ピクシブ百科事典

磯野藻屑源素太皆

いそのもくずみなもとのすたみな

サザエさんの登場人物。幕末の人。

磯野家のご先祖で、九州某藩の家臣。原作では波平の祖父に相当する。見た目はちょんまげ以外波平そっくり。

武士であるが、「お彼岸におはぎ38個を食べた」ことで殿様に褒められたという。その血か磯野家はおはぎが好きである。

時々波平の夢に出て「庭に小判のかめをいけておいたぞや」などとウソをついたり、仏壇のお供え物にケチをつけたりするがなかなかこの一家を気に入っているようだ。

コメント