2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

CV:富山敬(初期のエピソードのみ)→ 飛田展男(富山氏の没後である1995年以降すべてのメディア作品で担当)

解説

たまちゃんの父親で、フルネームは穂波真太郎(ほなみしんたろう)という。
カメラを撮るのが大好きで、特に「たまえ~!」と言いながら、娘をパシャパシャ撮りたがるため、「もうっ!! お父さんっ!!」と怒鳴られたり、呆れられたりするのが定番。さくら家の人々からも引かれることもある。
当初は非常にマトモな性格で、たまちゃんの質問にも真面目に答えるなど理想の父だった。しかし、潮干狩りの回で友蔵の言った一言をきっかけで、たまえメモリーを作ろうと考え、娘の写真を撮りまくるようになってしまった。マトモな頃は出番が少なかったが、写真を撮るようになってからは出番が増えていった。ちなみに仕事はサラリーマンでカメラマンではない。とは言え、実はカメラ好きが高じて、カメラマンに転身したがったこともあったが、さすがにたまちゃんには涙ながらに止められている。
大人として駄目な所が多い。

関連タグ

穂波たまえ 大野君 さくらひろし大人気ない

ケント・スワンソン (デッドライジング)…自分の撮影行為を最優先として、撮影行為に熱中する余り、次第に狂気染みた行動を見せるサイコパスのカメラマンという共通点がある。ただし、たまちゃんの父親はカメラに夢中になるあまり、周りが見えていない迷惑行為程度であるが、ケントは撮影勝負に勝ちたい目的のために手段を選ばないようになってしまい「人間がゾンビ化する瞬間」を撮るために、無関係な人を拉致してゾンビ化させようとするなど、たまちゃんの父親以上に危険な人物である。

関連記事

親記事

穂波たまえ ほなみたまえ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「たまちゃんのお父さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283635

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました