。


芥川龍之介の小説版桃太郎では、桃太郎が生まれた原因を作ったのも八咫烏とされている。イザナギ黄泉の国から逃げた際に植えたの実をつついたのが八咫烏であり、それが落ちて川に流され、御婆さんに拾われたということになっている。


系図から見る八咫烏

八咫烏は空想上の動物神と思われがちであるが、賀茂氏の系図上にその実在が確認される。賀茂氏の祖神である賀茂建角身命(陶津耳命、三嶋湟咋と同神、天日鷲命、少名毘古那神と同一視する説もある)の別名として八咫烏鴨武津之身命の名前があり、人物を烏と表象したのは賀茂氏一族が皇室と同じく鳥をトーテムとする天孫族に属していたからであるとされる。また神武天皇の道案内を担当したことから、ここでいう八咫烏とは、実際には建角身命の子である玉依彦命か孫の生玉兄日子命と考えられる。『日本書紀』や系図史料ではこの八咫烏こと生玉兄日子色が葛城縣主や賀茂縣主の祖に、兄弟の剣根命が葛城国造の祖になったと見える。


科学的な観点から見た八咫烏

現実の遺伝子異常では結合双生児と同じ原理で足の本数が余分に生えてうまれる確率は高いが大多数は合計して偶数本であり、アシンメトリーとなると(理論的には有り得るが)天文学的確率に及ぶ。


余談

八咫烏は魔神としての側面があるようで、埼玉県では次のような話が伝えられているらしい。

以下、『まんが日本昔ばなし』の「三本足のからす」のあらすじより。



ある年の夏、“武蔵の国”では途轍もなく暑い日が続き、田畑の作物は全て枯れ果ててしまった。


それもそのはず、どういう訳かこの年に限って空には何故か太陽が2つも輝いて、燃えるような暑い日が続いていたからだ。


この話を伝え聞いた都の天子さまはとても心を痛め、この2つの太陽の内、何方かが魔物の化けた偽者に違いないと睨み、これを退治しようと家来に弓の名人を連れてくるように命じた。


その命を受けた家来が早速連れて来た“飛ぶ鳥でもいともたやすく矢で仕留めてしまう程の腕前を持つ巨大な大男”を天子さまは武蔵の国に派遣しました。


何日もかけてやっとのことで武蔵の国に大男は辿り着きましたが、その襲い掛かるじりじりと照り付ける強い日差しの厚さは尋常ではなく、歩いている大男の髪の毛に火が付き、更に進んでいると着ている服まで焼かれてしまうという始末。


そしてあまりの暑さに耐え切れなくなった大男は(恐らく日射病で)とうとう倒れてしまい、命を失う寸前まで追い詰められてしまいまいましたが、運よく丁度その時に夕暮れの時間になり、日が沈み始めたために命拾いしました。


その後、大男が気が付くと丁度夜明けで太陽が上がってくる時間になっており、急いで高い丘へと登り、何方が本物の太陽で、何方が偽者の太陽なのかを見極めようとしました。


すると片方の太陽が正体を現すかのように男を焼き殺そうとするかの如く迫って来たため、迫りくる太陽こそが偽物と判断した大男はそちらに向かって思い切り弓を引きました。


矢で射抜かれた太陽は大きな悲鳴の断末魔と共に落ちて行き、それが落ちた先に駆けつけた村人たちが見たものは、心臓を射抜かれ息絶えた山ほどの大きさの足が三本ある巨大な烏の死骸だったという。



なお、この説話も三足烏同様中国の神話に見られる。


関連タグ

日本神話 古事記 日本書紀 太陽神 太陽 八咫鏡 八尺瓊勾玉

賀茂保憲:八咫烏を祖神とする加茂氏のビッグネーム。平安時代に実在した陰陽師。


幻獣 ヤタガラス サッカー

災扇獣デザーギ 霊烏路空 八汰烏 成田亨

ヤタガラモン/ヤタガラモン(2006アニメ版)

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 三脚の薙いだ暁

    歴史、登場人物捏造してます 苦手な方はご注意です、 自身のオリチャサークルより派生のキャラクターを使ってます。 何も知らなくても不自由はないので、是非ご覧になってみてください。 ロル調が抜けず小説になりきれない部分が多々ありますが どうか温かい目で見てやってください
  • Shin-NiIGAMI株式会社へようこそ

    Shin-NiIGAMI株式会社へようこそ(コンセプトシナリオ)

    本作品は、VRoidCreator仲間の「パン田シンジツ」様との談義の中で、私が提案したオリジナルの恋愛コメディのコンセプトシナリオです。少年漫画紙に提案する漫画のコンセプトシナリオをイメージして作ってみました。皆様のご意見をいただけると嬉しいです。 また、本作品を2023年1月のpixivFANBOX「#わたしのプロット」の企画( https://www.pixiv.net/artworks/104567576 )に申請し、お肉のギフト1万円分が当選いたしました。
  • グランベルシリーズ

    グランベルと孤高の薔薇

    地霊殿編の5話目で地霊殿編の最終回になります。PCがぶっ壊れたときは心臓止まるかと思ったけど壊れたのマザボだけで助かった。こまめなバックアップの重要性をかみ締めたよ……
    21,567文字pixiv小説作品
  • 夏夜、雪に魅入られて

    オリキャラでてきます。名前はついていません。 雪哉要素はほぼゼロに等しいです。尚時間は雪哉の草牙時代と考えてください※捏造多々あります 10月7日更新
  • 神様の案内人

    烏に持つ不吉なイメージや噂を知ってますか? 縁起が悪い、烏が鳴くと人が死ぬなど、烏にまつわる不吉なイメージは沢山あります。 古い時代には神の使いとして古事記に載っていたりしますね。 そんな烏になぜ不吉なイメージがあるのか。 それはこの物語の中にあるかもしれません。 ※カクヨム、なろうにも掲載してます。
  • 八咫烏

    八咫烏 弐

    △attention△ 刀剣破壊はありませんが流血表現が多々あります。 この作品は作者の創造の世界ですので、地雷、無理と感じました方はブラウザバックをお願いします。 ブラック本丸ネタ 八咫烏シリーズ第弐幕 一番最初に上げていた八咫烏の加筆修正しましたものを新しく投稿しております。 創剣乱舞ですので少しでも伝わればと全体の文章量は少なくしております。 普段なら文章の最後に記載していますが、こちらにて人物紹介などさせていただきます。 八咫烏 時の政府直属部隊武力行使部。 組織内は8人で構成されている。任務時は全員異なる黒服と鳥の面を身に着けている。 鳥の面のモチーフは烏。異なる烏の面の額にはそれぞれの数字が刻まれている。 主要任務と通常任務があり。主要任務は時の本丸の陣の守護になる。 通常任務は8人それぞれ異なる内容が課せられている。 神結庁 ブラック本丸の被害者ではないが、刀剣男士に神隠しされてしまった審神者達がここにいる。 俗にいう神嫁になってしまった審神者達は役人として八咫烏のサポートに回っている。 罪人である審神者は大体ここに送られる。 仕事内容については紺青が言っていた通り。 刀剣男士は力が得られるので喜んでやっている。 紺青 八咫烏の長。壱羽が1人。 元人間であり、密かに自分の過去を探っている。 比較的長身で腰元まである長い髪が特徴。 一番高い霊力保有者だが、審神者としての能力は手入れ以外なく本人も審神者を兼任するつもりはない。 通常任務はブラック本丸に関すること。(審神者の処分、本丸の浄化、刀剣男士の手入れ、出陣による資源調達) 身体能力が高く、刀を振るえば周りが慄き逃げ出すほどの威力を発揮する。 本人の痛覚は鈍く戦闘時はこんな自分でも生きている自覚が持てるのだと笑っている時が多い。 こんのすけ 紺青の過去を知る管狐だが、過去を露見するつもりは毛頭ない。むしろなかったことにするべき。 本来なら審神者専用のサポート狐だが、特別に紺青の側付きとして許されている。 紺青の事が大好きで、心配もするし構われにも行く。 小夜についても知っていて、それでも何も言うつもりはない。よく喧嘩をしては紺青に止められる。 本作の世界観 刀剣乱舞の裏側の話。 時の政府の主軸は山城国で一番大きな城を構え、各国々に伝令を飛ばしている。 山城以外の国に構えられる時の本丸には国守という役職の人間が責任者として頂点に立ち、それぞれの国守の霊力を媒介として時の本丸の結界と座標を保持し認知している。 山城国は主軸なので国守ではなく、統治者と呼ばれている。 紺青は通常であれば山城国に籍を置いているがとある任務で歴史修正主義者に襲撃される頻度の多い大和国に本体を据えている。
  • のり弁

