ピクシブ百科事典

スカルマン

すかるまん

「スカルマン」とは、石ノ森章太郎の漫画「怪奇ロマネスク劇画 スカルマン THE SKULL MAN」アニメ「スカルマン THE SKULL MAN」のこと、またはカプコンのアクションゲーム「ロックマン4」のボスキャラのことである。
目次[非表示]

スカルマンとは、

  1. 石ノ森章太郎の漫画作品及びその主人公。本項で記述。
  2. ロックマン4に登場するボスキャラ。→スカルマン(RM4)

イラスト検索について
単に「スカルマン」で検索すると、2.のイラストが多くヒットする。
1.について検索する場合、「-ロックマン」を追加し、マイナス検索を利用してロックマンを除外するとよいだろう。


概要

原作漫画の正式タイトルは『怪奇ロマネスク劇画 スカルマン THE SKULL MAN』で、初期の漫画は1970年に週刊少年マガジンにて読み切りとして掲載された。仮面ライダーの初期案にもなったこのキャラクターである。

正式な続編として1998年に島本和彦が描いた漫画『スカルマン THE SKULL MAN』がコミックアルファで連載された。
テレビアニメ『スカルマン THE SKULL MAN』は、2007年4月28日から7月21日までフジテレビ系各局で放送された。全13話。このアニメでは、『サイボーグ009』『仮面ライダー』など、他の石ノ森作品をオマージュしたネタが多く仕込まれている。

なお、『仮面ライダー』に先駆けて、ライダーのデザインは当初ライオンをイメージした「レッドファイアー」なるデザインだったのだが、石ノ森は「待ってくれ」と、ドクロのデザインで『仮面ライダースカルマン』なるデザインを提案し、それに平山亨プロデューサーも賛同したが、「骸骨をモチーフにしたキャラはお茶の間にふさわしくない」という理由でどこも採用してもらえなかった。あくまでもドクロにこだわった石ノ森は、スタッフや子供の意見を取り入れ、バッタをモチーフにした『仮面ライダーホッパーキング』を作成。名前が長すぎるということで最終的に仮面ライダー1号に辿りついた。
スカル魔滝ライダー仮面ライダースカルはそのオマージュである。
また、KIKAIDER00ではスカルマン=『仮面ライダー』そのものを指し、バイク乗りの幽霊ではないかと噂されている。『最近では鏡の中で目撃された』とのこと。(ちなみにV3が登場するが彼はリ・イマジネーションの存在)

ストーリー

第二次世界大戦以降現実世界とは異なる歴史をたどり、軍隊も存在する架空の日本。とある地方に位置する巨大な企業城下都市の大伴市では、官僚や政治家や女優らが突然不慮の死を遂げる事態が立て続けに発生していた。当局が事故と発表したにもかかわらず、人々は現場で目撃されたドクロの仮面をかぶった怪人「骸骨男」の仕業だと噂していた。この噂と事件にスクープのニオイを嗅ぎつけたトップ屋御子神隼人は、生まれ故郷でもある大伴市に7年ぶりに足を踏み入れることになる。

登場人物

スカルマン(CV:土田大
偽スカルマン

骸骨男を追う者

御子神隼人(CV:保村真
モデルとなったキャラクターは『空飛ぶゆうれい船』の嵐山隼人と『仮面ライダー』の一文字隼人。

間宮霧子(CV:川澄綾子
最終話エピローグで抱いている赤ん坊は009とよく似た容姿となっている。

大伴コンツェルン

黒潮豪蔵(CV:阪脩
モデルになったキャラクターは『空飛ぶゆうれい船』の黒潮会長。

神代正樹(CV:森川智之
モデルになったキャラクターは『イナズマン』、『仮面ライダー1971-1973』の新人類と思われる。
また名前の由来はおそらく、『仮面ライダーカブト』の神代剣。

宇佐神明(CV:吉野裕行

大伴警察

新條剛(CV:関智一
モデルは『ロボット刑事』に登場する新條強。

埴輪儀助(CV:辻親八
モデルとなった人物は『空飛ぶゆうれい船』の埴輪国防長官。


その他

神崎芳生(CV:加藤将之

黒潮真耶(CV:折笠富美子
モデルとなったキャラクターは『スカルマン』に登場する千里虎月の孫娘、真耶と『キカイダー01THE ANIMATION』のアキラと思われる。


真行寺麗奈(CV:根谷美智子
元ネタは『スカルマン』に登場するガロ。
真行寺徹郎(CV:田坂秀樹

立木恭一郎(CV:堀勝之祐
モデルは『スカルマン』の立木。


神晃一(CV:松田賢二
鬼塚結衣(CV:大原さやか
名前の由来は真・仮面ライダー序章の鬼塚と仮面ライダー龍騎の神崎結衣かと思われる。

烏丸小夜子(CV:かかずゆみ
名前の由来は『仮面ライダー剣』に登場する烏丸啓と深沢小夜子。

BRAINGEAR

元ネタはブラックゴースト

アルカード・ヴァン・ヴォグート(CV:石塚運昇
元ネタは『サイボーグ009』のバン・ボグード。


ヘレン(CV:雪乃五月
元ネタは『サイボーグ009』のヘレン。

01(CV:森久保祥太郎
元ネタは『サイボーグ009』の002。外見は『ギルガメッシュ』のギルガメッシュ(複製人間)だが、性格面では『人造人間キカイダー』のイチローもモデルと思われる。

02(CV:茶風林
元ネタは『サイボーグ009』の006

03(CV:岩田光央
元ネタは『サイボーグ009』の008

04(CV:飛田展男
元ネタは『サイボーグ009」の004。外見は顔や傷からすると『番長惑星』の登場人物、ツギハギがモデルと思われる

05(CV:大塚明夫
元ネタは『サイボーグ009』005

ガモ博士(CV:加藤精三
元ネタは『サイボーグ009』のガモ・ウィスキー博士。

BG総帥(CV:若本規夫
元ネタは『サイボーグ009』のブラックゴースト総帥であるスカール


指令の声(CV:家弓家正
元ネタは『サイボーグ009』に登場するブラックゴースト総統。

闇の序章の登場人物

高明寺倫子 (演:鈴木亜美)
元ネタは『人造人間キカイダー』の光明寺ミツ子。

小角弘志(演:細川茂樹)
元ネタは『仮面ライダー響鬼』の日高仁志。


主題歌

オープニングテーマ

「ひかりのまち」
歌 - TOKIO / 作詞・作曲 - 甲斐よしひろ / 編曲 - 西村智彦

エンディングテーマ

「明日は明日の君が生まれる」
歌 - Chocolove from AKB48 / 作詞 - 秋元康 / 作曲 - 藤末樹 / 編曲 - 齋藤真也

備考

島本版とアニメ版の世界観の関連はなく、島本版スカルマンは仮面ライダーに近い世界観、アニメ版はサイボーグ009に近い世界観となっており、ラストもそれぞれ異なる。
その証拠として島本版には仮面ライダーの改造人間をモチーフとしたキャラクターが登場する、本作オリジナルの仮面ライダーが登場するなどがある。

一方アニメ版ではサイボーグ009のブラックゴーストや00サイボーグを意識したキャラクター、のちの009(ジョー)と思わしき赤ん坊、ラストのBG総統などが登場している。(最終話エピローグのタイトルの意味を理解すると……。)他にも石森ファンや東映ヒーローファンもニヤリとする設定の数々………。
なお、島本版スカルマンは石ノ森章太郎版スカルマンの正統な続編という位置づけに当たる。

そもそもアニメ版スカルマンは他のスカルマンとは異なり、ストーリーがアニメオリジナルのものとなっているのも特徴。



関連イラスト

作品により、スカルマンの姿も異なっている。アニメ版のデザインは、原作版を元に出渕裕がリファインしたものである。

原作漫画仕様

スカルマン


アニメ版仕様

ポスター案ラフ



関連タグ

スカルマン
スカル魔 滝ライダー 仮面ライダースカル・・・・スカルマンがモチーフである。

外部リンク

TVアニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「スカルマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 438230

コメント