ピクシブ百科事典

サザエさん

さざえさん

『サザエさん』とは、長谷川町子原作の漫画にして国民的長寿アニメ番組。世界で最も長い期間放送しているアニメとしてギネスにも認定されている。
目次[非表示]

主人公に関しては、フグ田サザエの項へ。

概要

日曜日の夕方に独特の髪型(※戦後間もない頃に流行したヘアースタイル)の主婦裸足で野良猫を追いかけたり、年の割には頭髪の少ない父親が息子を叱ったり、ペットのが果物の間に挟まって腰を振ったりするテレビアニメ…というのは冗談で、サザエとその家族や周囲の人々の日常を描くホームコメディ。幾度となく実写ドラマ化もされている。

原作は終戦直後(1946年)からオイルショック直後(1974年)まで夕刊フクニチ朝日新聞などで連載された長谷川町子作の4コマ漫画。ジャンル的にはホームドラマだが、舞台はフグ田家と妻の実家の磯野家の複合大家族というやや特異な設定で、サザエとカツオの年齢が異常に離れているために、カツオとワカメがマスオ・サザエ夫婦の子と間違えられることがよくある(ただし、戦後まもない頃は、このくらいの年齢差の兄弟姉妹はそれほど珍しくなかったらしい)。原作でも初期にサザエがマスオと結婚してタラオを生んだほかは家族の基本的設定はほぼ一定である。

下記に詳しいが、アニメと原作漫画版では雰囲気がかなり異なる。
原作者自身はアニメ版に対してはかなり否定的な態度を取っていたともされるが異説もあり、自分がこの世を去っても続けてほしいとも。
実写映画・ドラマも過去に製作・放送されている。

原作漫画

サザエさん2
サザエさん 秋


新聞に連載された『サザエさん』作品は、いずれの新聞に掲載された作品をも一本化して、姉妹社(1993年に廃業、現在版権は長谷川町子美術館が保有する)より単行本化されている。全68巻。

「時間が止まったようなノスタルジックで優しい世界」の空気感を大切にしているアニメ版とは全く雰囲気が異なり、「戦後から高度成長期の混沌とした激動と不安を笑い飛ばす」ような勢いのある作風となっている。基本的にはほのぼのしたノリが大切にされているが、毒を感じさせるブラックなオチになることも多い。

キャラクター性格も異なり、特にカツオが知性派に描かれていること、タラオがやんちゃなこと、ワカメが相当にお転婆になっていること、波平の間抜けさと頼りなさが強調されていること、フネの気性が激しいことが主な違いである。サザエがタラオを罰として倉庫に閉じ込める、フネが波平を追いかけ回して馬乗りになって頭頂部の毛を切ろうとする、波平がカツオとワカメにやり込められるなどのシーンもある。

そしてアニメ版との最も大きな違いは、磯野一家はその時代の最先端の流行にとても敏感な家庭として描かれているところである。もしも原作漫画が今も続いていれば、カツオがドローンでいたずらしたり、タマの一日が動画サイトに投稿されて世界の人気者になったりしたのだろう。
新聞に連載されている漫画という形式上、磯野家はリアルタイムの世相を反映して常に変化していくことが宿命づけられているキャラクターたちだったのである。

また既存の『サザエさん』から特に面白い(と作者の言う)作品を選び抜いた『よりぬきサザエさん』や、ショートストーリー形式の『別冊サザエさん』も同社より刊行されている。
現在入手しやすいのは、『サザエさん』全68巻を45巻に配分し直した朝日新聞社刊行の文庫版『サザエさん』であろう。ただし、差別用語や反社会的内容が含まれるネタが入っている作品については文庫版には未収録となっている。(後述)

また、あまりにも時事ネタかつ楽屋オチな内容で、その日の新聞とあわせてリアルタイムに読まないとまったく意味がわからなくなる作品については姉妹社版にも未収録。

長期連載だった為、最初期から再晩期はかなり画風が変化している。その為『サザエさんのニセ本が出ている』と作者の下に送られてきたのが初期のサザエさんの単行本だったというエピソードがある。

ちなみに作者・長谷川町子の最後の作品は『サザエさん旅あるき』という題名であるが、この作品自体は作者の旅行エッセイであるため、『サザエさん』作中のキャラはほとんど登場していない。

なお、原作がアニメよりも毒が多いことを示す例として「原作版では磯野家はヒロポンを常用しているからいつも幸せそうにしている」というネタが語られることがあるが、これは誤認である。ヒロポン描写があるのは長谷川町子の別作品である『似たもの一家』であり、つまり犯人は伊佐坂家の皆さまである。ちなみに名誉のために補足しておくと、そのネタが初掲載された時点では合法薬物であった。

新聞漫画ゆえに時事ネタは上記のように当たり前だったが、なんと原作・アニメ共に磯野家の面々は東京オリンピックをサザエさん時空により年を取らずに二度経験する貴重なキャラクターとなってしまっている。原作では1964年東京オリンピックが、アニメ版では2020年東京オリンピックがリアルタイムで行われた/行われる年となるのである。

実は原作の磯野家の間取りは明確には定まっていない。4コマ漫画である為背景が必要最低限に簡略化されていたりする為。後述のテレビアニメには無い時代の流れで洋室が登場したりする。
トイレは時代的には比較的早く洋式を採り入れている模様。

テレビアニメ

サザエさんログ2


1969年よりフジテレビでアニメ版『サザエさん』の放送が始まる。当初は『トムとジェリー』のようなドタバタコメディ劇だったが視聴者からの苦情が相次ぎ、ほどなくして過激なドタバタ調は影を潜め、1975年ごろから現在のようなほのぼのホームドラマに落ち着いた。

ちなみにAmazonプライムで第一話から配信されているが、暴力罵声が当たり前のように飛び交うのはともかく、現在では少なくとも地上波では放送できない表現(き〇がいなどの放送禁止用語、精神病院ナチス敬礼などなど)が多い。かつてその中の「75点の天才」はリバイバル放送された事があるが、これでもギリギリレベル。原作者である長谷川町子がアニメ化に否定的だったのはおそらくこの頃のもの。また、こうなった原因の一端は脚本の辻真先氏にあると思われる。

2019年でアニメ放送50年となるが、現在の路線が固まってからは、放送が始まった1960年代頃の雰囲気が常に保たれており、現代の時代設定と合わなくなった場面も数多く見られる。

劇中でも、

  • ダイヤル式の黒電話が現役(携帯電話は登場済。なお、黒電話は使えなくなったわけではない。21世紀の今も現役で黒電話を使っている人は存在している)
  • 波平達が通勤で乗る電車がいまだに103系(厳密には外観は1500番台に近いが正面非貫通で旧型国電の様な前パン車だったりドア数が4つと3つが混じっている上走行音は何と吊り掛けである。実車の103系は首都圏では2006年に完全引退している。だが何故か新幹線や旅行先の地域の電車、気動車はそれなりに新しい車両に変わっていたりするが、それでも近場の大きな駅ではやはり583系485系等の特急が発着している(但しこれらの形式はまだ全滅していない)。なお、火曜版OPでは当時山手線の主力だった205系が描かれたこともある)
  • ほっかむりを冠って風呂敷を抱える泥棒がいる
  • 家の近くの道路が舗装されていない
  • 学校などで未だに体罰が行われている
  • 女性キャラが女性語を常用(だが、原作およびアニメ初期はそうでもなく、女性キャラの蓮っ葉な口調が目立つ)。
  • 上下関係が現在よりも明らかに厳しい
  • デパートなどでのお出かけは正装
  • 登場するバスが明らかにノンステップバスではなくモノコックバスである
  • 家はおろか職場にもパソコンが無い(礒野一家などのレギュラーキャラが使ってないだけでゲストキャラが使うシーンはある)
……など大変な時代遅れであるが、もはやそれ自体がお約束となっている。

ただ、注意しなくてはいけないのは、別にこのアニメは1960年代という過去の時代を舞台にしているわけではないということである。一応、このアニメは放映されているリアルタイムの時代を舞台にしていることになっている。磯野一家とその周囲が、たまたま昭和の匂いを残したライフスタイルを送っている、というだけの話なのである。

一説には、家電メーカーの東芝が長らく1社スポンサーとして提供していたため、東芝が作っていない電化製品は取り入れないという暗黙の了解があったらしい。つまり作中に電化製品をできる限り出さないようにしていたら、アニメ版の作風が固まった1970年代中頃から現実世界の風景との「ズレ」が目立ちはじめ、平成に入る頃には完全な時代錯誤になってしまったというわけである。

ただし、初代OPでは逆説的な東芝への配慮が見られる。
まず「お魚くわえたドラ猫 追っかけて~」のくだりで想像されるサザエさんが振り回しているものは、リアルタイムで見ていた世代でさえホウキ包丁だと思いこんでいるが、実は掃除機であった(しかも90年代の小型軽量化ブーム以前のバカでかいキャニスター型)。
また、OPのアウトロでは長らくそのまま東芝の提供通告になっていたが、初代では東芝のロゴは白をバックにクリーム色の文字という、色目立ちしないものだった。しかし、これは要するにカラーテレビだと見やすいということを意識した配色なのである。
放送開始当時、フジテレビはまだ同年3月に新作映像を完全カラー化したばかりで、当然再放送などモノクロ放送も多く組み込まれていたため、初代OP後の提供通告は「カラーでお送りいたします」とサザエ(加藤みどり)による告知も加えられていた(75年辺りからサザエとタラちゃんによる告知になったが、複数社提供への変更と共にサザエのみに戻った)。
ちなみに、1979年3月までのOPでは筆記体の「 Toshiba 」ロゴが使われており、漢字ロゴと併用している。その後は79年4月から84年3月までいわゆる東芝サンセリフ体(ただし80年頃のOPでは現行ロゴとその下に「明日をつくる技術の東芝」のキャッチコピーというパターンだった。「エネルギーとエレクトロニクスの東芝」というキャッチコピーへの変更に伴い、TOSHIBAロゴのみとなった)、同年4月の社名変更時により現行ロゴ(ただし87年頃、並びに96年8月25日放送分ではサンセリフ体らしき書体でローマ字表記の「SAZAESAN」が使われていた)。
ED後の提供読みは長らくフジテレビのアナウンサーが担当していたが(73年9月30日放送分の時点では当時入社8年目だったフジテレビの野間脩平アナウンサー、83年頃は女性アナウンサーによる告知だった)、こちらもサザエによるアナウンスに変更されている(99年3月27日放送分までの一社単独提供時代はサザエとタラちゃんが担当)。ED後の提供クレジットは基本OPと変わっていない(ただし、「エネルギーとエレクトロニクスの東芝」時代は途中から「E&Eの東芝」に省略・変更されている。複数社提供になってからは背景がOPと異なっているものの、クレジットに変わりはない)。

現在ではそういうスポンサーへの配慮はほぼなくなっているはずだが、「昭和のノスタルジックな雰囲気」が定着し、作風が固定化されてしまった。2007年3月18日の放送では荒川静香が作中のスケート選手として実名(本人役)登場したり、2016年10月9日放送のエピソードではデジカメが出てきたり、2018年11月25日の放送ではマスオの勤務先の人間がノートパソコンを使用するシーンがあり、ネットニュースやまとめサイトにも取り上げられるくらいに大きな話題となったりする。

東芝が長年メインスポンサーを務めており、1999年3月までは1社単独提供だった。その後複数スポンサーとなり(87年10月4日放送分から試験的に実質的な複数社提供を行っていた)、近年の業績不振や2015年の歴代社長3人による粉飾決算が発覚した事をきっかけに2018年3月25日放送分を最後に降板した。

アニメーション製作がセル画からデジタル彩色に移行する中でも、昭和の雰囲気を残すため長らくセルに拘り続けたテレビアニメ作品であったが、2013年9月29日放送分を最後に、セルの使用を取りやめて完全デジタル化した(2005年10月にハイビジョン化してから段階的にデジタル制作を行っていた)。実はそのちょっと前の時期から「最近のサザエさんは絵が汚くなった」という苦情が殺到していたらしい。その時期というのは地上波アナログ放送の完全停止が騒がれていた時期。この時期に多くの家庭がフルHD以上の解像度の大型テレビに買い換えたのだが、あまりにはっきりと映像が映るようになったことで、多くの視聴者が今まで温かみを感じていた手塗りの荒さを、汚いと感じてしまうようになったのだ。
ただ、HD・ビデオ撮影の弊害であると言うならば、従来通りSD・ムービーフィルム撮影で制作した後アップスキャンして放送するという手もあったはずだが、当時はまだ東芝がメインスポンサーだったため難しかったのだろう。
サザエさんが完全デジタル化に移行したことで、日本製のテレビアニメからセルを使用したものは消滅した。

