ピクシブ百科事典

クロロ=ルシルフル

くろろるしるふる

クロロ=ルシルフルとは、『HUNTER×HUNTER』のキャラクター。幻影旅団の団長。
目次[非表示]

「全部だ 地下競売のお宝 丸ごとかっさらう」

タグとしてはクロロが一般的。
CV永野善一(1999年フジテレビ版)、宮野真守(2011年日本テレビ版)

この項目は、コミックス最新巻以降の内容を含みます。

概要

悪名高い盗賊集団・幻影旅団の団長。
身長177cm、体重68kg、AB型、26歳、流星街出身。
幻影旅団の総力を挙げて、ヨークシンシティの闇オークションを襲撃、競売品を根こそぎ奪い取る。しかし復讐を誓うクラピカによって団員2人の命を失い、念能力の使用・仲間との接触を封じられる。
その後、除念後のタイマン勝負を条件にヒソカの協力を得ながら除念師を探す。

普段はオールバックだが前髪を下ろす時もある。この時はかなり若返って見える。
ちなみにモデルはラルクhydeである。

性格

冷静沈着で頭の回転が速く博識。読書好きで何らかの本を読んでいることが多い。(ボボボーボ・ボーボボを読んでいたことも)
高いリーダーシップとカリスマ性の持ち主で、団員達を文字通り手足のように統率している。
旅団の為なら頭(自分)を切り離しても構わない」という冷徹な方針を掲げるなど、自らの死もいとわない。
反面仲間を想う気持ちも強く持っており、哀悼や鎮魂に執着するなどセンチメンタルな一面もある。
シルバゼノとの戦闘後は「ありゃ盗めねえや」とぼやくなど、時折青年らしいフランクさを見せる。
ゴンの「何故関わりのない人間を殺せるのか」という問いに対しては「関係ないからじゃないか?」と答えており、特異な思想を持った人物だと伺える。

人間関係

旅団内での彼の信頼は非常に厚く、旅団のルールに背いてでも彼を助けたいと願う団員は多い。
クルタ族を滅亡させた、クラピカの仇。シルバと過去に戦ったことがあり、イルミとは交流がある。ヒソカは彼の力に興味を示し、一対一での決闘目的で入団した。
なお作者のお気に入りキャラであるらしく、0巻でその理由として「クロロは望んで団長になったわけではない」「作品で説明するつもりなので、詳しくはふれませんが」と述べている。
少なくとも団長になったのは自ら立候補したわけではなく、他のメンバーからの推薦であるようだ。

除念師、その後…

律する小指の鎖によって念能力の使用、旅団員との接触を禁じられた。
占いの結果に従い、除念師を探して「東」に向かうとグリードアイランドへと辿り着いた。
クロロは除念成功後のタイマンを報酬に、除念師捜索を非旅団員のヒソカに依頼。
ヒソカはグリードアイランドに来た旅団員と共に除念師との交渉に行き着いた。
作中でクロロのその後は描かれていないが、旅団員による流星街のキメラアント討伐時点で未だに除念は達成されていなかったが、選挙編でのイルミの発言から、少なくともキメラ=アント編が終わる前には除念が終わっていたことが推察できる。

天空闘技場

暗黒大陸編で再登場。天空闘技場で共にフロアマスターとなっているヒソカに対しデスマッチを提案する。
暗黒大陸を巡るストーリーの中、唐突に二人がリング上で向かい合う場面から始まっているため時系列や対決に至った経緯は未だ不明(ヒソカは、「ヒソカを倒すための能力を念能力者たちから盗むためにヒソカとの戦いを今まで避けていた」と推測している。)。

念能力

特質系能力者

盗賊の極意(スキルハンター)

他者の念能力を盗み、自分の能力として使うことができる。盗んだ能力は具現化した本「盗賊の極意」に封じ込められ、盗まれた相手はその能力を使えなくなる。

能力を盗む条件

1.相手の念能力を実際に見る。
2.相手に対象念能力について質問し、相手がそれに答える。
3.本の表紙の手形と相手の手のひらを合わせる。
4.1~3までを1時間以内に行う。

盗んだ能力を使用する条件

盗賊の極意を右手に持ち、使う能力のページを開いた状態にしなければならない。よって、同時に2つ以上の能力を使用することはできない。

盗んだ能力が使用できなくなる場合

元の能力の使い手が死ぬと、盗んだ能力のページは本から削除され使えなくなる。盗まれた念能力を取り戻す方法は、除念を含めて明らかにはなっていない。
またクロロ自身も最近まで把握していなかったが、奪った能力が「死によって より強まる念能力」だった場合、例え能力者が死亡しても本の中に記録されたままとなる。

栞のテーマ(ダブルフェイス)

暗黒大陸編で初登場した「盗賊の極意」に付属する新たな能力。両手を空けて使う能力を盗んだことをきっかけとした調整の結果生まれた。(クロロ曰く「おかげで厄介な制約は増えた」)
具現化した栞を「盗賊の極意」に挟むことで挟んだページに記録されている能力を本を閉じた状態でも維持・使用できる。また栞を挟んだページの能力と開いたページの能力を併用することも可能となる。
この能力により「盗賊の極意」最大の欠点であった「片手が使えなくなる」というデメリットが解消され、体術が大幅に向上した。また、能力を併用することにより様々な強力な戦術が実現可能となった。

盗んだ能力

密室遊魚(インドアフィッシュ)

元使用者:不明

念魚ちゃんといっしょ


念魚を具現化する能力。
念魚は閉め切った部屋でしか生きられず、部屋の気密性が失われると死ぬ(消える)。念魚は肉食性だが、食われても痛みや出血はないため死ぬこともない。この効果は念魚が消えるまで持続する。因みに好物は人肉である。

不思議で便利な大風呂敷(ファンファンクロス)

元使用者:

風呂敷



天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)

元使用者:ネオン=ノストラード

ラブリーゴーストライター



対象者を強制的に移動させる能力(仮称)

元使用者:不明

番いの破壊者(サンアンドムーン)

元使用者:流星街の長老

クロロ


故郷である流星街の長老から盗んだ念能力。
左手の甲でプラス(太陽)の刻印、右手の甲でマイナス(月)の刻印を押すことができ、プラスとマイナスの刻印が触れ合った瞬間爆発する。
刻印自体は一瞬で押せるが威力を最大にするためには対象者に3~5秒程触れ続ける必要がある。
最大威力になると、爆弾化した対象の傍に居る人間さえも粉々に吹き飛ばせる。
現在では死者の念と化しており、一度刻印を刻まれてしまうと、本を閉じようが消そうが爆発するまで刻印が消える事は無い。
流星街では自爆の際に使われていた。

携帯する他人の運命(ブラックボイス)

元使用者:シャルナーク

クロロ


仲間であるシャルナークが使用する操作系念能力。
携帯とアンテナも一緒に所持している。

人間の証明(オーダースタンプ)

元使用者:不明
念で出来た印鑑を具現化し、印鑑を押した"人形”を自由に操作できる操作系念能力。
生物や死体は操れないが、人間のコピーは操作可能。
『携帯する他人の運命』と比べ、操作可能な数は多い代償に余り複雑な命令は与えられないという違いがある。
人間をコピーした人形を操る場合、命令の受け付け方は人形によってバラつきがあり、
「誰かを『殺せ』」と命令すると 原型の人間の性格を強く反映し、最悪命令無視(フリーズ)してしまう欠点がある。
しかし、『壊せ』と命じた場合は何故か人形は一律に標的の首を身体から外そうと襲い掛かる。
操られた人形の首を断つことで人形は機能停止しスタンプも消える。

神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)

元使用者:コルトピ
仲間であるコルトピが使用する具現化系念能力。
主に死体のコピーを作りだし、上記の『人間の証明』と組み合わせて使用している。

転校生(コンバートハンズ)

元使用者:不明

クロロ


発動と同時にクロロの左右の掌にそれぞれ白黒反転した矢印のマークが描かれる。
手で他者に触れることで以下のような効果が発生する
 ・右手で触れる:触れた相手がクロロの姿に変化する
 ・左手で触れる:クロロが触れた相手の姿に変化。
 ・両手で触れる;一瞬にして互いの姿が入れ替わる。
外見だけを変化させる能力なので人格が変化することはない。
見分けるには本物のクロロの掌に矢印(マーク)が残るので、それを見ることで識別可能。

関連イラスト

盗賊の極意(スキルハンター)
団長


クロロ2
クロロ ルシルフル



関連タグ

HUNTER×HUNTER 幻影旅団 グリードアイランド
ウボォーギン パクノダ
クラピカ ネオン=ノストラード シルバ=ゾルディック ゼノ=ゾルディック 
ヒソカ イルミ=ゾルディック

pixivに投稿された作品 pixivで「クロロ=ルシルフル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 868710

コメント