ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

戦兎「さあ、実験を始めようか。」


『ラビット! ドラゴン!』

『Are you ready?』


戦兎「ビルドアップ!」


『ベストマッチ!』


戦兎&龍我「「勝利の法則は決まった!」」


概要

正式名称は「トライアルフォーム(ラビットドラゴン)」

桐生戦兎ビルドドライバーゴールドラビットフルボトルシルバードラゴンフルボトルを装填して変身した姿で、ジーニアスフルボトルベルナージュの力を使わないクローズビルドフォームとも言える姿である。


初の種類の違う有機物同士の変身となる(種類が同じ有機物同士の組み合わせはラビットラビットフォームが該当)。

スーツは制作されておらず、劇中ではフルCGでの登場となった。


トライアルフォームではあるが、ドライバーは戦兎の強い想いに応えるように、本来のトライアルフォームの音声と重なるようにして戦兎と龍我の声で「ベストマッチ!」と鳴り響き、この姿はベストマッチとして認証された。

元々「ベストマッチ」の音声認証機能は、戦兎がドライバーに後付けした機能でもある為、中々意味深とも言える。


本来ビルドにおける「ベストマッチ」とは、石動惣一が(エボルトに強制され)選んだ組み合わせであるが、こちらはそれらとは違う、純粋な意味での「ベストな組み合わせ」として認められたベストマッチであろう。


性能

スペック

パンチ力47.8t(右腕)/55.8t(左腕)
キック力61.3t(右足)/54.5t(左足)
ジャンプ力ひと跳び79.8m
走力100mを1.1秒

※これは初期値であり、他のライダー同様に変身者のハザードレベルに応じてスペックは変動する。


ビルドドライバーがハザードレベル7に到達して進化した、2本のフルボトルの影響で一時的な高稼働状態となっている為に、スペックはこれまでのトライアルフォームはおろか、ベストマッチフォームをも遥かに上回る。

加えて、このドライバーの高稼働によって上記のスペックを越えた、想定外の威力を持つ必殺技を繰り出す事が可能。


各部性能は、ラビットハーフボディの速さとドラゴンハーフボディの格闘性能を更に強化したものになっている。

一方で、流石にベルナージュの力でジーニアスボトルと融合した末に生まれた、クローズビルドにはスペックでは及ばない。


活躍

劇場版の予告動画で輝く複眼のみが登場したが、結局映画に登場したのはクローズビルドフォームであり、このフォームは未登場だった。


そして最終話にて、シルバードラゴンフルボトルをエボルトから奪取した戦兎が遂に変身する。

ラビットタンクフォームと類似した必殺技「ボルテックアタック」でエボルト怪人態を撃破し、新世界創造の最後の一手を行った(厳密にはキックが命中してせめぎ合いの最中にラビットタンクフォームに戻っている)。


ライドウォッチ

ビルドラビットドラゴンフォームライドウォッチ

金のラビット!銀のドラゴン!ビルド ラビットドラゴン!


「SGライドウォッチ06」の一つとして発売。

必殺技は「ラブ&ピース」。


余談

最終回のほんの僅かしか登場しない上に、劇中ではCGでスーツも存在しないフォームにも拘わらず、戦兎と龍我というコンビの絆を象徴するフォームの一つとして人気は非常に高く、立体化等のグッズ展開でもかなり優遇されている。


変身に使用する2本のフルボトルは、玩具版が劇場版の前売り券の特典で付属したが、通常のラビット・ドラゴンフルボトルと同ピン配置の為、残念ながら「ベストマッチ!」音声の再現は不可能である。


しかし、近年では「大人の為の変身ベルト」という形で、後々からこういった要素が再現される事もあり、期待を捨てず気長に待ってみるのもいいかもしれない。


てれびくん2018年10月号ではドラゴンラビットフォームと誤記されている(順番が違う、トライアルフォームなのに「フォーム」がある、と二重の間違いがある)。


関連タグ

仮面ライダービルド

フルボトル ラビットフルボトル ドラゴンフルボトル

クローズビルドフォーム

強化フォーム 最終フォーム 最終回限定フォーム


タジャドルコンボ…こちらも最終回に登場したフォームで相棒キャラが関わっている事、玩具では再現不可能な音声が鳴った。こちらは後年音声が再現可能なベルトがプレミアムバンダイにて発売された。


仮面ライダーチェイサーマッハ…同じく終盤に登場した、仮面ライダー同士の変身道具を掛け合わせた特別なフォーム。


リアライジングホッパーオールマイティセイバー…同じく最終回に登場した最終決戦仕様のフォーム。


ハイブリッドアーマーウルトラシリーズにおいて最終回に登場した特殊な姿という点が共通。こちらも玩具エクスデバイザーでの再現は不可能となっている。平成ウルトラマンではグリッターティガ、ミラクルナ、フェニックスブレイブといった(TVでは)最終回限定の姿が度々存在する。


主役ライダー究極フォーム

クリエイターゲーマー/ノベルゲーマー レベルXクローズビルドフォーム/トライアルフォーム(ラビットドラゴン)オーマフォーム/オーマジオウ


最終回限定フォーム

タジャドルコンボ(最終回Ver.)トライアルフォーム(ラビットドラゴン)仮面ライダーオーマジオウ

関連記事

親記事

トライアルフォーム とらいあるふぉーむ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120571

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました