2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

戦兎「さぁ、最後の実験を始めようか」

『クローズビルド!』

龍我「……え?えっ?おおっ?何だよオイ!?巻き込まれてんぞ!!どうなってんだよ!!?」

『Are you ready ⁉︎』

龍我「ダメです!!!」
戦兎「変身!」
龍我「ナッ⁉︎」(ガッシャーン)

『ラビット! ドラゴン! Be The One! クローズビルド!』
『イェイ! イェェーイ!』

・・・

戦兎「ん?」
龍我「ぁあ?」
戦兎「これって……」
龍我「もしかして……」

2人「「合体しちゃったー!!!?」」

龍我「どーゆーことだよ戦兎!説明しろよ!」
戦兎「ちょっと待て、これは完璧に物理法則無視してるからえっと……」

概要

『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』に登場する、ビルドの劇場版限定フォーム

桐生戦兎ビルドドライバークローズビルド缶を装填、この時万丈龍我もスナップビルダー内に格納し、戦兎と龍我の二人を肉体ごと融合させる事で変身する

葛城忍のデータによれば変身条件は「ハザードレベル7に達した仮面ライダー二人と、その力で輝くように変化したフルボトル二本」。それを揃えるにはビルドの強化だけでなくエボルトの遺伝子を持つ龍我の存在が必要不可欠である。
しかしエボルトと龍我を危険視する葛城巧ではどうしても龍我を信用し切れないため、このフォームに変身できたのは彼が記憶を失い戦兎となったからこその奇跡だった。

変身の仕様上、二人の肉体は融合しても意識はそうではないため、変身してから少しの間お互い勝手に動こうとして上手く身体を動かすことができなかった(しかも一分一秒を争うブラッドとの決戦の最中)。
しかし共に困難と過酷な戦いを乗り越えてきた相棒同士、次第に抜群のコンビネーションをモノにしていく。
誕生経緯からビルドクローズ共通の究極形態と言えるが、名称上はビルドの究極フォームである。

『ビルド ファイナルステージ』にも登場した。

スペック

身長197.6cm
体重111.1kg
パンチ力55.0t(右腕)/64.2t(左腕)
キック力 70.5t(右足)/62.7t(左足)
ジャンプ力91.8m
走力0.8s/100m (時速450km)


ジーニアスボトルを元に、ハザードレベル7に達し変色した2本のフルボトルが融合しているため、スペックはジーニアスラビットドラゴンを凌駕している。また、1部スペックでブラックホールフォームを上回ることが出来る唯一のビルドライダーズでもある。
※なお上記の数値は初期値であり、変身者のハザードレベルに応じてその数値は変動するとのこと。

ラビット側

「ビルドラッシュレッグ」「CBラビットフットシューズ」の働きにより高いジャンプ力と伸縮自在のキック力、そして軽快なアクションが発揮でき、腕部「ビルドラッシュアーム」と手甲部「CBラビットファイトグローブ」の働きで敵の内部に一定数のダメージを与える超高速ジャブを実現、加えて「ビルドヘッドアーマー」「ビルドチェストアーマー」には運動速度と反応速度を2倍に引き上げる効果があるという。複眼の各パーツにより、聴覚や嗅覚といった五感が強化されている様子。

こうした能力を最大限に利用できるのも、ラビットラビットフォームに使用された次元伸縮バネ「ディメンションスプリンガー」の強化版と思われる「CBディメンションスプリンガー」が手足に組み込まれているからこそであろう。

ドラゴン側

「CBドラゴンフェイスモジュール」「CBドラゴンフットシューズ」「CBドラゴンファイトグローブ」には、感情に呼応して必殺技や打撃の威力を上げる機能が備わっていて、その発熱量は装甲が溶けるほどであるらしい(しかも腕部は硬化する為、反動の心配はない)。また、通常のクローズ同様に「CBファングオブレイド」による切断攻撃も行使できるようだ(ここら辺はビルドドライバーの変身者の強く正しい思いが真の戦闘力に変わる機能を連想させる)。
更に、頭部の「クローズヘッドアーマー」には攻撃を受ける度に耐久性を向上させ、「CBライトアイドラゴン」には回避率と命中率を補正してくれる機能がある(荒っぽい戦闘スタイルが特徴の万丈には嬉しい機能である)。加えて、「ベストマッチシグナル」の働きにより、万が一、損傷を受けてもオートで応急処置が成されるとの事。攻撃に特化した能力が多いように見えて、防御力にも優れている事がわかるだろう。

以上が、『仮面ライダー図鑑』によって判明したスペックとなる。

容姿

「さあ、最後の実験を始めようか」
ベストマッチな奴ら


ビルドラビットラビットフォームクローズの二つの外見を併せ持ったような姿をしている。
他、ビルドの形態としては初めてエボルブラックホールフォーム同様に腰から下半身にかけてコートの裾のようなCBベクターローブが現れており、空中を飛行できるのもこのコートのお陰である。

色もボトルの変化に合わせて少しずつ変わっており、ラビット側は複眼とディメンションスプリンガー部分が金、スプリングの色が赤に変化し、クローズ側は紺色の複眼とドラゴライブレイザー・バーンアップクレストなどのファイヤーパターンがオレンジゴールドから銀色に変化している。

戦闘能力

忍のデータによって、ビルドドライバーは龍我と力を合わせられるようボトルを二本挿すように設計したことも明らかになったため、このフォームは(恐らく)ライダーシステムで目指した究極の姿と言える。
変身アイテムであるクローズビルド缶ベルナージュの力によってジーニアスフルボトルゴールドラビットフルボトルシルバードラゴンフルボトルが融合したもので、エボルトの遺伝子を持つ万丈とも融合しているので単純なスペックはジーニアス以上。
融合が不慣れであったとはいえ、ジーニアスを手玉に取った仮面ライダーブラッドと互角以上の勝負を繰り広げている。

ラビットラビットとクローズの能力を受け継いでいるようで、クローズドラゴン・ブレイズに酷似したベストマッチドラゴンと黄金のラビットラビットアーマーベストマッチラビットを召喚可能。劇中で前者はブラッドの使役するコブラと壮絶な騎馬戦を繰り広げ、後者は大ジャンプの際にアシストを行った。
(詳細な能力については先述のスペックの頂を参照の事)。

武器の類は映像作品では使用していないが、「CBラビットショルダー」の働きで腕部の稼働速度が上がった影響で武器を使った戦いも得意である。(ファイナルステージではフルボトルバスターガンバライジングではビートクローザーを使用しており、ビルドやクローズの武器は一通り使用できるものと思われる)。

『ビルド ファイナルステージ』では、ジーニアスフォームの能力を自在に使用出来る事が判明。
究極態を更に上回る新たな形態となったエボルトを撃破出来る程の凄まじい戦闘力を発揮した。
ビルドの世界最強の仮面ライダーとであると言っても過言では無いだろう。

必殺技

  • ラブ&ピースフィニッシュ

通常と同じくレバーを回すことで発動。
どこからかベストマッチラビットが出現し、クローズビルドを後ろ足に着地させると同時に蹴り上げ敵に急接近させ、クローズの技と同じく背後にベストマッチドラゴンが現れてブレスを発射、その際は青い足の方でキックを出す。
トドメに金と銀の二重螺旋で相手を拘束し赤い足の方でキックのエネルギーを流し込み続ける。
なおこの必殺技の命名は戦兎と龍我によるものであり、必殺技名も二人で叫ぶ
代わりにドライバー側の必殺技音声はない(玩具、シティウォーズでは「Ready Go!」の音声はある。劇場版は「Are you ready?」である)。

なお、クローズビルド缶を装填したビルドドライバーの働きにより、想定外の威力が出ているようである。加えて、「CBラビットショルダー」の働きでレバーを通常の数十倍の速さで回せるようになった影響で更に威力が跳ね上がっている事が示唆されている。

  • ラビットラビットドラゴニックフィニッシュ
ゲーム『シティウォーズ』で登場。発動手順はラブ&ピースフィニッシュと同じ。
シンプルな回転蹴りを発動する。

余談

  • 変身者が二人で一人の仮面ライダーや別の仮面ライダーの要素が合体したライダーならば前例があるものの、異なるライダーの変身者同士が合体して誕生したライダーは非常に珍しい。


  • 尚、初期に公開された予告編での姿は大幅に異なり、金色のラビットハーフボディと銀色のドラゴンハーフボディを併せ持つ姿(色違いのラビットドラゴンフォームとでも言うべき形態)として描かれていたが、後に雑誌で公開された時には現在のデザインになっている。

  • シティウォーズで映画公開当時当時実装されたが仮の必殺技として実装することとなり正規の必殺技のラブ&ピースフィニッシュの実装はそこから2年3ヶ月とかなりブランクが空いている。

  • ビルドとクローズ、双方の特徴がバランス良く纏まった秀逸なデザインや劇中での活躍などから現在でも究極フォームでもかなり人気の高い形態であり、商品化の機会に関しては最強フォームであるジーニアスよりも恵まれていると言う優遇ぶりである(ジーニアスに関してはデザインの都合上立体化が難しいという側面もあるが…)。

  • そんな非常に人気もある『ビルド』世界最強の存在だが、戦闘シーンの一部がCGの演出の影響で非常に見辛い事が指摘される事が多い。

関連イラスト

『 Be  The  One  』


『ビー・ザ・ワン』


さぁ、最後の実験を始めようか!
Love & Peace


関連項目

仮面ライダービルド Be_The_One 究極フォーム
ビルド(仮面ライダー)/ラビットラビットフォーム 仮面ライダークローズ
ラビットドラゴン

メテオフュージョンステイツ:同じく二人の仮面ライダーの力を用いる劇場版限定の究極フォーム

メテオなでしこフュージョンステイツ/ビーストマント/ウィザードスタイル/仮面ライダーチェイサーマッハ/仮面ライダーマッハチェイサー/バイクアクションゲーマーレベル0:同じく二人の仮面ライダーの特徴が融合したいわゆるフュージョン系ライダー。

サイクロンジョーカーエクストリームサイクロンジョーカーゴールドエクストリーム:クローズビルドフォームのように「二人の人間が融合して一人の仮面ライダーに変身する」仮面ライダーの強化フォーム。特に後者は夏の劇場版の最終決戦で変身する劇場版限定フォームで奇跡の形態と共通点が多い。

仮面ライダーエグゼイド:前作の仮面ライダーで、二人の仮面ライダー変身者が合体している状態で変身したこともあるライダー。ただしこちらは片方はウイルスであるため、クローズビルドや仮面ライダーダブルとは事情が大きく異なる。

リアライジングホッパーオールマイティセイバー:同じくアイテム、形態名、変身音に主題歌の曲名を冠するフォーム。

スーパーヒーロー戦記仮面ライダースーパー戦隊の合体フォームである劇場版限定フォーム。

ルパントリコロール:同時上映の『en_film』に登場するルパンレンジャーの融合形態。こちらは、ルパンレンジャーが3人で合体した戦士であり、性質的には同作のパトレンU号に近い。

ウルトラシリーズ:こちらのシリーズでは変身者ごと合体するウルトラマンが多く登場する。

ゴーカイシルバー:金と銀を半分ずつ持つフォームがある。

仮面ライダーリバイス(仮面ライダー)同じく融合するフォームのひとつであり一つの強化フォームでもある。

主役ライダー究極フォーム
クリエイターゲーマー/ノベルゲーマー レベルXクローズビルドフォーム/トライアルフォーム(ラビットドラゴン)オーマフォーム/オーマジオウ

夏映画限定フォーム
クリエイターゲーマークローズビルドフォームオーマフォーム

関連記事

親記事

ジーニアスフォーム じーにあすふぉーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クローズビルドフォーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クローズビルドフォーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 605754

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました