ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV大山のぶ代(1969年10月5日~1970年1月25日)→高橋和枝(1970年2月1日~1998年5月10日)→冨永みーな(1998年5月17日~)

3月11日生まれ。身長143cm。
サザエさんの主要キャラクターの一人。波平フネの長男、マスオの義弟、サザエの実弟、ワカメの実兄、タラオの叔父、波野ノリスケの従弟。

典型的な昭和のヤンチャ坊主として描かれるサザエの実弟。
厳しい姉の目をかいくぐり、お菓子のつまみ食いや遊ぶことに余念が全く無く、そのため低迷を続ける成績には父・波平に「バカモーン」のカミナリを落とされることがもはや日常茶飯事お約束となっている。
ただし、波平曰く「カツオの成績が芳しくないのは、勉強する意味が全く分かっていない」だけで、逆にその意義を見出せば、彼は優等生にもなれるのである。
動機は不純だが、波平の懐中時計欲しさに徹夜をしてまで勉強した結果、100点満点をテストで取ったこともあるが、名前を書き忘れたために0点というオチが付き、その懐中時計は残念ながらお預けとなってしまったエピソードもある。
つまり、彼はやる気を出せば必ずやれる男であり、決して落ちこぼれではないことが、そのエピソードが実証している。

普段は少し身勝手でかなりずる賢い少年として描かれるが、ここぞと言う時は抜群な発想と思いやりで家族に尽くす。
ただし短慮な性格が災いしてなのか、せっかくな心尽くしが最後の詰めで残念な結果になることも多々ある。
基本的には家族思いのよき息子であり弟であり兄であり甥であり叔父である

原作では、波平に叱られる事が少なく 逆に波平の弱みを握って小遣いを要求するなどブラックな一面もある、大人が舌を巻くほど気が利く、世渡り上手なませた子供としての側面が大変強く、
アニメとは違って彼の発想や機転は、成功におわることが多い。ただし、要領はよくとも子供らしい無知さや、早合点の癖のために失敗をやらかすこともしばしばある。また恋愛面では、普段な気が利かせ方が充分に発揮できず、失敗することも多い。
長期連載であった為、戦後間もない連載初期のカツオは実は磯野家の子供では確認できる範囲で戦時下を経験している設定である。(戦時中の思い出を語ってる回がある)
また、意外と女装が様になる特技(?)がある。

いたずら好きで早とちりしがちなのはアニメと共通しているが、同時にかなりしっかりとした性格で、思いつきで動く者が多い磯野家の中では、堅実な方であり、子供っぽいサザエに対して大人びたカツオという対比になっているシーンも多い。


原作でのみの髪型

イガグリ頭がトレイドマークなカツオであるが、現在なタラちゃんと同じ刈り上げ頭だったことが実は一回だけある。

関連イラスト

あたしが一番
IS(いそのかつお すとらとす)



関連タグ

カツオ サザエさん  よくできた弟 やる時はやる男

関連記事

親記事

磯野家 いそのけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「磯野カツオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 745074

コメント