ピクシブ百科事典

まる子

まるこ

さくらももこによる日本の漫画作品『ちびまる子ちゃん』、またそれを元にしたアニメ作品に登場する主人公のあだ名。
目次[非表示]

概要

声:TARAKO / 演:森迫永依伊藤綺夏

本作の主人公。小学校3年生の9歳。作者自身がモデルであり、フルネームも同じ「さくらももこ」。
静岡県清水市在住、1965年5月8日生まれ。A型。牡牛座。愛称は「まる子」。
好きな食べ物はハンバーグプリン。好きなタレントは山口百恵山本リンダ
入江小学校3年4組在籍。

髪型はおかっぱ。服装は、赤い吊りスカートをはき、季節によって春・秋は白い長袖ブラウスを着て、冬はその上に黄色いカーディガンを羽織る。夏は黄色いTシャツ、または顔の絵がプリントされた白いTシャツ(まる子は“顔の服”と呼ぶ)の設定が最も多い。また、夏には赤い半ズボンをはくこともある。

マイペースで楽天的な性格で怠け者であり、勉強嫌いで授業中は常に上の空状態。テレビ番組などの影響でオバサン臭い言い回しをよくしていて、周囲を驚かせることがある。石松そばのCMに出てくる「うぅ~ん、いけずぅ~」というフレーズを気に入って、それを覚えて以後、口癖となる。
忘れ物や寝坊が非常に多く呑気でおっちょこちょいな節が多々あるが、特に寝坊については筋金入り。姉のさきことは普段から喧嘩ばかりしているが、仲は良い。また、親に怒られるのを恐れて嘘をつく事はあるが、友達であるたまちゃんには嘘をついたことはない。
そのおバカでお調子者でわがままな言動からよく怒られてばかりいる上に、両親も「このままだとまる子がろくな大人にならない」と心配しているが、いじめられっ子を助けたり、生き物を大切にするなど、正義感のある優しい性格である。また、自分は日頃の行いが悪いと自覚しているようであり、ある日の放課後に学校のトイレに閉じ込められて死を覚悟した時には自分の日頃の行いの悪さを反省していた。

教室では最後列の席に座っている。隣の席の穂波たまえとは1年生の頃からの親友。その他、とし子ちゃんかよちゃん城ヶ崎さんなどと仲が良い。
勉強が苦手で、特に算数や社会などの紛らわしい分野は苦手。またマラソンが大嫌いだが大会での記録は好成績であり、クラスメイトにも「足が速い」と評されている。また宿題で描いた絵が表彰されたこともある。
アニメ第1期ではクラスのほとんどの男子から「まる子」とあだ名で呼ばれていたが、現在では「さくら」と苗字で呼ばれている(過去の話をリメイクされたときはまる子と呼ばれている)。

番外編

番外編では友蔵とコンビの場合が多い。
番外編で探偵になったときは声の印象が変わっていた。

名前の由来

ちびだからちび丸、そして女の子だから子をつけて「ちびまる子ちゃん」になったらしい。
しかし作中では「さくら(さん)」、「まる子」、「まるちゃん」と呼ばれることが多い。

余談

まる子の声がTARAKO氏になった決定打はさくらももこと声が瓜二つと言っていいくらい似ていたからだと言われている。これはトリビアの泉でも紹介され、「さくらももこのオールナイトニッポン」の音声で検証されている。

また、実際のさくらの小学生時代は、まる子とは性格が違っていたらしく、むしろ劇中のたまちゃんに近い性格だったらしい。逆にたまちゃんのモデルとなった同級生の方がまる子の性格に近かったとのこと。

実はTARAKO氏はまる子より5歳ほど年上である。そして、現実でまる子に一番近い歳だったのは初代おねえちゃんだった故・水谷優子氏だった。

作中ではまる子であった原作者・さくらももこは2018年8月15日に53歳の若さで亡くなった事が同年8月27日に公表された。この訃報にTARAKO氏は病気の事を全く知らされていなかったらしく、突然の事にショックを隠しきれなかった。

TARAKO氏はアニメの脚本も何本か手掛けている。

関連イラスト

まる子
お誕生日だそうなので




関連タグ

ちびまる子ちゃん さくら家 3年4組 さくらももこ
たまちゃん とし子ちゃん  かよちゃん 野口さん … 親友
城ヶ崎さん 笹山さん … 友人
表裏比興の者
磯野カツオ:30分後の世界の男子キャラで、まる子とは共通点がたくさんある。

関連記事

親記事

さくら家 さくらけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「まる子」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「まる子」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5707810

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました