ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

石ノ森章太郎原作、東映製作の特撮テレビ番組の一つである。

1972年4月から1973年2月にかけて、毎日放送制作ホストNET系列局ほかにて放送された。


1971年秋季、当時『仮面ライダー』人気の上昇機運に手応えを感じていた毎日放送は、自社の子供向けコンテンツをさらに拡充すべく、新たに変身ヒーロー番組の制作を依頼。それが『仮面の忍者赤影』等の時代劇を取り入れた変身ヒーロー番組『変身忍者 嵐』である。


ところが、放送開始早々に思わぬ苦戦を強いられてしまう。関東地区では『嵐』より先に、同じ時代劇ヒーローの『快傑ライオン丸』がスタート。さらに『ウルトラマンA』の放送も始まるなど、今では考えられないほどの類似・競合番組がひしめきあっていた。そのため視聴率も振るわず、事あるごとに路線変更を余儀なくされた。

ちなみに撮影拠点は「仮面ライダー」と同じ東映生田スタジオである。


ストーリー展開は「血車党篇」(1~20話)、「西洋怪人篇」(21~39話)、「サタン篇」(40~47話)の三章に分けられる。



コミカライズ版

石ノ森章太郎(原作者)ほか石川賢による作品が確認される。

石ノ森版は週刊少年マガジン、希望の友に掲載されていたが、路線変更が行われないまま掲載されたため、ラストは双方とも救いようのないオチになっている。

ちなみに同時期に弟子の永井豪が同誌に掲載していたマガジン史上最不潔漫画『オモライくん』にも1コマだけ登場している。


また、石ノ森版の正式な続編である『変身忍者嵐 SHADOW STORM』が大賀浅木により、ホーム社のWEBサイトで配信されている。


2014年6月27日発売の月刊コミック乱8月号より本作を原案とする『変身忍者嵐χ』の連載が開始された。

作者はにわのまこと


登場人物

ハヤテ - 血車党の首領・魔神斎の片腕の家系に育った青年忍者だったが、組織の実態を知って組織を脱出し、父によって変身忍者嵐に改造を施された。当初はデストロンを信じていた結城丈二同様に脱出後も組織を信じていた節があったが、戦いの中で血車党を壊滅させる意志を固める。変身前でも一通りの忍術はこなせる為、戦闘力は高い。月ノ輪との合体後は市川治氏が声を担当した。


変身忍者嵐


谷の鬼十 - ハヤテの父。かって血車党・魔神斉の片腕であった老科学者。組織を裏切った為に処刑される。石ノ森によるコミカライズ版では本物の魔神斉を切ったものの、負傷で記憶を失い、彼が魔神斉として生きるものの最終話で、息子のハヤテと対決する事になるが…。


名張のタツマキ

徳川幕府の密命を受けて血車党の動向を探っていた老練(ベテラン)伊賀忍者。頭領・百地三太夫の信望も厚く、仲間の忍者を統率するリーダー


ツムジ - タツマキの息子、修行の身でありながらハヤテをサポートすべく戦いのたびに随行。


カスミ - 江戸で医学を学んでいたタツマキの娘。一行の世話係として共に旅をする。

「変身忍者 嵐」のカスミ


月ノ輪

西洋怪人軍団を追ってきた神出鬼没の仮面剣士。嵐に西洋怪人に弱点を教えるなど援護。

その正体は嵐ことハヤテの双子の兄・フユテであった。ツキノワグマの化身忍者である。

月ノ輪


シノブ

ハヤテの母。大魔王サタンに囚われており、ハヤテが嵐に変身すると地獄の苦しみを味わう呪いをかけられている。この事実が発覚して以降、ハヤテは嵐への変身を極力控えるようになり、変身してもなるべく早く決着をつける傾向になった。その結果ひとつの悲劇を生むことに・・・・・・


カゲリ

血車党の抜け忍で凄腕の忍者である鬼目幻十郎の娘。

ツユハという妹がいる。

父である鬼目幻十郎をハヤテと戦わせるために妹のツユハ共々、血車党の下忍たちによって人質にとられそうになるが、危ういところを、そのハヤテたちに救われる。

その後、血車魔神斎に既に父を殺されたことを知ったカゲリとツユハ姉妹は、その血車魔神斎を裏から操っていた大魔王サタンとの戦いを決意し、ハヤテに協力するようになる。

(画像右側がカゲリ、左側が妹のツユハ)

リクエスト『カゲリ&ツユハ:変身忍者嵐』


血車魔神斉

声:納谷悟朗

忍者集団・血車党の首領。武力による日本統治に燃える。

実は大魔王サタンの操り人形であった。石ノ森によるコミカライズ版の最終話ではハヤテと対決するもその正体は…。


骸骨丸

血車党の大幹部、全国各地の化身忍者たちを指揮する行動隊長でもある。

谷の鬼十を殺害した張本人。度重なる失敗で悪魔道人により魔神像の下敷きに…。


悪魔道人 - 西洋妖怪を率いる妖術使い。魔神斉と結託し嵐に狼男をはじめとする刺客を差し向けた。


大魔王サタン

演:天本英世

魔神斉や悪魔道人を影から操ってきた全知全能の支配者。世界から列強の妖怪たちを呼び寄せ嵐に差し向けた。



仮面ライダー響鬼VS変身忍者嵐!?

他の石ノ森ヒーローに先駆けて平成ライダーにて登場していた!?

【架空ポスター】劇場版超神ネイガー【ネタ】

※これは冗談、超神ネイガーのコラボ、架空ポスター。


仮面ライダー響鬼 三十六之巻「飢える朱鬼」

『鬼の鎧』を仮面ライダー朱鬼が神社から持ち出すという話。

その鎧のデザインはどう見ても…

とにかく特撮マニアの方からも『絶対に嵐だっ!』という声が多かっただろう。


小説仮面ライダー響鬼

上記の鬼の鎧の影響か、響鬼前半のメインライターであるきだつよし 氏により公式で嵐とのコラボが描かれた小説が発売された

設定レベルでのクロスオーバーが見られるなど、響鬼ファンも嵐ファンも必見な内容となっている。

嵐/響鬼


余談

ナレーションは仮面ライダーシリーズでおなじみの中江真司氏が務める。安定の重量感あふれるボイスであるが、なぜか一話次回予告のみ某キチガイアニメの馴レーションを彷彿させるように、やたらとフレンドリーである。

以下に抜粋する。


みんな変身忍者嵐面白かったかな? すごーい怪人が出てきたねー!

来週はねー、体中が鉄になって刀をはね返してしまうという、これもすごい猿の怪人が現れるんDA!

嵐の秘剣が勝つか! マシラの忍法が勝つか!

次回! 怪猿忍者マシラ現る! みんなで見ようねー!


なお二話以降は他特撮作品と同じく落ち着いたナレーションであるが、次回にゲストとして高見山が登場する31話次回予告では『高見山関も出るんDA!』と少々テンションが上がっている。


関連タグ

石ノ森章太郎 東映特撮 忍者

変身忍者・嵐:キャラクターとしての嵐についてはこちらを参照。


仮面ライダー響鬼


週刊少年マガジン


仮面ライダーオーディン/ジーク(イマジン)・・・いずれも裏モチーフに嵐を採用。


仮面の忍者赤影

同じく東映製作の時代劇特撮。変身ヒーローではないが、途中から怪獣は出てくるし、近代的なメカ兵器は出てくるし、西洋風の敵キャラが出てくるし、時代設定無視作品の元祖である。


快傑ライオン丸 / 風雲ライオン丸

同時期に放送されていたピー・プロダクション制作の特撮時代劇、ならびにその続編。

(少なくとも西洋怪人編以前及び漫画版の)嵐がSF的要素の強い作品なのに対して、こちらは現在のドラゴンクエストにも通じるヒロイックファンタジー要素の強い作品となっている。

『快傑~』の時点で戦国時代の日本が舞台のはずなのに、ライオンタイガーなどの外来語が普通に飛び交う』『頭がライオンの剣士に変身した主人公がペガサスに跨がり空を飛ぶ』『怪人のモチーフにインディアンパンダがいる』『敵怪人が手裏剣を放つ拳銃やウィンチェスターライフルを所持・使用』と、嵐や上記の赤影と同様に時代考証を無視した描写が多い。

続編の『風雲~』では更に、西部劇風のいでたちをした主人公が、背中に背負った小型ロケット飛行しながら変身』『主人公の仲間の姉弟は馬車に乗って旅している』『西日本が異種族に支配されている』『敵の怪人がバイクに乗る』等、時代考証無視が更に悪化している。

関連記事

親記事

石ノ森ヒーロー いしのもりひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405648

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました