ピクシブ百科事典

フグ田サザエ

ふぐたさざえ

フグ田サザエとは、『サザエさん』の主人公。 旧姓は、「磯野」。
目次[非表示]

CV・・・加藤みどり和久井優(2017年カップヌードルのCM)

概要

永遠の24歳。お魚咥えたどら猫を裸足で追っかける程のおっちょこちょい。独特な髪型(連載開始期に流行ったパーマ)をしている(※)。

流行遅れになり変えようという案も出たが定着してしまったためそのままに。なお、髪型を解くと実は肩までかかる程のロングヘアーだったりする(母フネも同様)。

性格は子供っぽく(というのか子供そのもの)元気で明るく嘘を全くつけないお人好しで、サッカー野球等をカツオたちとやり合うほど快活なお姉さん。そのため身内は勿論、近隣や町内な人達からも大変好かれるいる。ただし、はしゃぎすぎて醜態を晒すと波平に「バカモーン」と大喝をよく入れられたりもする。上述したように行動力が男以上に快活すぎても、女性語を常用して会話する辺り、女性としての最低限の嗜みはしっかり有している。それは波平とフネの教育と躾けの賜物であろう。

フグ田マスオと結婚して一時は家を出て実家近くの借家で暮らしていたが、マスオが大家といざこざ(木の塀を薪にしようとした)を起こしたため、両親と同居することに。
報復同然にマスオの留守に来て「家は売れたから出てってくれ」といった大家を、「出てけだと?!なめるな!やるか!ジジィ!!」と「倍返し」の復讐とばかりにフルボッコにしている。

同居しイタズラされているせいなのか、実弟磯野カツオの教育方針にいろいろ口出しをする。

一人息子であるフグ田タラオがいる。また、原作では「サザエさんの10年後」という漫画でヒトデという娘も登場している。

旧姓・磯野。
原作では連載当初は独身だったため「磯野サザエ」という名称だった
(厳密には間違いとは言い切れない)
アニメでは既婚な状態で開始するため、当初から「フグ田サザエ」である。

実は「サザエさん」は当初作者の福岡での活動で一度最終回を迎えており、サザエの結婚で終わった。

※長谷川町子の実姉・鞠子が「サザエさんうちあけ話」で若い頃にサザエとよく似た髪型をしていた事からもいいところのお嬢さんがする髪型だったらしい。

人称・呼称・言葉遣い・口癖

一人称
  • 「アタシ」メイン
  • 頭が全く上がらない人物の御前や茶道華道の席で大和撫子のように振る舞うとき⇒「わたくし」「あたくし」
二人称
  • カツオ・ワカメ・タラオや従兄ノリスケカツオの友達たち⇒「アンタ」
  • マスオ・年上の人物・頭が全く上がらない人物⇒「あなた」
呼称
  • 年上の人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物・他所の大人たち⇒「苗字・名前・フルネーム+さん」
  • 波平⇒「父さん」
  • フネ⇒「母さん」
  • マスオ⇒「マスオさん・あなた」
  • カツオ・ワカメ⇒「名前の呼び捨て
  • タラオ・イクラ⇒「タラちゃん・イクラちゃん」
  • ノリスケ・タイコ⇒「名前+さん」
  • 花沢・早川⇒「苗字+さん」
  • カオリ・リカ⇒「名前+ちゃん」(イクラ同様、中の人は一緒)
  • カツオ・ワカメの男子友達たち⇒「苗字+くん」
  • 伊佐坂難物⇒「(伊佐坂)先生」
  • 伊佐坂軽⇒「(先生の)奥さま」
  • 伊佐坂甚六⇒「甚六さん」
  • 伊佐坂ウキエ⇒「ウキエさん」
  • 三河屋の三郎⇒「サブちゃん」
言葉遣い
口癖
  • 「サザエでございま~す!」
  • 「カツオ~、待ちなさ~い!」
  • 「またやったわね、カツオ~!」
  • 「なんですって~?カツオ~!」
  • 「カツオ、またアンタの仕業ね!」


家系図

    磯野藻屑源素太皆(いその もくずみなもとのすたみな)
         │
         ~
         ~
   ┌───┴───┐
磯野海平       磯野波平     磯野フネ
               └───┬───┘
                  ┌─┴────┬───────┐
フグ田マスオ      フグ田サザエ   磯野カツオ      磯野ワカメ
    └────┬────┘
        フグ田タラオ    タマ※ペット

余談

カツオやワカメとは「姉としてはあまりに歳が離れ過ぎている」事から、ごくまれに「カツオとワカメはサザエの息子・娘である」と誤解している人が少なくない。もっとも、原作漫画の連載当時は「歳が離れた兄弟・姉妹」がいたのは珍しい事では無かったため、現代の価値観からすれば違和感を覚えてしまうのは否めない点ではある。

自身の名前が題名になっている事から、アニメでも「皆勤で登場している」かの様に思われがちだが、実は「サザエが全く登場しない回」が2話存在し、その2話のタイトルは「ハッピーバースデイ」(1970年5月3日放送。第31回/通算93話)と「ぼくにまかせて」(1972年3月26日放送。第129回/通算389話)である(ただし、2013年11月26日に「カスペ!」枠にて放送された『アニメ・サザエさんの秘密徹底解明スペシャル』では前者のみが「アニメ史上唯一『サザエが登場しなかった』回」として誤って紹介された)。

アニメ版の放送開始から長きに渡ってサザエを演じている加藤氏は、アニメ版の放送開始に当たって番組サイドから「(アニメーター達が精魂込めて原画を描いており、みだりに作品を掛け持ちされたら現場の士気も下がり「主役のための仕事」をしてくれなくなるために)生半可な気持ちで作品に臨んで欲しくないので、役に専念出来るように他の作品から降りて『サザエさん』一本に絞れ」とお達しがあり、当時のプロデューサーからも「自分としては(サザエさんを)10年続けたい。貴女にとって(サザエさんが)百本の出演作にも勝る大切な一本になる様に努力するから自分の言う事を聞いて欲しい」と懇願され、加藤氏も「自分としては『3ヶ月(1クール)で終わるだろうな』と軽く考えていたが、こんなに長く続くとは思わなかった」という趣旨の発言をしばしばしており『大改造!!劇的ビフォーアフター』のナレーターに就任するまで(新作での未知なる役を開拓する意味で)『サザエさん』以外のアニメに出演せず(もっとも、加藤氏はアニメに出ずとも声優としては実写の吹き替えもこなし、舞台女優としても活動したり、ラジオの競馬番組のリポーターもこなしてはいたが『サザエさん』の知名度と比べれば霞んでしまっている節がある)、いつしか「加藤みどりの代表作は『サザエさん』のフグ田サザエ、そして『魔法使いサリー』の花村よし子と『おそ松くん』の松野おそ松と『ハクション大魔王』のカンちゃんである」と称される(先述の「百本の出演作にも勝る大切な一本」に『サザエさん』がなった瞬間)様になった。

関連イラスト

サザエの男
さざえさん




関連タグ

サザエさん 専業主婦 大人気ない 国民的長寿アニメ
浅野温子 観月ありさ 天海祐希:それぞれ、実写版「サザエさん」でのサザエ役を演じたことがある。

関連記事

親記事

フグ田家 ふぐたけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フグ田サザエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213977

コメント