ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
山本リンダ
4
山本リンダは、日本の歌手、タレント。60年代および70年代のアイドル。

概要

リンダ・ミュージック・オフィス(自らの個人事務所)所属。

『こまっちゃうナ』『どうにもとまらない』『狙いうち』などのヒット曲で知られる。


来歴

1951年3月4日生まれ、福岡県小倉市(現:北九州市)出身。

本名:稲葉 あつ子(旧姓名、山本 あつ子)

父親はアメリカ人(アメリカ軍軍人)、母親は日本人だったが、山本が1歳の頃に父親は朝鮮戦争で戦死。

芸名の「リンダ(Linda)」という芸名は、アメリカ人の父親に生前付けられた愛称。


5歳の時に神奈川県横浜市に転居。

1962年(昭和37年)に雑誌『装苑』のモデルオーディションを受検したことをきっかけに、人気モデルとして活動。

1966年(昭和41年)、高校在学中の15歳の時に、ミノルフォンレコード(現:徳間ジャパンコミュニケーションズ)より遠藤実作詞・作曲のシングル「こまっちゃうナ」で歌手デビュー。

大ヒットし翌年、『第18回NHK紅白歌合戦』で初出場も以後鳴かず飛ばず。


1971年(昭和46年)、キャニオンレコード(現:ポニーキャニオン)に移籍。

同年7月から同年12月まで東映制作の『仮面ライダー』(毎日放送)でライダーガールズのマリ役として出演、大ヒットし高視聴率を獲得。認知度も子供達のみならずお茶の間全体で上昇。

1972年(昭和47年)、「どうにもとまらない」を発表し、へそを出して歌う大胆な衣装、情熱的で激しいダンス、扇情的な歌詞の内容で今まで以上の大ヒット。

同年、第14回日本レコード大賞作曲賞、第3回日本歌謡大賞放送音楽賞、有線放送大賞夜の有線大賞を受賞。また第23回NHK紅白歌合戦にも5年ぶりにカムバック。

しかし、1970年代後半から再び人気が低迷。山本を陰で支えた最愛の母が自宅浴室で事故死(享年50)し、山本自身も所属事務所から解雇されて、地方の小さなスナックなどでのドサ回りをすることに。


1980年代後半に米米CLUBが山本の楽曲をカバーしてライブで演奏したほか、1990年(平成2年)にはテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』の番組内で主人公・まる子が山本のモノマネをしたことなどから再ブレイク。

(ちなみに1995年8月6日放送の「まる子フェスタしずおかへ行く」の回で本人役で出演。)

更に自身の曲をハウス調にセルフカバーしたアルバムや、REMIXアルバムが続々オリコンチャートにランクインし翌1991年(平成3年)の第42回NHK紅白歌合戦にも久々に登場(通算5回目)。

1997年(平成9年)、テレビアニメ『新・天地無用!』の主題歌「夢はどこへいった」を発売、約20年ぶりにシングルランキングでもオリコンチャートへ復帰。


2001年(平成13年)5月、7歳年上の大学教授・稲葉光彦と結婚。

2005年、代表作の歌詞(ほぼ英語詞)と曲調やリズムといったテンポをアレンジした「どうにもとまらない〜ノンストップ」が発売され、テレビアニメ『レジェンズ-甦る竜王伝説-』のエンディングテーマに採用。(自身もゲストキャラとして1度だけ出演。)

以後も「どうにもとまらない」は様々なアーティストにカバーされている。


熱心な創価学会信者で、芸術部の女性部長を務めており教団の宣伝DVDにも出演している。


外部リンク

山本リンダ公式HP

概要

リンダ・ミュージック・オフィス(自らの個人事務所)所属。

『こまっちゃうナ』『どうにもとまらない』『狙いうち』などのヒット曲で知られる。


来歴

1951年3月4日生まれ、福岡県小倉市(現:北九州市)出身。

本名:稲葉 あつ子(旧姓名、山本 あつ子)

父親はアメリカ人(アメリカ軍軍人)、母親は日本人だったが、山本が1歳の頃に父親は朝鮮戦争で戦死。

芸名の「リンダ(Linda)」という芸名は、アメリカ人の父親に生前付けられた愛称。


5歳の時に神奈川県横浜市に転居。

1962年(昭和37年)に雑誌『装苑』のモデルオーディションを受検したことをきっかけに、人気モデルとして活動。

1966年(昭和41年)、高校在学中の15歳の時に、ミノルフォンレコード(現:徳間ジャパンコミュニケーションズ)より遠藤実作詞・作曲のシングル「こまっちゃうナ」で歌手デビュー。

大ヒットし翌年、『第18回NHK紅白歌合戦』で初出場も以後鳴かず飛ばず。


1971年(昭和46年)、キャニオンレコード(現:ポニーキャニオン)に移籍。

同年7月から同年12月まで東映制作の『仮面ライダー』(毎日放送)でライダーガールズのマリ役として出演、大ヒットし高視聴率を獲得。認知度も子供達のみならずお茶の間全体で上昇。

1972年(昭和47年)、「どうにもとまらない」を発表し、へそを出して歌う大胆な衣装、情熱的で激しいダンス、扇情的な歌詞の内容で今まで以上の大ヒット。

同年、第14回日本レコード大賞作曲賞、第3回日本歌謡大賞放送音楽賞、有線放送大賞夜の有線大賞を受賞。また第23回NHK紅白歌合戦にも5年ぶりにカムバック。

しかし、1970年代後半から再び人気が低迷。山本を陰で支えた最愛の母が自宅浴室で事故死(享年50)し、山本自身も所属事務所から解雇されて、地方の小さなスナックなどでのドサ回りをすることに。


1980年代後半に米米CLUBが山本の楽曲をカバーしてライブで演奏したほか、1990年(平成2年)にはテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』の番組内で主人公・まる子が山本のモノマネをしたことなどから再ブレイク。

(ちなみに1995年8月6日放送の「まる子フェスタしずおかへ行く」の回で本人役で出演。)

更に自身の曲をハウス調にセルフカバーしたアルバムや、REMIXアルバムが続々オリコンチャートにランクインし翌1991年(平成3年)の第42回NHK紅白歌合戦にも久々に登場(通算5回目)。

1997年(平成9年)、テレビアニメ『新・天地無用!』の主題歌「夢はどこへいった」を発売、約20年ぶりにシングルランキングでもオリコンチャートへ復帰。


2001年(平成13年)5月、7歳年上の大学教授・稲葉光彦と結婚。

2005年、代表作の歌詞(ほぼ英語詞)と曲調やリズムといったテンポをアレンジした「どうにもとまらない〜ノンストップ」が発売され、テレビアニメ『レジェンズ-甦る竜王伝説-』のエンディングテーマに採用。(自身もゲストキャラとして1度だけ出演。)

以後も「どうにもとまらない」は様々なアーティストにカバーされている。


熱心な創価学会信者で、芸術部の女性部長を務めており教団の宣伝DVDにも出演している。


外部リンク

山本リンダ公式HP

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    頼間リヨ

    読む

pixivision

カテゴリー