また長寿アニメの宿命なのか、近年は磯野家を筆頭とする主要キャラクターを演じるキャストの交代が顕著になってきており、2019年現在の時点で放送開始時から出演し続けているのは、サザエ役の加藤みどり氏とタラオ役の貴家堂子氏の御二方のみである。

日曜日の夕方の代名詞というだけあって、昔から「サザエさんを見終わると、明日からまた学校・仕事へ行かなければならないという現実に直面して憂鬱になる」と言われている。これはサザエさん症候群とも言われており、2chではこれをネタにした、俗にいう「月曜日」のAAが数多くつくられている。

次回予告

サザエさんのジャンケン素材


番組の終わりにサザエがジャンケンをするのが恒例となっているが、これは1991年10月20日放送分から開始された。それ以前は、サザエがピーナッツなどを投げ食いして「ん、がっくっく」と喉に詰まらす仕草をするというものだったが、実際にこれをマネた子供が喉に食べ物を詰まらせて窒息死するという事故が発生したことで、現在のジャンケンに差し替えられた。というのはデマであり、実際には上述のようなマネをして事故にならないように切り替えた(要するに良い子はマネしないでねと言わせておきながら変えたことになる)。なおかつて発行された「磯野家の謎」(東京サザエさん学会著、絶版)という本によれば、スタッフが「あのシーンももう長いから」という理由も付け加えて変えたらしい。

参考

フジテレビ日曜夕方6時台アニメ一覧
なお、フジテレビ日曜夕方アニメでサザエさんと同時に1969年に放送開始したのはなんとあの懐かしアニメとして有名な「ハクション大魔王」と「ムーミン(1969年版)」である。サザエさんがどれだけ長く続いているかおわかりであろうか?

再放送サザエさん

1975年4月から毎週火曜日夜7時から「まんが名作劇場 サザエさん」の題名で再放送され、ローカルセールス枠にも関わらずほとんどのフジテレビ系列局で再放送され、系列外の番宣ネットのサザエさんは当初はこちらの方だった。
また、必ずしも放送順に再放送されていた訳では無く、放送話は適宜シャッフルされていた。
名探偵ホームズ藤子アニメ等の並み居る裏番組を全て蹴散らす程の優良コンテンツであった。
しかし、1994年以降プロ野球中継の増加や火曜ワイドスペシャルの拡大放送に伴い、十分に放送されなくなり、1996年春に関西テレビが一足先にネットを打ち切り、末期はマトモに放送されなくなり、1997年11月に突然再放送が打ち切りとなり、「長谷川町子美術館との契約切れ」と公式発表されているが、特番休止多発に長谷川町子美術館関係者が激怒したのは容易に想像が付く。

キャラクター

昭和の人々は(現在の感覚では)老けるのが早かったらしく、サザエやフネ、波平は設定年齢より遥かに年上に見える。そのためもあって、カツオやワカメは波平とフネの孫でマスオとサザエの子供と間違えられやすい。

原作とテレビアニメでは、キャラクターデザインがかなり違い、上述の通りキャラクターの性格付けも大きく異なっている。詳しくはサザエさんの登場人物一覧を参照。

主題歌

「サザエさん」作詞:林春生 作曲 編曲:筒美京平 歌:宇野ゆう子
皆さんお馴染みのあの曲。日本人ならほとんどの方が歌える曲であろう。オープニングの中で、サザエさんが気球に乗って日本全国を旅しているのが定番となっている。アニメ放送時に流れているのは1番と3番である。
「サザエさんのうた」作詞:保富康午 作曲・編曲:渡辺宙明 歌:堀江美都子、サニー・シンガーズ、コロムビアゆりかご会
火曜日版で流れていた曲。当時火曜日版を観ていた人にとっては懐かしい思い出である。

  • エンディングテーマ
「サザエさん一家」作詞:林春生 作曲・編曲:筒美京平 歌:宇野ゆう子
原作の4コママンガを再現したような映像が使用されている。最後の場面でサザエさん一家が小さな家に駆け込む映像もお馴染みとなっている。
アニメ放送時には2番前半と3番後半が使用されている。1番ではなく2番と3番が使用されているのは、磯野家が平屋であるにもかかわらず1番の歌い出しが「二階の窓を 開けたらね」となっているためである(これは、歌詞の内容がアニメでの設定ではなく、原作での設定に基づいていたため)。

