ピクシブ百科事典

ラビットドラゴン

らびっとどらごん

仮面ライダービルド最終話で登場したフォーム。
目次[非表示]

戦兎「さあ、実験を始めようか。」

『ラビット!』 『ドラゴン!』
『Are you ready?』

戦兎「ビルドアップ!」

『ベストマッチ!』

戦兎&龍我「「勝利の法則は決まった!」」

概要

正式名称は「トライアルフォーム(ラビットドラゴン)」。
最終話に登場。ゴールドラビットフルボトルとシルバードラゴンフルボトルで変身した姿で、本編版のクローズビルドフォームとも言える姿である。
初の種類の違う有機物同士の変身となる(同成分ならラビットラビットが該当)。
一瞬の登場だったためスーツは作られておらず、フルCGでの登場となった(そのため動作が所々ぎこちない)。

トライアルフォームではあるが、ドライバーは戦兎の強い想いに応えるように「ベストマッチ!」の音声を選択・再生した。
このため、本来はフルボトル装填時に発生される「ベストマッチ!」がトライアルフォームの音声と重なるように再生されている。
「ベストマッチ!」音声は他ならぬ戦兎がドライバーに後付けした機能でもあるため、なかなか意味深とも言える。

本来ビルドにおける「ベストマッチ」とは石動惣一が(エボルトに強制され)選んだ組み合わせであるが、こちらはそれらとは違う、純粋な「ベストな組み合わせ」としてのベストマッチであろう。

性能

スペック

パンチ力47.8t(右腕)/55.8t(左腕)
キック力61.3t(右足)/54.5t(左足)
ジャンプ力ひと跳び79.8m
走力100mを1.1秒

※これは初期値であり、変身者のハザードレベルに応じて変動する。

公式サイトで記載されたスペックはこれまでのトライアルフォーム・ベストマッチフォームを遥かに上回る。
これはビルドドライバーがハザードレベル7に到達で変化した2本のボトルの影響で一時的な高稼働状態となっているためで、想定外の威力を持つ必殺技を繰り出すことが可能。

各部性能はラビットハーフボディの速さとドラゴンハーフボディの格闘性能をさらに強化したものになっている。

活躍

劇場版の予告動画で輝く複眼のみが登場。
しかし結局映画に登場したのはクローズビルドフォームであった。

最終話にてシルバードラゴンフルボトルをエボルトから奪取した戦兎が変身。
ラビットタンクと類似した必殺技「ボルテックアタック」でエボルトを撃破、物語のフィナーレを飾った。
(厳密にはキックが命中してせめぎ合いの最中にラビットタンクフォームに戻っている)。

余談

変身に使用する2本のフルボトルは玩具版が劇場版の前売り券の特典で付属したが、通常のラビット・ドラゴンフルボトルと同ピン配置のため、「ベストマッチ!」音声の再現は不可能である。

しかし近年では「大人のための変身ベルト」という形で後々からこういった要素が再現される事もあり、期待を捨てず気長に待ってみるのもいいかもしれない。

てれびくん2018年10月号ではドラゴンラビットフォームと誤記されている(順番が違う、トライアルフォームなのに「フォーム」がある、と二重の間違いがある)。

関連タグ

仮面ライダービルド
フルボトル ラビットフルボトル ドラゴンフルボトル
クローズビルドフォーム

最終フォーム最終決戦仕様
最強フォーム…朝日版の公式サイトでは「戦兎×龍我=最強!」と評されているが、ビルドの最強フォームとしてカウントできるかは議論の余地がある。

タジャドルコンボ…こちらも最終回に登場したフォームで相棒キャラが関わっていること、玩具では再現不可能な音声が鳴った。こちらは後年音声が再現可能なベルトがプレミアムバンダイにて発売された。

チェイサーマッハ…同じく終盤に登場した仮面ライダー同士の変身道具を掛け合わせた特別なフォーム。

ハイブリッドアーマーウルトラシリーズにおいて最終回に登場した特殊な姿という点が共通。こちらも玩具エクスデバイザーでの再現は不可能となっている。平成ウルトラマンではグリッターティガ、ミラクルナ、フェニックスブレイブといった(TVでは)最終回限定の姿が度々存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラビットドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31938

コメント