ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:富山敬(初代)→青野武(二代目)→島田敏(三代目)、少年期:一龍斎貞友、若い頃:泰勇気、 演:モト冬樹

1898年10月3日生まれ、O型、まる子及び、そのさきこ、その従姉弟あけみ、ひろあきの祖父、そのひろしの父、その祖母こたけ

さくら家の中で唯一が明確に描かれている(厳密には他のキャラにも鼻はあるものの、アニメ内では省略されている)。

優しい性格をしているが、その優しさが仇となってまる子によく利用され、すみれ(まる子の母)や妻のこたけに怒られることもしばしば。また、息子のひろしに対しては厳しい態度をとることが多いものの、仲は悪くない。

俳句好きで「友蔵、心の俳句」を度々詠む。

山口百恵が大好きで、カエルカニに詳しかったり、またサクランボについても調べたりするなど生き物が好きな一面もある。

若い頃に病気で亡くした友人がいる。


たまちゃんのお父さんが重症レベルでカメラ趣味にのめり込んだ全ての原因は結果として友蔵だったりする。



余談

モデルは作者の祖父と言う事になっているが、作者によれば「性格は正反対。意地悪で冷たく、(家族の中では)一番嫌っていた。」作中の好々爺である友蔵は寧ろ「自分の理想のおじいちゃん」を具現化したものである、との事。因みに作者が高校2年の時に老衰で亡くなっており、ムンクの『叫び』に似ていた死に顔を見て作者の姉は大笑いしたそうである。ちなみに、この祖父については作者のエッセイ『もものかんづめ』「メルヘン翁」で詳しく書かれている。なお、このエピソードは作中の好々爺な友蔵のイメージを読者が最も抱いてた為に当時非難されたらしいが、作者は当時の辛さを含めた謝罪をしたという。

またちびまる子ちゃんの前身ともいうべき作品「うちはびんぼう」で描かれた祖父は友蔵と同じ外見だが終始何を考えてるのかわからない「ぼ~っ」とした表情しかしておらず特にセリフもない。


関連項目

ちびまる子ちゃん


サイタマ…そっくりさん

磯野波平:30分後のアニメに登場する、には優しいが息子には厳しいキャラ。

関連記事

親記事

さくら家 さくらけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389663

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました