ピクシブ百科事典

大切断

だいせつだん

仮面ライダーアマゾンの必殺技。
目次[非表示]

概要

大・切・断ーーーーーーーーーーーーーーーー!!


アマゾンの代名詞と言っても過言ではない必殺技
背びれを開閉させる動作を行ったあと、ジャンプして腕を上段に振りかぶり、手首の刃「アームカッター」で獣人の身体を切り裂く。更に身体を捻りながらもう一度切り裂いたり、脚の「フットカッター」を使ったハイキック回し蹴りを併用することもある。
切られた相手はとんでもない勢いでを吹き出して血みどろになって息絶えるのが特徴。

当初はあまり使いこなせてなかったのか、敵との揉みあいの最中にアームカッターを叩きつけて切り裂く技として描写されており、再序盤の敵であるクモ獣人獣人吸血コウモリカマキリ獣人モグラ獣人にはトドメを刺せなかった。
獣人大ムカデワニ獣人など序盤の敵は失血死することが多かったが、黒ネコ獣人を斬り落としたのを皮切りに、後半になると首がすっ飛んだり突然写真のごとくペラペラになった身体が十字に裂けて飛び散ったりとドンドン派手になっていき、ガマ獣人戦に至っては切っただけで大爆発した

この技があまりにもグロかったため、当時トラウマになった子供たちも多いらしい(爆笑問題太田光さくらももこなど)。


クライマックスヒーローズシリーズでは、こうしたことからか演出が変更されて切られたあとに火花が飛び散る仕様になっている。
映画『MOVIE大戦MEGAMAX』では複製スミロドン・ドーパントとの決戦時に使用し、なんと背中まで火花が到達していた(早い話が真っ二つ)。


2017年11月26日放送のアメトーク「仮面ライダー芸人SP」第3回では、スタジオを襲撃したショッカーを撃退するため、仮面ライダービルドと共闘。

ボルテックフィニッシュのグラフ軌道にアマゾンライダーも乗りながら大切断を放つという「ボルテック大切断」とも言うべき合体技が成立した……が、スペースイカデビルはボルテックフィニッシュに一撃で倒されてしまい、その爆風によって吹き飛ばされてきたアンガールズの田中が第3回本編内で紹介されたガマ獣人のごとく四分割にされて、ペラペラになり飛ばされてしまう……

しかし、

その時不思議なことが起こった

ナレーションと共に田中は無事復活したのであった(ただし、服はボロボロになり、体には4つに切られた跡が残っていた)。


スーパー大切断

ギギとガガの腕輪の両方を合わせて放つ強化版の大切断。アマゾンの最強技。
その威力は真のゼロ大帝の首を一撃で斬り落とすほど強力である……
えっ、最後の最後で獣人でもない相手を瞬殺したくらいじゃ全然凄さが伝わらないって?
冗談じゃない。ギギの腕輪は1000mの岩盤をぶち抜くパンチを放てるほどのエネルギーを秘めている。しかも、ゼロ大帝はギギとガガの腕輪を合わせた状態のアマゾンの打撃があまり効いていなかった。すなわちスーパー大切断は前述した1000mぶち抜きパンチ以上の威力なのである。

【ディケイド29話】スーパー大せつな


仮面ライダーディケイド』で十面鬼ユム・キミルに対しスーパー大切断を放った際には、通常の大切断とは異なりアームカッターから光の軌跡のようなものが放たれたほか、一瞬だけ緑色が噴き出すシーンがある。
漫画仮面ライダーSPIRITS』ではアームカッターの刃が曲刀のように長く伸びるなど、通常の大切断との違いが見た目でわかりやすく演出されている。

仮面ライダーアマゾンズでは

リブート作『仮面ライダーアマゾンズ』にも、大切断に相当する必殺技「バイオレントパニッシュ」「バイオレントスラッシュ」が登場しており、やはり切られた相手は激しく体液を噴き出して絶命する。しかも本作の怪人「アマゾン」は特性上爆発しないため、切断された上半身が崩れ落ちたり、残された死体がドロドロに液状化するなど、余計にグロさを追求した表現になっている。
ただし、アマゾンは人工生命体であるため、体液は黒く、あくまで人間や他の動物とは異なる存在である事が強調されていた。

……のだが、Season2から登場する溶原性細胞アマゾンは人間ということで血の色も赤になり、戦闘シーンのグロテスクさが更に増してしまった。
前述の必殺技を使用することは減ったものの、敵の身体を貫手で突き破ってアームカッターで強引に引き裂くなど、ヒーローとは到底思えない方法で敵を惨殺することが増え、しっかりと大切断の系譜は受け継がれている。

また、Season2主題歌のタイトルは『DIE SET DOWN』
すなわち、大切断を模した名前になっている。


関連項目

仮面ライダーアマゾン 仮面ライダーアマゾンズ
グロ注意 みんなのトラウマ 手刀
仮面ライダーギルス 真・仮面ライダー 脊髄ぶっこ抜き
ギロチン王子

pixivに投稿された作品 pixivで「大切断」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185582

コメント