ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カラス

からす

鳥類の一種。または人名・キャラクター名・グループ名等。主にハシブトガラスとその生態について記載。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

実在の人物

現実世界ではハンガリーチェコセルビアギリシャなどでこの苗字が見られる事がある。

  1. アントン・カラス(Anton Karas):作曲家。映画『第三の男』テーマ曲で知られる。
  2. マリア・カラス(Maria Callas):オペラ歌手。20世紀最高のソプラノ歌手と評される。

架空のキャラクター

  1. 日常(あらゐけいいち)』のキャラクター。→カラス(日常)
  2. バテン・カイトス』の主人公。→カラス(バテン・カイトス)
  3. バトライド・ウォー』のキャラクター。→カラス(バトライド・ウォー)
  4. karous』の主人公。→カラス(karous)
  5. ノエイン』の主人公→カラス(ノエイン)
  6. エレメントハンター』の主人公。→レン・カラス
  7. UTAU音声ライブラリ。→赤羽カラス
  8. 機動戦士クロスボーン・ガンダム』のキャラクター。→カラス先生
  9. ONEPIECE』のキャラクター→カラス(ONEPIECE)
  10. 天外魔境Ⅱ』のキャラクター。→妙院カラス
  11. ビビッドレッド・オペレーション』のキャラクター。→カラス(ビビッドレッド・オペレーション)
  12. トワツガイ』のキャラクター。→カラス(トワツガイ)
  13. アイドルマスターXENOGLOSSIA』のキャラクター。→カラス(XENOGLOSSIA)

鳥類の一グループ

鳥綱スズメ目カラス科に含まれる。漢字表記は『』若しくは『』。

前者の字が『鳥』から一本少ないが、これはカラスの目がどこにあるかわからなかったためである。

スズメ目に属する鳥の中では非常に大きな体を有する。頭から爪の先まで全身が金属光沢のあるい羽毛に包まれるのが特徴である。

くちばしの色も黒いが、フィクションなどのキャラクターでは、黒一色では地味になるせいか黄色くされることもある。


その特徴ある体色になぞらえて、『烏の濡れ羽色』と女性の黒髪を讃える言い回しもあるほど。

黒をベースとした構造色を持っており、実は美しい鳥でもある。


1度人に慣れた個体を再び仲間として受け入れる事は決して無い苛烈な野生動物としての側面も持つ。

巣に近寄るものは特に子育て時期は何であれ、容赦なく攻撃する。

巣から落ちた雛においても見守っており、うかつに近寄った人間も容赦なく攻撃する。

どうしても雛を巣に返したい場合は細心の注意を要する。

中にはどうしてもカラスの雛を持って帰ってペットとして飼育したいと言う人達もいる。

これは上記の人に慣れた個体を決して仲間として受け入れる事がない習性のため。

お互いのためにも、そっとしておくのが1番と言う事もある。


雑食性だがとりわけ動物質の餌を好み、都心部では生ゴミを餌に個体数が増加傾向にある。


視覚が非常に優れており、目視で残飯を漁る。

反面、嗅覚は無いに等しいほど鈍い。

見たことが無いものは基本的に無闇に口にはしない。が、食べた仲間を見ると「それは食べられる物」と認識・学習する。また、道具を利用した思考をすることもできる。

羽の生えた類人猿」と呼ばれるほど極めて知能が高く、学習能力や記憶力(インコ九官鳥のように喋ることができる)にも秀でている。とくに都市部のカラスで顕著だという。

実際の知能レベルは人間の3歳児に相当すると目され、からくり式の餌台を置いておくとその仕組みを理解して餌を得るなど、非常に賢い。も同じ体格の鳥類と比しても二倍以上の大きさを持つ。

カラスの自己制御性(目標のために何かを我慢して行動を制御する能力)を測定したある実験では、チンパンジーと同等の成績を収め、ヒト科であるボノボゴリラの成績を上回った(参照記事)。

数学的能力も高いことが確認されており、「0」の概念を理解し、0の次は1、1の次は2というように数の秩序性も理解している(参照記事)。

それに加えて、「数を唱えながら」数を数えることができる(参照記事)。数を数えることができる動物はカラスのほかにも複数確認されているが、発声によって順番に数を唱えながら数えることができる動物は人間の他にはカラスしか確認されていない。(人間の幼児でも数を順番に唱えるのはある程度訓練が必要である)


烏は基本的に群れは作らないが、「強い個体」に「弱い個体が群れる」のでそう見えるだけ。

「強い個体に付いて行く」=「食べ物が見つかる・食べられる」=「学習する」、「弱い個体」は「強い個体」になって行き、若い個体にその認識が受け継がれていく。そのため人間の罠に引っ掛かるのは「好奇心旺盛な若い個体」のみ。それを見ていた個体達は「それを学習する」ので人間の罠に引っ掛からなくなり、猟銃を持つ人間には無闇に近づいたりしなくなる。

傘でもそれっぽく構えれば逃げるほど頭が良い。

「死んでしまったら元も子もない」ということを理解していることから、「死の意味を理解している」とも言われている。


また、つがい同士で生涯添い遂げる鳥としても知られており、一度つがいになるとそれっきり死ぬまで伴侶を変える事は無く、エサ獲りや巣作り、子育てまで愛情深く夫婦で行う。


