ピクシブ百科事典

リアライジングホッパー

りあらいじんぐほっぱー

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』最終話に登場した形態。
目次[非表示]

或人「絶対に乗り越えられる…心があるって分かったんなら!
  だって…俺たちは仮面ライダーだろ…?」

ジャンプ! 
オーソライズ!   

「変身!」

プログライズ!
 
イニシャライズ!リアライジングホッパー!
"A riderkick to the sky turns to take off toward a dream."

「滅…お前を止められるのはただ1人…俺だ!」

概要

Take off toward a dream.


仮面ライダーゼロワン』最終話「ソレゾレの未来図」に登場する仮面ライダーゼロワンの最終形態。

「本当の強さとは心の強さ」というからの言葉で憎しみを乗り越えた飛電或人が、飛電ゼロワンドライバーライジングホッパープログライズキー ゼロワンリアライズver.で変身する。
名実共にゼロワンの最終形態ではあるのだが、「基本形態の最終決戦仕様」という歴代のライダーとは一風変わった最終フォームである。

イニシャライズ!



変身の際は或人の右側から徐々に姿を変えていくという従来と異なる演出を取った(もっとも、バッタのライダモデル自体はわかりにくいながらも背後にいたためライダモデルを纏うというプロセス自体は変わっていない)。

変身音声の最後に流れる英文は、直訳すると『空へのライダーキックは夢への離陸へと変わる』。意訳すれば「空へのライダーキックを決め、夢に向かって飛べ!」といったところか。
また、「イニシャライズ」とはハードウェアなどの記憶媒体を初期状態に戻す事を意味しており、まさにアークから解放された或人の「ゼロに戻ってイチからやり直す」様を象徴する姿といえる。

容姿・スペック

身長196.5cm
体重87.0kg
パンチ力59.1t
キック力114.7t
ジャンプ力165.7m(ひと跳び)
走力0.5秒(100m)


外見に限って言えば、ライジングホッパーと全く同じ容姿
だがプログライズしたライダモデルを量子分解して再度ゼロワンドライバーに反応させ、ドライバーの限界を越えた超高出力を生み出す「リアライズ」により、過負荷による稼働時間の限界こそあるもののこれまでのゼロワンを遥かに上回るスペックを獲得した。その超高出力によって、高速移動時のエフェクトに黄色に加え青色が加わる。

仮面ライダーゼロツーには劣るものの『ゼロワン』としては名実共に最強の姿であり、ゼロツーがアークを倒す為に様々な力が合わさったホッパーライダモデルの集大成ならば、こちらは数々の苦難悲劇絶望を乗り越え成長し再スタートを切る飛電或人の集大成と言えるだろう。

必殺技

  • リアライジングインパクト

ベルトのプログライズキーを押し込んで発動。アクロバティックな動きで相手の攻撃を回避しつつ、連続蹴りをくらわせ最後にライダーキックを放つ。

ライジングホッパープログライズキー ゼロワンリアライズver.

Thank you zero-one


ジャンプ!

ライジングホッパープログライズキーが変化した新たなプログライズキー
カラーリングはゼロツープログライズキーに似ており、起動音声にもゼロツードライバーの待機音に似た音声が追加されている。

インベイディングホースシュークラブプログライズキーを更新して、レジェンドライダープログライズキーも含む全プログライズキーの中で最長の名称となっている。

立体物

「DXメモリアルプログライズキーセット SIDE 飛電インテリジェンス」でメモリアルver.のライジングホッパープログライズキー、イズプログライズキーとセットで発売。

余談

上記のプログライズキーの名称やスペックの説明文の端々からもわかる通り、主題歌の「REAL×EYEZ」を意識している。
また、リアライズ(実現する・理解する)とリライズ(再び昇る)を掛けた上で現在分詞のリアライジングというシャレになっている部分も含めて、アークワンに堕ちた或人が再び仮面ライダーとして這い上がり復活するという事を指しているともとれる。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン  ゼロワン(仮面ライダー)  ライジングホッパー 
最強フォーム  最終フォーム  強化フォーム  最終決戦仕様
REAL×EYEZ  最終回  ソレゾレの未来図 

オルトロスバルカン:最終回の前の週に登場した形態。スペックとしては最強形態に劣るも、性能の高い分ドライバーに過負荷を掛けることでスペックを上げているなど共通点が多い。

仮面ライダーオーマジオウ:前作に登場した最終決戦仕様。闇に堕ちず悟りを開いて変身する点では近い物を感じる。

アルティメットフォーム:記念すべき平成仮面ライダー第一作の最強フォーム。1話だけの限定フォームであることに加えて、戦った相手が全く同じを持っており、一歩間違えれば、主人公も同様の存在へと堕ちていたが、強靭な精神でそれを乗り越えた、という共通点がある。

タトバコンボ:基本形態と同じ姿で戦闘力が向上した「真のオーズ」が存在する。

タジャドルコンボ(最終回Ver.):最終回で登場し、特別な演出を披露した形態第1号。お互い闇を連想させる力から振り切った事や、見た目が全く変わらない事も共通点。その為、現状リアライジングホッパーに最も近い形態と言える。

仮面ライダーチェイサー:かつて正義の戦士から悪の戦士に堕ちながらも、「もう一度やり直す」事を決意して変身した姿繋がり。

マキシマムゲーマーレベル99ゴッドマキシマムゲーマーレベルビリオン:別の変身アイテムで基本フォームと同じ外見の形態に変身するつながり。

ゾンビアクションゲーマーレベルX-0:外見に変化ないが変身するアイテムと必殺技が異なる点が一緒。ただしあちらはネガライダーである。

クローズビルドフォーム:劇場版で登場したビルドの究極フォーム。変身音に主題歌の名が含まれている事が共通している。

グリッターティガ:最終回で登場しエフェクト以外の外見が基本形態と変わらない最強形態の先駆者。ただしこちらはサイズが基本形態と大きく異なっている。また偶然にも最終回が放送された日が同じと言う共通点もある。

ミラクルナモード:最終回で登場した最終決戦仕様の形態でこちらも憎しみを乗り越えて発現し敵の憎しみも消し去った。同じくエフェクト以外基本形態と外見は変わらないがどちらかといえば上位形態の分類に入る。

ガンダムエクシアリペアⅡ:こちらも最終回で登場した初期機体の強化型。ただし外見は若干だが変化している。

リライジングガンダム:名前が似た主人公機の最終形態。放送時期が重なり、終盤に登場した点など近しいものがある。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リアライジングホッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71455

コメント