ピクシブ百科事典

磯野波平

いそのなみへい

「サザエさん」の登場人物で、磯野家の家長。
目次[非表示]

概要

CV:永井一郎(1969年10月5日2014年2月9日)→茶風林(2014年2月16日~)

サザエさん』に登場するキャラクター。磯野家大黒柱で、3姉弟の父。
現代の感覚ではかなり老けて見えるが、年齢はまだ54歳。原作では明治生まれであった。誕生日は9月14日で、唯一誕生日が明確に分かっている人物である。ハゲ頭の天辺に一本毛が特徴。現代っ子のワカメ、タラオは蛍を見たことがない。そこでマスオが義父の波平を利用して蛍を説明したことがある。「いいかい こっちがお尻なんだわかる!?」
九州の福岡出身であるが、九州弁を使った描写が一度もない。

趣味は晩酌囲碁(初段位)、盆栽(かなり詳しい)、釣り(下手の横好き)、俳句(かなり悩む)、(上手)、ゴルフ(うまくない)、骨董品の収集(見る目が無い)、長唄、料理(時々手を出す)など多彩である。

アニメ版では、一家の長としての貫禄がある頑固親父。「ばっかも~ん!」と叫んで子どもたちを黙らせる「昭和のカミナリ親父」のテンプレとして描かれている。原作では逆に威厳のない父親として描かれており、家族を叱るシーンもあまり多くない。たまにサザエやカツオを叱った時もやりこめられるという「いじられキャラ」としてのピリッとしない描写が目立つ。サザエからは連載初期には「パパ」と呼ばれていた。

これはアニメ版が波平を「昭和30~40年代まではいた、古臭い父親のイメージ」で描かれているのに対して、実際の昭和30~40年代に連載された原作版が「(当時の)イマドキの父親のイメージ」で描いていることの違いである。

カツオがある旅館養子にと望まれた時には泣いて止めるなど、親子の愛情は人一倍強い。

アニメでは身長178センチと設定されており相当の長身...のはずだが、フネと並んでいる様子などを見るととてもそうは見えない。原作では連載初期の役職は「局長」であったがいつの間にか平社員に降格していた。アニメでは山川商事の課長と、かなり出世している。ご立派。

兄弟に双子の兄の海平(カツオ・サザエ・ワカメの伯父)と妹(ノリスケの母)がいる。

失敗・悪戯・醜態などを犯すカツオサザエノリスケに対し、「バカモン!」「けしからん!」「いい加減にせんか!」と怒鳴るのはアニメでよく見られるワンシーン。 だが孫であるタラオイクラには大変あまい。家族以外を怒鳴ったことは数回。後は丸めこまれる内弁慶。

あまり知られていないが、フネと結婚した若い頃は髪がフサフサでメガネをかけていなかった為ワカメはある時目にした若い頃の波平の写真が同一人物と信じられず、フネは波平と再婚したと思い込んでしまっていた。

余談

長年波平の声を担当した永井氏の急逝だった為、永井氏の死後に最初に行われた収録現場では波平役が空席のままで行われた為かカツオ役の冨永みーなが思わず号泣してしまった出来事があり、サザエ役の加藤みどりが見かねて叱咤激励する事態になっていたという。
そして急遽抜擢された茶風林氏はその回では一番最後に声をあてたという。

実は原作初期は波平自体に名前が設定されていなかったとされている。波平の名前はアニメ化の際に付いたとも言われている。

関連イラスト

磯野波平
お父さん


関連タグ

磯野フネ 磯野 親父 頑固親父

老害大人気ない・・・ネットでの反応

pixivに投稿された作品 pixivで「磯野波平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1168810

コメント