ピクシブ百科事典

クローズビルドフォーム

くろーずびるどふぉーむ

「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」に登場する劇場版限定フォーム。
目次[非表示]

戦兎「さぁ、最後の実験を始めようか」

『クローズビルド!』

龍我「……え?えっ?おおっ?何だよ、おい!?巻き込まれてるぞ!どうなってんだよ!?」

『Are you ready?』

龍我「ダメです!」
戦兎「変身!」
龍我「なっ!?」(ガシャーン)

『ラビット! ドラゴン! Be The One! クローズビルド!』
『イェイ! イェェーイ!』

戦兎「ん?」
龍我「ああ?」
戦兎「これって……」
龍我「もしかして……」
2人『合体しちゃったぁ~っ!?』
龍我「どういうことだよ、戦兎!説明しろよ!」
戦兎「ちょっと待て、これは完璧に物理法則無視してるからえっと……」



概要

『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』に登場する、ビルドの劇場版限定フォーム

桐生戦兎ビルドドライバークローズビルド缶を装填、この時万丈龍我もスナップビルダー内に格納し、戦兎と龍我の二人を肉体ごと融合させる事で変身する

葛城忍のデータによれば変身条件は「ハザードレベル7に達した仮面ライダー二人と、その力で輝くように変化したフルボトル二本」。それを揃えるにはビルドの強化だけでなくエボルトの遺伝子を持つ龍我の存在が必要不可欠である。
しかしエボルトと龍我を危険視する葛城巧ではどうしても龍我を信用し切れないため、このフォームに変身できたのは彼が記憶を失い戦兎となったからこその奇跡だった。

変身の仕様上、二人の肉体は融合しても意識はそうではないため、変身してから少しの間お互い勝手に動こうとして上手く身体を動かすことができなかった(しかも一分一秒を争うブラッドとの決戦の最中)。
しかし共に困難と過酷な戦いを乗り越えてきた相棒同士、次第に抜群の動きを発揮していく。
誕生経緯からビルドクローズ共通の究極形態と言えるが、名称上はビルドの究極フォームである。

『ビルド ファイナルステージ』にも登場した。

スペック

身長197.6cm
体重111.1kg
パンチ力55.0t(右腕)/64.2t(左腕)
キック力 70.5t(右足)/62.7t(左足)
ジャンプ力91.7m
走力0.8s/100m (時速450km)


ジーニアスボトルを元に、ハザードレベル7に達し変色した2本のフルボトルが融合しているため、スペックはジーニアスラビットドラゴンを凌駕している。


容姿

ビルドラビットラビットフォームクローズの二つの外見を併せ持ったような姿をしている。
他、ビルドの形態としては初めてエボルブラックホールフォーム同様に腰から下半身にかけてコートの裾のようなCBベクターローブが現れている。

色もボトルの変化に合わせて少しずつ変わっており、ラビット側は複眼とディメンションスプリンガー部分が金、スプリングの色が赤に変化し、クローズ側は紺色の複眼とドラゴライブレイザー・バーンアップクレストなどのファイヤーパターンがオレンジゴールドから銀色に変化している。

戦闘能力

忍のデータによって、ビルドドライバーは龍我と力を合わせられるようボトルを二本挿すように設計したことも明らかになったため、このフォームは(恐らく)ライダーシステムで目指した究極の姿と言える。
変身アイテムであるクローズビルド缶ベルナージュの力によってジーニアスフルボトルゴールドラビットフルボトルシルバードラゴンフルボトルが融合したもので、エボルトの遺伝子を持つ万丈とも融合しているので単純なスペックはジーニアス以上。
融合が不慣れであったとはいえ、ジーニアスを手玉に取った仮面ライダーブラッドと互角以上の勝負を繰り広げている。

ラビットラビットとクローズの能力を受け継いでいるようで、クローズドラゴン・ブレイズに酷似したベストマッチドラゴンと黄金のラビットラビットアーマーベストマッチラビットを召喚可能。劇中で前者はブラッドの使役するコブラと壮絶な騎馬戦を繰り広げ、後者は大ジャンプの際にアシストを行った。
恐らくそれぞれにできる瞬間移動や炎を纏っての格闘攻撃なども受け継いでいると思われる。

武器の類は映像作品では使用していないが、ファイナルステージではフルボトルバスターガンバライジングではビートクローザーを使用しており、ビルドやクローズの武器は一通り使用できるものと思われる。

『ビルド ファイナルステージ』では、ジーニアスフォームの能力を自在に使用出来る事が判明。
究極態を更に上回る新たな形態となったエボルトを撃破出来る程の凄まじい戦闘力を発揮した。
ビルドの世界最強の仮面ライダーとであると言っても過言では無いだろう

必殺技

  • ラブ&ピースフィニッシュ

通常と同じくレバーを回すことで発動。
どこからかベストマッチラビットが出現し、クローズビルドを後ろ足に着地させると同時に蹴り上げ敵に急接近させ、クローズの技と同じく背後にベストマッチドラゴンが現れてブレスを発射、その際は青い足の方でキックを出す。
トドメに金と銀の二重螺旋で相手を拘束し赤い足の方でキックのエネルギーを流し込み続ける。

なおこの必殺技の命名は戦兎と龍我によるものであり、必殺技名も二人で叫ぶ
代わりにドライバー側の必殺技音声はない(「Ready Go!」の音声はある)。

余談

変身者が二人で一人の仮面ライダーや別の仮面ライダーの要素が合体したライダーならば前例があるものの、異なるライダーの変身者同士が合体して誕生したライダーは非常に珍しい。

なお、初期に公開された予告編での姿は大幅に異なり、金色のラビットハーフボディと銀色のドラゴンハーフボディを併せ持つ姿(色違いのラビットドラゴンフォームとでもいうべき形態)として描かれていたが、後に雑誌で公開された時には現在のデザインになっている。
金と銀の姿は最終回においてラビットドラゴンとして登場する事になる。

関連項目

仮面ライダービルド Be_The_One 究極フォーム
ビルド(仮面ライダー)/ラビットラビットフォーム 仮面ライダークローズ
ラビットドラゴン

クリエイターゲーマークローズビルドオーマフォーム

メテオフュージョンステイツ:同じく二人の仮面ライダーの力を用いる劇場版限定の究極フォーム

メテオなでしこフュージョンステイツ/ビーストマント/ウィザードスタイル/仮面ライダーチェイサーマッハ/仮面ライダーマッハチェイサー/バイクアクションゲーマーレベル0:同じく二人の仮面ライダーの特徴が融合したいわゆるフュージョン系ライダー。

サイクロンジョーカーエクストリームサイクロンジョーカーゴールドエクストリーム:クローズビルドフォームのように「二人の人間が融合して一人の仮面ライダーに変身する」仮面ライダーの強化フォーム。特に後者は夏の劇場版の最終決戦で変身する劇場版限定フォームで奇跡の形態と共通点が多い。

仮面ライダーエグゼイド:二人の仮面ライダー変身者が合体している状態で変身したこともあるライダー。ただしこちらは片方はウイルスであるため、クローズビルドや仮面ライダーダブルとは事情が大きく異なる。

ルパントリコロール:同時上映の『en_film』に登場するルパンレンジャーの融合形態。こちらは、ルパンレンジャーが3人で合体した戦士であり、性質的には同作のパトレンU号に近い。

ウルトラシリーズ:こちらのシリーズでは変身者ごと合体するウルトラマンが多く登場する。

ゴーカイシルバー:金と銀を半分ずつ持つフォームがある。

関連記事

親記事

ジーニアスフォーム じーにあすふぉーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クローズビルドフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 436784

コメント