なお、アメリカの音楽グループである1910フルーツガム・カンパニーの曲「バブルガムワールド」が特にイントロ部のモデルになったのでは?という指摘もあるが、実際のところはどうなのかは不明。

余談

最終回の都市伝説と事実

長期掲載漫画作品かつ長寿アニメである事から、最終回にまつわる都市伝説が複数語られていたが、結論から言うとサザエさんは一度は正式な最終回を迎えた事がある
これは長谷川が福岡時代に新聞掲載していた頃のサザエさんで迎えたもので、福岡時代の最終回はマスオとサザエの結婚で締めくくったものである。
そして東京にて執筆再開したサザエさんは後に作者都合による打ち切りで原作は終了した。
福岡時代の最終回は単行本収録されなかった事や、単行本(姉妹社版)も長らく絶版扱いになっていた事もあって事実確認が困難に近かった事もあるらしい。
この事は90年代に東京サザエさん学会が調査した「磯野家の謎」で明確になった。
これと似たケースなのがあのドラえもんである。
また、アニメ版はフジテレビの火曜日に放送していた再放送版である「まんが劇場 サザエさん」が改編期で終了している。

なお、都市伝説として語られている最終回の一つに「磯野家の面々が海外旅行で乗った飛行機が海に墜落し、それぞれ名前の元となったものに変わる」というものがあるが、これと非常に似た話が姉妹社版サザエさん68巻(最終巻)に収録されていたショートストーリー「ひょうりゅう記」として存在した。
大まかに説明すると、海で客船(?)沈没から脱出した波平・サザエ・カツオ・ワカメがどこかの南の島に漂着した。4人はその島でサバイバル生活を始め、ヒョウを手製の檻に捕獲しようとしたが失敗して逆にその檻に避難する始末。今度は波平が弓矢を作り狩りに出かけるが、なんと人喰い人種達に見つかってしまい捕まってしまうも、サザエの機転で友好的になり貰ったボートで島を離れた・・・が、実は貸ボートの上でサザエが見ていた夢オチだった。

ここで都市伝説の方に話題を戻すと、都市伝説でも波平・サザエ・カツオ・ワカメの名前は出てくるのにフネ・マスオ・タラちゃんが何故か出てこないところから、この最終回として語られているのはこの「ひょうりゅう記」が元ではないかと推測される。

ちなみにこの「ひょうりゅう記」は姉妹社版でも68巻(最終巻)の初版にのみ収録されていたらしく、珍しく収録作品としては別冊サザエさんと同じショートストーリーであった(※1)。その後の重版で削除されており、朝日新聞出版が復刻したシリーズ長谷川町子全集のいずれにも収録されていない。おそらくは現地民の描写が「黒人の人喰い人種」として描かれた事によるいわゆる黒人タブーに引っかかた事からだと思われる。いわゆる封印作品である(※2)。
しかし、2010年にこれに描かれていなかったフネ・マスオ・タラちゃんも追加し問題の現地民を原始人っぽい外観や磯野家の面々が捕まったのが無断侵入に怒った事にするなど大幅に設定変更したアレンジ回がアニメで放送されている。

※1…68巻で収録されたサザエさんの作品でも最後になる。
※2…同じく68巻には「ひょうりゅう記」の次に「町子かぶき迷作集」も収録されているが、こちらは残っている。

きれいなサザエさん

日清食品カップヌードルの2018年テレビコマーシャル「HUNGRY DAYS」シリーズにて、まさかの青春アニメ版サザエさんが制作・放送され、視聴者の度肝を抜いた。
キャラクターデザインは漫画家の窪之内英策
詳しくはアオハルかよを参照。

関連イラスト

サザエさん
お父さん
ただいま
おかえり



なおpixiv内ではネタイラストがほとんどを占めており、純粋に作品を描いたものは極めて少ない。

カツオオオオオ!!
バカモーーーン
タイコおばさん
センシティブな作品



関連タグ

4コマ漫画 日常系 ホームドラマ シットコム(シチュエーション・コメディ) ブラックジョーク

長谷川町子 朝日新聞 雪室俊一

サザエさん症候群 サザエさん時空 日曜ジャンケン戦争

外部リンク

公式サイト
フジテレビ
Wikipedia
貴重な初期フィルム作品をデジタル化!

関連記事

親記事

長谷川町子 はせがわまちこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サザエさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14310907

コメント