    ※戦いません ※盗みません ※イチャイチャとかもしません ただ食い気に走ります 次元大介がのり弁を作ることになる くだらないお話です 何故か峰不二子が宝石よりのり弁を取ります とっっぁんも食い気に走ります
  • グランベルシリーズ

    グランベルと地底の太陽

    地霊殿編の4話目になります。ものすごいいまさらだけど地霊殿編は今までと違ってEXの『後』の話です。一話目でもう少ししっかり表現すべきだったと後悔。
    18,360文字pixiv小説作品
  • リアルキイRPG

    リアル近似RPG和歌山編。現代日本が舞台、敵キャラはご当地関連のものがモンスター化されている、魔法は一切使えないなど従来のとはいろいろ違ったリアル近似な世界観の和風ファンタジーRPGテレビゲーム画面からリアル和歌山県内に飛び出し散らばってしまった敵キャラ達を地元の高校生の龍平、遥子、聡実。女子中学生の真璃絵、女子小学生の果音、ゲーム内キャラで茶店の看板娘な梅乃、計六人パーティで退治しに行くリアルRPG物語。
    105,082文字pixiv小説作品
  • DIVA TRANSPORTER

    ヤタガラスのお仕事

    ちょっとずつアップしていく予定のオリジナルです。 死んだものの魂をあるべき場所へ運ぶ「ディーバ・トランスポーター」と呼ばれる者たちの話。鳥を模した彼らの理念や思惑を中心に、自分なりの死生感を出していきたいと考えています。
  • 八咫烏

    八咫烏

    △attention△ ブラック本丸ネタ 刀剣破壊表現はありませんが刀傷表現多々あります。 苦手な方はブラウザバックをお願いいたします。 一番最初に投稿した話です。 途中で話がこんがらがって迷走してしまったのをなんとか加筆修正するも気に入らずまた最初から書き直しました。 あくまで刀剣乱舞の裏舞台を創造しております。 最初に書いた八咫烏とはちょこちょこと違っていますが大体は同じに直せているはずです。 良かったら、読んでください。 作者が喜びます。 でも気分を悪くしたらごめんなさい。 主人公が狂気の沙汰じゃないかもしれません。 あ、豊前君来ました。 そこで私のイベントも終了です。 喋り方可愛いですね。でも方言男士難しくてかけないんです。 それっぽく書いても何だか中身がなくて哀しくなります。 嫉妬の何が悪いシリーズを上げたいのですが、ラストが書けているのに途中が書けていなくて止まっております。何度書き直しても気に入らず、停滞状態ですが、もうしばらくお待ちくださいませ。 その間にも思いついた事はポンポン小説にしているため中身も薄いですが、よかったら他の作品も暇つぶしに…なればいいな。
  • 翠寛院士について

    序章

    八咫烏シリーズ、とりあえず本編を全て読み終わりましてどうにも思ったこと。 ・・・かっこいい翠寛院士をもっともっと読みたい!!!! というわけで、「ぼくのかんがえたさいきょうにかっこいいすいかんいんし」シリーズを書くことにしました。 翠寛好きもっと増えて!!!というか八咫烏シリーズ好きもっともっと増えて!!!!!
  • をくうのこと

    ああ マントルが マントルが 火を吹いた
  • 【まさかの】天海仲守の神々のグダり場【シリーズ化】

    【まさかの】天海仲守の神々のグダリ場【とり違い】

    皆様新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。
  • いろはにほへと

    【妖怪パロ】 金鵄五×八咫烏悠 昔話し風にしてみました 楽しんで頂けると幸いです♡
  • 暁に羽ばたく唐紅の鳳凰

    一話 暁の怪鳥

    感銘を受けた作品の影響が強いことは否めませんが、一次創作(オリジナル)として執筆している平安時代を舞台にした、妖や神々、霊や人の情などを扱った作品です。 ウルトラマイペースで書き進めているので投稿ペースはかなり遅いですが、一話完結の短編が続いて行く予定の作品なので、この話や、続きを投稿した際には読んでいただけると幸いです。 作品のサイト(小説の他に、イラストや音楽あり)はこちら「http://hyourizunoukenichi.wixsite.com/akakure」から
    34,864文字pixiv小説作品
  • 新・巷説 夜行神姫

    新・巷説 夜行神姫 最終話【怪】 完結編

    これにて全て終わりです。長い間ありがとうございました。
    18,067文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー