ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私は神々に遣わされし狩人よ」

本名不明
年齢不明
帰るべき世界不明


ブラッドハウンドはフロンティア史上最高の狩人の一人としてアウトランズ中で知られているが、それ以上のことを知る者はいない
正体は謎に包まれており、囁かれる朧気な人物像は噂の域を出ない
大金持ち、血に飢えた殺戮者、ゴリアテ使い、元奴隷、蝙蝠人間など、語り手によってその姿は変わっていく

唯一確かなことは、ブラッドハウンドはApexゲームにおいて一目置かれるべき参加者であることだ
類いまれな追跡能力を駆使することで、隠れる対戦相手を嗅ぎ出し、敵の動きを追うことができる存在として、どのチームにおいても重宝される
地球の古代スカンジナビアの神々の天恵に従うブラッドハウンドは、運命を死へと続く変えることのできない道であると信じている
そして、その諦念は彼女の力となっている
なぜなら、最期の時が訪れるまでは、誰にも自分を止められないことを知っているからだ
(公式から引用)



能力

パッシブアビリティ:トラッカー敵が遺した痕跡を認識できる
戦術アビリティ:全能の目短い間だけ眼前の全構造物を見通して、隠れた敵や罠、手掛かりを見破る
アルティメットアビリティ:ハンティングビースト五感を研ぎ澄ますことで獲物が強調表示され、動きも速くなる


操作

バランスが取れたレジェンド、パッシブアビリティにより敵を早期発見警戒がしやすく正面からの強襲や戦術アビリティを使えばアンブッシュなどの敵の位置を知ることによって対策を立てやすくなるレジェンド、初心者にも扱いやすく無駄に警戒しがちな人でも安心して使える
敵部隊との乱戦時には回復の為に隠れた敵も炙り出すこともできるので奇襲をかけることもできる
戦術アビリティは敵をスキャンするがその場にいた敵をスキャンするだけで移動中の敵には全く役に立たなかった欠点が存在してた(スキャンがリアルタイムトラッカーしてくれなかった)
シーズン1アップデートによりスキャン性能が上がり動いてもスキャンが取れなくなったため
使い勝手がさらに良くなった
2020/3/4に戦術アビリティが全体的な上方修正が入りなんと戦術のスキャン距離が3倍に増加、これによりかなり広い範囲に警戒をすることが出来るため無駄な戦闘を避けることもできるようになった
スキャン範囲が広がった弊害で10人以上スキャンするとサーバーエラーが起きて落ちる問題も発生してる、くれぐれも混戦中には発動しないように(解決済み)
シーズン5アップデートにて全能の目に上方修正が入りソナー検知時間が4秒に伸びて再使用時間が10秒短くなった

性別不明な為なのか日本英語両方とも中性的な声優を起用してる(問題なのが日本語声優の演技が若干カマっぽくなってしまってる)
ただ、公式サイトの文面だと彼女と表現しているためボイスチェンジャーを使った女性と言うことも捉えることもできる

古の理イベント



ブラッドハウンドの過去に関わるイベント
スカイフックの左の山に試練と言う場所が追加され新たなるロケーションが登場した

イベント限定で専用登場モーションを持ったスキンのヤングブラッドも販売し大いに賑わせた
その前にDDoS攻撃が入りイベント中もその余波が残ったままだった



ブラッドハウンドと呼ぶようになった経緯



男性の可能性が大きくなった




Meet The BloodHound

関連記事

親記事

ApexLegends えーぺっくすれじぇんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラッドハウンド(APEX)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32304

コメント