多くの場合、鳴き声は「カァ」「カァー」等と書かれる。誰かが何か失敗してしまった場面では「アホー」(阿呆)、もしくは「バカー」(馬鹿)と書かれることも。

↑実際に「アホー」と鳴いている(ように聞こえる)カラスの動画。

その鳴き方も多彩で、「カァ」「カァー」「ア゛ー」「クワックワッ」「ガーガー」「ギャー」など、鳴き声すべてで意味が違っており、鳴き方とその間隔で群れや位置の離れた個体に意思を伝えることができる。近年では「ア゛ー」が警戒音・救難信号であることが判明し、カラスによる鳥害に苦しむ自治体で警戒音を録音したテープを流して撃退する方法が効果を上げている。

ちなみにTBSの教養バラエティー番組『飛び出せ!科学くん』で中川翔子が警戒音を真似たところ、ガチでカラスが上空に大群を成して周回し始めるという離れ業をやってのけた。


アルビノ個体について

真っ白な個体は特に「神聖なる鳥」として世界各国の伝承や「旧約聖書」、最も有名なエピソードでは「ノアの方舟」で「聖者ノアにより最初に解き放たれし神聖なる神の御使いの鳥(アルビノ個体のカラス)」や宗教に多く登場する。


伝承では昔は体色が白かったりする場合が多く、なんらかの事情で黒くなってしまったという説話も(ギリシャ神話:告げ口をした結果、アポロンに身体を黒くされた挙句に鳴き声を「ガアガア」というしゃがれ声に変えられる。日本:フクロウに身体を染めてもらう事をオーダーした結果、身体が黒くなってしまい、フクロウを平地から森に追いやる)。

「カラスは本来は救護、保護対象ではない」としながらも実質「天然記念動物」としての扱いを受けており、ほとんどのアルビノ個体はそれはもう大切に大切に保護、もとい飼育されるのが一般的とされており、故意でのアルビノ個体の駆除は狩猟免許を持つ者であろうとも日本政府からの罰則規定を課される事が通例となっている。

これは上述した伝承や「旧約聖書」等に多く言い伝えられているため、その対策も兼ねていると考えられるだろう。そのため地域によっては信仰対象とされているため、みだりに駆除すると却って要らぬトラブルを招く事も少なくないと言う。

何にせよカラスとは別の「保護動物」としての格別の扱いを受けている。


また、逆パターンもあり、元から体の色は黒く、何らかの事情で自分だけ色を貰えなかったという場合も(オーストラリアなど)。

また中国では幸運をもたらす神聖な鳥と言い伝えられており高額で売買取引されている。


また、カラスは古くから黒くて当たり前であり、白いものなど存在しないという認識であった。

しかし、実際は白変種やアルビノなどで白いカラスも実際に存在することが確認され、この共通認識は覆されれ、同じように黒い白鳥は存在しないという定説もコクチョウの発見(尤も、白鳥の近縁種である)により覆された。このように普遍的な認識を覆しうる事象を用いて反証を行う事を「ヘンペルのカラス」と呼ぶ。


文化

マイナスイメージが非常に強い鳥だが、一方でその高い知性から神聖視される例も少なからず存在する。

死肉をあさる(ハシブトガラス)姿などから、とりわけ生と死に関するシンボルとされる場合が多い。

太陽の黒点にそっくりな色をしているから、太陽や太陽の使いともされた。

西洋ではもっぱら悪魔の使いのように扱われるが、古代ギリシャやローマ、古代北欧や東洋(特に極東方面)の神話では太陽の化身として神格化されることがある。

北米インディアン伝承では、しばしばトリックスターとして登場する。

一方で不吉なものとする伝承もないわけではなく、ケルト神話では戦の神モリガンの使いとして、イギリスの伝承ではイギリスからカラスがいなくなるとイギリスが滅びるとされた。

北欧神話ではどちらかといえば主神オーディンに世界中の情報を伝えるいわばオーディン専用のマスコミとしての役割を持つ。


マイナスイメージの強さ、にもかかわらず頭が良く神聖視されている、汚いイメージにもかかわらず、実は美しい黒を持つ鳥ということなどから一部のマニアの中では人気が高く、そちら寄りのフィクションには結構な頻度で「カラス」「クロウ」「レイヴン」といった呼ばれ方をするキャラが登場しがち。カラスモチーフが薄いにもかかわらず、あえてそうした呼称を採用する例すらある。


夫婦仲が非常に良い鳥とも言われており、一羽行動している周辺を見渡すと大抵の場合他にも一羽存在している。なかのいい夫婦の象徴とされるオシドリがあっさり別の異性に乗り換えてしまうことを考えるとカラスの方がよっぽどおしどり夫婦していると言える。


カラスをモチーフとしたキャラクター

特撮

仮面ライダーシリーズ


スーパー戦隊シリーズ


ウルトラシリーズ


メタルヒーローシリーズ


その他特撮作品


ゲーム

ポケットモンスター


東方project


Fate/GrandOrder


その他のゲーム


漫画アニメ




プリキュアシリーズ


けものフレンズ


聖闘士星矢シリーズ


神話・伝承・伝説


その他


モチーフ以外の関連キャラ

間接的なイメージ、ネーミング、カラスを飼う等。


組織・団体

実在


架空


関連イラスト

カラス闇夜のカラス


関連タグ

  カラス科

からす  カラス娘


カラスの行水 ヘンペルのカラス

pixivision

関連記事

親記事

カラス科 からすか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15257555

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました