ピクシブ百科事典

仮面ライダールシファー

かめんらいだーるしふぁー

特撮映画『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』に登場する劇場版限定の仮面ライダー。
目次[非表示]

以下、『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』のネタバレ注意







































ベル「ここからは、私が楽園の創造主となる!」

ルシファー!

「変身!」

プログライズ!アーク!

"The creator who charges forward believing in paradise."

"OVER THE EDEN."

CV:福士誠治
スーツアクター:中田裕士

概要

『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』に登場する劇場版限定ライダーで、同作のラスボス。
楽園ガーディアの真相を知ったベルが、エスから奪ったエデンゼツメライズキーエデンドライバーで変身する。

変身音声の英文は前半がエデンと共通で、自ら名乗る通り「楽園を信じ突き進む創造主」を意味する。
後半の”OVER THE EDEN”は「エデンを超える」と言うだけで無く、変身までの経緯やライダー名を踏まえると「楽園を追放された者」と言う意味合いもあると思われる。

外見

仮面ライダールシファー
仮面ライダールシファー


エデンからメインカラーは黒と白に変化しており、骸骨の様にも見える。
顔や胴体等の基本的な造形は仮面ライダーエデンとほぼ同じだが腕や脚の造形は微妙に異なっており、両肩の装甲はホッピングカンガルー、脛周りの装甲はバイティングシャーク、肘と膝の先はメタルクラスタホッパーに似ている。

その他、対決するのが初代ライダーと同じバッタモチーフである事から、スカルマンまたはショッカー戦闘員を意識した物と思われる。

変身時には巨大な骸骨がベルを噛み砕く事によってアンダースーツを纏い、各部のアーマーが取り付けられる形で変身が完了する。女性のロストモデルに抱きしめられ変身するエデンと比べると強烈な対比と言える。

スペック

身長191.2cm
体重84.0kg
パンチ力46.3t
キック力98.9t
ジャンプ力57.3m(ひと跳び)
走力1.1秒(100m)


実はスペックにおいては「"OVER THE EDEN."」と言う変身音に違わずエデンの上位互換であり、手負い(この時の或人はエデンとゼロツー戦、メタルクラスタ戦、ヘルライジング戦と連戦に次ぐ連戦でボロボロの状態だった)とは言え、リアライジングホッパーと互角以上に戦える強さを見せた辺り、スペックも『ゼロワン』世界の仮面ライダーとしては中々の高水準に位置する事が分かる(もっとも、スペックだけを鑑みるとキック力を除けばアークゼロランペイジバルカン以下だったりもする)。

また、変身者がナノマシンによるアバターである為に無限の再生能力もあるが、これはエスがアバター達の無限復活を不可能にした事により披露されなかった。これによりエデン最大の強みでもあった、ナノマシンによる超回復能力が消滅してしまっている上に、変身者であるベルの特性故に使えなかったのかは不明だがエデンが度々見せた衝撃波の実体化能力も全く見せておらず、ゼロツーの攻撃をモロに喰らっている場面も多数見受けられた。

そもそも、アップデート前とも言えるエデンがゼロツーに曲がりなりにも勝利できたのは、そのナノマシンによる特殊な身体構造と回復力、尚且つ回避不可能な必殺技と言った初見殺しな特性に依る所が大きく、単純な戦闘力だけならばゼロツーの方がエデン(及びルシファー)よりも一枚上手であった上に、この時点での或人は3度の死闘を繰り広げた結果、ほぼ相手の手の内を知り尽くした状態である。

ルシファーはエデンの変身アイテム・装備を完全に引き継いでいるのだが、エデンの様なナノマシン及びサウザンドジャッカーのライダモデル抽出・召喚機能の有効活用も出来ない様子で、エデン(=エス)と比べてもその能力を十分に発揮していたとは言い難い。これにより、ある意味エデンの強さが『エス自身の周到な用意に大きく頼った物である事』が証明されてしまったとも言える。

変身者のベル自身も、元々普通のメンタルクリニックの医師だった事実を考えると、非常に高い戦闘技術を持つ或人優れたラーニング能力を備えた滅、理詰めによって世界を大混乱に陥れたエス達と言う、アーク由来の仮面ライダーと比較すると一番戦闘センスが劣っているとも取れるか。
変身への動機がちっぽけなその場限りの感情に飲まれて『自分が楽園の創造主になる』と高望みな野望を抱いてしまった時点で、かつての経験を乗り越えた或人を倒す事はあらゆる意味で無謀であった。ベルの敗因自体はいくつかあるが、『ライダー』としても『人』としても実力や覚悟で勝てる余地が無かったのは確かだろう。

とは言え、前述したように(一応)リアライジングホッパーを相手に純粋な真っ向勝負では互角以上に戦えていた事実を踏まえると、決して弱い訳ではないハズ……なのだが、変身者がエスと比べて同情出来ない小物だったり、戦った相手が余りに悪過ぎた為か、映画を観た人達からはそこまで強くない印象を持たれている他、「ぶっちゃけ全快の或人ゼロツー(又はリアライジング)なら1人でも倒せそう」とあんまりな評価をされることも…。
なおBlu-ray収録のオーディオ・コメンタリーにて、杉原監督からは「ぽっと出のラスボス」呼ばわりされた。

使用アイテム

何れもエス(エデン)が使っていた物を強奪・回収する形で使用した。

ベルがエスが落とした一式を回収して使用。
劇中では特別な操作はしていないが、起動と同時に音声が変化している(玩具では特殊操作でモード切替)。

台座に刺さっていた物を引き抜き、エスから奪ったヘルライズプログライズキーを装填して使用した。主に素手による格闘攻撃や衝撃の物体化を軸としたエデンとは異なり、専らジャッカー頼りな戦闘スタイルであった。

必殺技

  • パラダイスインパクト

エデンドライバーに装填されたエデンゼツメライズキーを押し込む事で発動する。
劇中ではゼロワンとゼロツーに吹き飛ばされた時に発動して、強力なライダーキックで対抗しようとしたが、ゼロツーの未来予測で初動を潰され不発に終わってしまった。
Blu-ray収録のDATA FILEでは、何故か「エデンインパクト」と記載されている。

  • サウザンドブレイク
「こんな世界、滅ぼしてやる!」
「楽園の創造主は… 俺だぁあああッ!」

サウザンドジャッカーにエネルギーを纏わせた刺突でゼロワンとゼロツーのダブルライダーキックに対抗したが、撃ち負けてしまいルシファーは爆散、ヘルライズプログライズキーとサウザンドジャッカーも大破しカウントダウン終了直前で機能を停止した。

立体化

装動仮面ライダーセイバーBook6』にて収録。上記のエデンとの差異をちゃんと再現している(シールを取り付ける前の顔などはエデンと共通)。
オプションとしてはTV本編での最終決戦を再現できる瓦礫が同梱。
同弾の『拡張パーツforゼロワン』にて、新造されたサウザンドジャッカーが収録されている。

余談

テレビ版・劇場版の両方から見ても珍しい『部下が首魁の変身ツールを奪って変身した』ケースと思われる。
また、アイテムの組み合わせ変更や進化もなく、全く同じアイテムを使用しながらフォームどころか、変身するライダーそのものが変化している点も珍しい。
エスの真意が判明しベルトが奪われる展開は、この映画の根幹をひっくり返す大きな仕掛けとなっており、真意判明後のエスと、倒すべき真の敵であるベルとを明確に区別する為に、変身後の姿や変身シークエンスを差別化したものと考えられる。

登場する事とビジュアルがアナウンスされていた他の劇場版限定ライダーであるエデンやアバドンとは異なり、このライダーが登場する事は発表されていなかった。この為か、上述の装動においても映画に先駆けて登場と商品化がなされていたエデンと異なり、映画公開から遅れての商品化となっている。

撮影用スーツは塗装を変更したエデンがベースとなっている。

なお、仮面ライダーエデンと似たフォルムをしていながら、細部が違うデザインをしているのはエス役の伊藤英明氏が『同じ変身システムを使用していても、変身者の性質が違う以上は異なる姿になるはずだ』という提案をしたためであることが全仮面ライダー大投票で明かされた。これには『エデンは自分だけのライダーであって欲しい』という思い入れの強さから来るものでもあったという。

関連タグ

劇場版限定ライダー REAL×TIME 仮面ライダーエデン
仮面ライダー一覧 サブライダー ダークライダー 劇場版限定ライダー

仮面ライダー幽汽:同じく、首魁部下とで異なるフォームのダークライダー。但し、こちらは『首魁が自分の持ち物を部下に借し与えていた』ニュアンスに近い。

仮面ライダースカル仮面ライダーフィフティーンプリミティブドラゴン:骸骨モチーフの仮面ライダー繋がり。こちらの2人は子供を深く愛したと言う意味では、どちらかと言うとエデン(エス)に思想は近いが。

仮面ライダーデルタ:必殺技の名称が「ルシファーズハンマー」。こちらはルシファー(エデン)と異なり、変身者が誰だろうと全員等しく「デルタ」である。

仮面ライダーグランドジオウ ジーニアスフォーム オーブトリニティ:こちらもスペックや能力は強力無比であるにも関わらず、相手があまりにも悪過ぎるが故にイマイチ強さが伝わらなかった強化形態と言う共通点が存在する(但し、グランドジオウは本編中でも強い部分はかなり見せてくれた方である)。尤も、これらの3例は後の外伝作品では敵を圧倒したり、仲間の救援で一役買ったりと見事に汚名返上を成し遂げたのに対し、エデンの場合は劇場版限定の敵キャラクターなのもあってか、ほぼ後の作品での登場は望み薄なのが悲しい所ではある…。

ズー・ドーパント:こっちは終盤に『黒幕が使用人から変身ツールを奪い返して変身』し『容姿が若干変化』した怪人。こちらもルシファーと同様戦った相手が悪すぎた為、ロクな攻撃も出来ずに敗北した。

ダークメフィスト・ツヴァイ:「既存の敵キャラの変異体」「同じ変身アイテムを使っているにも関わらず外見が異なる(異なるのは目の色程度だが。と言うか変身直後は全く同じ姿だった)」、「変身する過程で以前の変身者を手にかけた」、「見せ場が少なく不遇な扱いだった」と何気に共通点が多い敵キャラ。

ファルシオンエデン/アバドン/ルシファーセンチュリー

アークライダー
仮面ライダーアークゼロ
仮面ライダーアークワン
仮面ライダー滅(アークスコーピオン)
仮面ライダーアークゼロワン
仮面ライダーエデン
仮面ライダールシファー

関連記事

親記事

エデンドライバー えでんどらいばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダールシファー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22044

コメント