ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

その他曖昧さ回避

サザエさん』の登場人物。

波野イクラ


音楽ユニット『YOASOBI』のボーカル。

ikura/幾田りら


概要

の卵の加工品。より正確には、産卵寸前でバラバラになりかけた鮭の卵巣をほぐし、卵粒だけを選り分けて塩漬け、醤油漬けにしたもの。食用。

名称はロシア語で「魚卵」を意味する語икра(ikra,アクセントが語尾にあるのでイクラー↑↑と発音される)から転化したもので、ロシア語のикраは、「硬い殻を持たない卵全般」を指す言葉で、魚類・両生類・軟体動物のや一部の昆虫の卵さえも含まれる広範な概念である。これに対して鳥類や爬虫類に見られるカルシウム質の殻を持つ卵は、ヤイツォーЯйцоという別単語で表される。そのためロシア人に単に「イクラ」と言えば「で、何のイクラの話?」と聞き返されるだろう。日本で単に「イクラ」と言われる鮭の卵はロシア語では「クラスナヤ・イクラ(=赤いイクラ)」と言われる。高級食材のキャビアであれば、チョールナヤ・イクラ(黒いイクラ)という、そのまんまな言い方で表される。派生的な語意として、(魚卵をすりつぶしてペーストにすることが多かったため)ペースト状の食材のことを元が魚卵であるかどうかにかかわらず「イクラ」と表現したり、人体のふくらはぎ(魚の卵巣に形が似る)をイクラと言ったりする用法もあるという。


卵粒がバラバラになっていない卵巣を塩漬けしたものは「筋子」(すじこ)と呼ばれる。


イクラといえば鮮やかな赤色をしているのが特徴だが、これは親となる鮭が主な餌とする甲殻類の赤色色素が定着した結果であり、鮭の身が赤いのと同じ原理である(これ自体はサケ科の仲間全般の特徴)。

そのためヤマメイワナといった一生を淡水で過ごすため身に色が殆どつかないサケ科の仲間の卵は綺麗な黄色をしている。

これを加工したものを黄金イクラと呼ぶこともあり、商品化もされている。

関連記事

親記事

サケ さけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1918053

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました