ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

1:レヴナントとは、フランス語で「再び来る」という 意味のレヴニールに由来
2:APEXのアリーナに参加するレジェンド、本稿で説明
3:英語では、幽霊、亡霊という意味。遊戯王のヴェンデットカードや一部の二次創作作品では、ゾンビの亜種のような姿の怪異として描かれることもある

「肉塊よ、私はあの世を見たことがあるが、何もない。お前には何もないのだ。」

本名不明
年齢不明
帰るべき世界慰め



レヴナントはかつて人だった
かつてマーシナリー・シンジケートが誇る最凶の殺し屋だった
鏡を覗き込めば、過去に思いを馳せる人の顔をした自身の姿を見ることができた
しかし、時を経てあらゆる状況が一変する
彼のプログラムに機能不全が発生
レヴナントはマーシナリー・シンジケートとハモンドロボティクスが彼に何をしたのか、真実を知ってしまう
その目に映ったのは、鉄と皮だけの生ける悪夢と化した変わり果てた姿だった。雇い主たちは彼を幻影として復活させ、幾度となく死の淵から引き戻し、その事実を忘却するようにプログラミングを施していたのだった

こんな姿にした奴らを1人残さず狩り尽くすと誓いを立てたものの、あれからもう2世紀以上が経過していた。復讐の対象はすべて死に絶えた…そう彼は思った
そんな折、ハモンドロボティクスがアウトランズに再進出し、彼は復讐心を新たにする
奴らに関わりがあれば対象とみなし、そのすべてが絶命するまで歩みを止めることはない
もちろん、邪魔立てするのであればレジェンドも例外ではない
殺し屋には理由が必要だった…しかし、今はそれすら不要だ
(公式から引用)


能力

パッシブアビリティ:ストーカーしゃがんだ状態で高速移動ができ、他のレジェンドより高く登ることができる。
パッシブアビリティ:小柄ヒットボックスが10%小さい代わりに5%の被弾ダメージ増加(2020/4/8のアップデートにより削除)
戦術アビリティ:サイレンス敵にダメージを与え、20秒間敵のアビリティを無効にするデバイスを投げる。
アルティメットアビリティ:デストーテム使用者を死から一定時間守るトーテムを呼び出す。キルやダウンしないかわりに、使用者はトーテムの場所に戻る。



操作

自分を人間だと思い込んでるアンドロイドじゃなくてまさかの元人間だったアンドロイド、解除費用は、レジェンドポイント12,000かAPEXコイン750。
レイス以上に機敏なレジェンド、コースティックを上回る危険人物である。
高速戦を得意とし、パッシブアビリティのストーカーのおかげでしゃがんだまま左右に体を振って相手に攻撃をすることが可能。
しかも他レジェンドより若干登れない場所まで登れるので彼に慣れると他を使った際にちょっと悲惨なことになるので使い分けよう。
戦術アビリティのサイレンスは敵のアビリティを封じ込める、完全に逃げるレイスや回復持ちのライフラインや、足がは速すぎるオクタンに有効で、封じ込めてしまえばこっちの物である、が発動中までは封じ込めない。
2020/4/8のアップデートによりジブラルタルのガンシールドまで封じ込めるようになった上に二回分までチャージされるようになり効果時間が二倍になった
アルティメットアビリティは場所を考えて設置しないとはめ殺しされてしまうので注意、敵の手が届かない場所やリングの中にしっかりとトーテムを立てよう。
ちなみに彼の二つ名である「人の悪夢」は間違いであり、公式サイトによると正しくは「人の悪夢」である。

彼の声

日本語声優で機械的な声に編集している、・・・まではよかった物のあまりにもガサガサすぎる声なので字幕が無ければなんて言っているのかわからないレベルである
表現するとすれば「ス゛ナ゛イ゛パ゛ー゛ス゛コ゛ー゛プ゛が゛欲゛し゛い゛」という感じ
・・・おめぇは藤原竜也
英語は普通なのに・・・

Meet The Revenant

関連記事

親記事

ApexLegends えーぺっくすれじぇんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レヴナント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80904

コメント