ピクシブ百科事典

目次[非表示]
  1. 静岡県清水市出身の漫画家。代表作は『ちびまる子ちゃん
  2. 『ちびまる子ちゃん』の主人公。作中ではまる子と呼ばれることの方が多い。モデルは作者自身。


人物

本名(旧姓)は「三浦美紀(みうらみき)」。おばあちゃんの名前が「きみ」なのでそれを逆にしたと自身のエッセイで語っている(※)。

集英社りぼんの担当編集者と結婚し一子をもうけたが数年で離婚した。現在はイラストレーターと再婚している。

エッセイスト、脚本家、作詞家としても活躍しており、エッセイ第一作『もものかんづめ』はベストセラーになった。

大ヒットした『おどるポンポコリン』をはじめ、『ちびまる子ちゃん』・『コジコジ]]』の主題歌・挿入歌は大半がさくらももこによる作詞(一部訳詞)である。『じゃがバタコーンさん』では作曲も担当している。
アングラ趣味の傾向があり、雑誌「月刊漫画ガロ」の愛読者で、「たま」の音楽を好んでいた。エッセイに垣間見えるブラックユーモア、『ちびまる子ちゃん』の登場人物の名前にガロの漫画家の名前を取り入れる(花輪くん丸尾くんなど)、『コジコジ』のシュールな世界観など、作品にも随所にその要素は出ているが、それを前面に出しすぎず万人受けする作品に落とし込むバランス感覚を持っていた。

あまり表に出ることを好んだ方ではないが、テレビ出演したり(顔は隠していた)、ラジオ番組を持っていたりしたこともある。「たま」の石川浩司をはじめ、清水ミチコ和田アキ子ら多くの文化人や芸能人と公私ともの親交があった。

実はまる子役のTARAKOと声がそっくりである。

※:なお、メディアによっては非公表となっているケースもある。

訃報

2018年8月27日に、同年の8月15日乳がんで逝去していたことが公式サイトなどで公表された。
享年53歳という若さで多くのファンや関係者に衝撃を与えた。また、その3ヶ月前の5月16日にはED『走れ正直者』を担当した歌手の西城秀樹も63歳で亡くなっている。

約7年に及ぶ闘病生活の果てであったが、交友関係にあった著名人たちにも病気のことは伏せており、病状を知っていたものは、ごくわずかの関係者だけだった。
病気にかかる以前はかなりのヘビースモーカーであったと言う。
さらに以前からスピリチュアル方面に傾倒していたこともあり、闘病中に疑似科学系民間医療の梯子をしていたことが親交のあるスピリチュアル雑誌の主催者から明かされている。このため標準治療が完遂できず手遅れになった可能性が指摘されている。
(乳がんの抗がん剤は副作用が特にきつい時期があるため、苦しさから代替医療に逃れて手遅れになるケースは少なくない)

ちびまる子ちゃんのアニメは放送を続行することも発表されている。
同作主演のTARAKOは「ありがとうしかない」とコメントを出している。

作品

ちびまる子ちゃん
コジコジ
永沢君 ※ちびまる子ちゃんのスピンオフ漫画。
ちびしかくちゃん ※ちびまる子ちゃんのパロディ漫画。
ゴシゴシ ※コジコジのパロディ漫画。
神のちから
ひとりずもう
スーパー0くん
GJ8マン
カルビーひとくち劇場
まんが倶楽部 ※シュールかつブラックなオムニバスパロディ漫画。
など

関連イラスト

お母さんいつもありがとー♪
アニメ放送1000回おめでとう!


夏のコジコジ
コジコジ



関連タグ

漫画 漫画家 静岡

関連リンク

さくらプロダクション
さくらももこ公式ブログ

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「さくらももこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1930412

コメント