ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:佐々木優子
演:宮崎美子(ドラマ版)

概要

さくらこたけとは、お姉ちゃんまる子の祖母で、友蔵。72歳。
ひろしの母親で普段はとても温厚だが怒ると怖い。
家にいることが多く、作中では他の家族と比べて登場回数が少なめ。
若い時は、とても美人であった。イケメンの初恋の相手がおり、両思いだったらしいが戦争で死去してしまった。
さくら家では、唯一藤木のことを笑ったり卑怯呼ばわりしていない人物でもある。

特殊能力

一回だけ分身の術を見せた。すみれのお箸を原料にテレビのチャンネルを変えるときに自分はまだ飯を食べていたいからという信念で二人目のおばあちゃんにチャンネル変更を任せていた

余談

こたけ役の佐々木氏は放送開始当時20代後半にして72歳の老婆役を演じており、30年程経過した現在でもいまだに本人の作中年齢に届いていない。まる子役のTARAKO氏よりも1歳年下であり、さくら家のキャストではお姉ちゃん役の水谷優子氏の次に若かった(水谷氏の後任の豊嶋真千子氏の方が若いため、現在では下から通算3番目となる)。

さくらももこ氏曰く、実際のさくらの祖母は何でも「薬になる」と言うのが口癖で、火鉢に落として灰まみれになった餅やカビの生えたパンを平気で口にしてしまったという。(漫画やアニメでも実際に「薬になる」とカビの生えたパンを食べている)それでもお腹を壊したことがない鉄の胃袋の持ち主だったそうだが、いつも腐ったものを食べていたかというとそうではなく、普段は赤飯と甘納豆が好物の普通のおばあちゃんだったという。

関連タグ

ちびまる子ちゃん

関連記事

親記事

さくら家 さくらけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「さくらこたけ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20158

コメント