ピクシブ百科事典

目次[非表示]

全部だ 地下競売のお宝 丸ごとかっさらう

概要

悪名高い盗賊集団・幻影旅団の団長。団員No.0。

プロフィール

名前クロロ=ルシルフル
年齢26歳
身長177cm
体重68kg
血液型AB型
出身地流星街
念能力盗賊の極意(スキルハンター)
系統特質系
団員No.0
刺青の位置不明
加入時期初期メンバー
腕力旅団腕相撲ランキング13人中7位
CV永野善一(1999年フジテレビ版)、宮野真守(2011年日本テレビ版)


容姿

額に刻まれた十字の刺青と、両耳のイヤリング、背中に逆十字が描かれた黒いコートが特徴的。
普段はオールバックだが前髪を下ろす時もある。

クロロ
ヒソカとクロロ



性格

冷徹で博識。読書好きで何らかの本を読んでいることが多い(『ボボボーボ・ボーボボ』を読んでいたことも)。
高いリーダーシップとカリスマ性の持ち主で、団員達を文字通り手足のように統率している。
旅団の為なら頭(自分)を切り離しても構わない」という掟を掲げるなど、自らの死もいとわない反面、仲間を想う気持ちも強く持っており、哀悼や鎮魂に執着するなどセンチメンタルな一面もある。

時折青年らしいフランクさを見せ、シルバゼノとの戦闘後は「ありゃ盗めねーわ」とぼやいていた。

何故関わりのない人間を殺せるのか」というゴンの問いに対して「関係ないからじゃないか?」と事もなげに答えていたり、マチの推測ではウボォーギンを殺した鎖野郎を仲間に欲しがる等、特異な思想を持った人物だと伺える。
ややサイコパス傾向の無慈悲さがあり、作中では「殺人中毒者」とも評された。

緋の眼は盗んだ宝の中でも大変お気に入りだったらしい。

人間関係

旅団内での彼の信頼は非常に厚く、旅団のルールに背いてでも彼を助けたいと願う団員は多い。
クラピカにとって同胞達の仇であり、5年程前にクルタ族を滅亡させた。
シルバと過去に戦ったことがあり、イルミとも交流がある。
ヒソカは彼の力に興味を示し、一対一での決闘目的で偽装入団した。

作者のお気に入りキャラであるらしく、0巻でその理由として「クロロは望んで団長になったわけではない」「作品で説明するつもりなので、詳しくはふれませんが」と述べている。
少なくとも自ら立候補して団長になったわけではないようだ。

活躍

ヨークシンシティ編

幻影旅団の総力を挙げ、ヨークシンシティの地下競売を襲撃。マフィアンコミュニティー及び陰獣との正面対決を経て、競売品を根こそぎ奪い取ることに成功する。しかし、復讐を誓うクラピカによって団員2名の命を失い、心臓に「律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)」を埋め込まれたことにより念能力の使用と団員達への接触を封じられる。

グリードアイランド編

占いの結果に従い、除念師を探して「東」に向かいグリードアイランドへと辿り着く。
除念成功後のタイマンを報酬に、除念師捜索を非旅団員のヒソカに依頼。
ヒソカはグリードアイランドに来た団員達と共に除念師との交渉に行き着いた。

作中でクロロのその後は描かれていないが、旅団員による流星街のキメラアント討伐時点では除念は達成されていなかった。しかし、選挙編でのイルミの発言から、少なくともキメラ=アント編が終わる前には除念が完了していたことが推察できる。

暗黒大陸編

天空闘技場で共にフロアマスターとなっていたヒソカに対しデスマッチを提案する。
暗黒大陸を巡るストーリーの中、唐突に二人がリング上で向かい合う場面から始まっているため時系列や対決に至った経緯は未だ不明(ヒソカは「自分を倒す念能力を揃えるために今まで戦いを避けていた」と推測していた)。
本人が「1人殺るにあたり使用する能力数新記録」と言ったのに違わず、審判や観客を利用して大勢の「爆弾人形」を差し向けるという残虐ファイトにより、闘技場全体を巻き添えにしてヒソカを惨殺することに成功する。


カキン王族のお宝を盗むためB・W号への侵入を企てるも、その途中「死後に強まる念の力」を利用して蘇生したヒソカの襲撃により、新たに2名の団員を喪うという悲劇に見舞われる。
ヒソカへの復讐を誓い、船へ潜入すること自体は成功したが、「今にも誰か殺しそうな顔」でその場に座り込むことしかできないほど憔悴していた。

念能力

始めは ただ欲しかった

盗賊の極意
~


特質系能力者

盗賊の極意(スキルハンター)

他者の念能力を盗み、自分の能力として使うことができる。盗んだ能力は具現化した本「盗賊の極意」に封じ込められ、盗まれた相手はその能力を使えなくなる(『基礎を含めた念自体が使えなくなる』のか『発だけが使えなくなる』のかは明かされていない)。

  • 能力を盗む条件
1.相手の念能力を実際に見る。
2.相手に対象念能力について質問し、相手がそれに答える。
3.本の表紙の手形と相手の手のひらを合わせる。
4.1~3までを1時間以内に行う。

  • 盗んだ能力を使用する条件
盗賊の極意を右手に持ち、使う能力のページを開いた状態にしなければならない。よって、同時に2つ以上の能力を使用することはできない。

  • 盗んだ能力が使用できなくなる場合
元の能力の使い手が死ぬと、盗んだ能力のページは本から削除され使えなくなる。盗まれた念能力を取り戻す方法は、除念を含めて明らかにはなっていない。
またクロロ自身も最近まで把握していなかったが、奪った能力が「死によって より強まる念能力」だった場合、例え能力者が死亡しても本の中に記録されたままとなる。

栞のテーマ(ダブルフェイス)

暗黒大陸編で初登場した「盗賊の極意」に付属する新たな能力。両手を空けて使う能力を盗んだことをきっかけとした調整の結果生まれた。
具現化した栞を「盗賊の極意」に挟むことで挟んだページに記録されている能力を本を閉じた状態でも維持・使用できる。また栞を挟んだページの能力と開いたページの能力を併用することも可能となる。
この能力により「盗賊の極意」最大の欠点であった「片手が使えなくなる」というデメリットが解消され、体術が大幅に向上した。また、能力を併用することにより様々な強力な戦術が実現可能となった。
クロロ曰く「おかげで厄介な制約は増えた」とのことだが、天空闘技場でのヒソカとの経た今も新たな制約の内容は現在明らかになっていない。


盗んだか、借りた念能力

密室遊魚(インドアフィッシュ)

元使用者:不明

インドアフィッシュ
密室遊魚


念魚を具現化する能力。
念魚は閉め切った部屋でしか生息できず、部屋の気密性が失われると死ぬ(消える)。念魚は肉食性だが、食われても痛みや出血はないため死ぬこともない。この効果は念魚が消えるまで持続する。因みに好物は人肉である。

不思議で便利な大風呂敷(ファンファンクロス)

元使用者:梟
十老頭自慢の実行部隊・陰獣の梟から盗んだ能力。具現化した布で対象物を覆い、布ごと縮小させる能力。対象物は生物・無生物を問わず、自動車など大きい物体も包めるため、利便性が高い。

天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)

元使用者:ネオン=ノストラード
ノストラード組組長の娘から奪った特質系念能力。
自動書記による四行詩により、対象の未来を占う。
現在は本から記載が消えており、使用不能。
元使用者が死亡したことを暗示している。

対象者を強制的に移動させる能力(仮称)

元使用者:不明

番いの破壊者(サンアンドムーン)

元使用者:流星街の長老


故郷である流星街の長老から盗んだ念能力。
左手の甲でプラス(太陽)の刻印、右手の甲でマイナス(月)の刻印を押すことができ、プラスとマイナスの刻印が触れ合った瞬間爆発する。
刻印自体は一瞬で押せるが威力を最大にするためには対象者に3~5秒程触れ続ける必要がある。
最大威力になると、爆弾化した対象の傍に居る人間さえも粉々に吹き飛ばせる。
現在では死者の念と化しており、一度刻印を刻まれてしまうと、本を閉じようが消そうが爆発するまで刻印が消える事は無い
流星街では自爆用に使われ、長老は流星街の同胞を傷つけた者に対し、この能力で造った人間爆弾を送り込むことで報復をおこなっていた。
刻印が刻まれた物体自体も「死後強まる念」でプロテクトされるため、念で創り出したものであろうが(「神の左手悪魔の右手」で作ったコピーなど)爆発するまで消えることはなくなる……とヒソカは状況から推測している。

冨樫 によると「サンアンドムーン」と「ムーンアンドサン」のどちらを技名にするか悩んだ結果、心の中で叫んでみて、のびの良かった「サンアンドムーン」の方を採用したという。

携帯する他人の運命(ブラックボイス)

元使用者:シャルナーク
仲間であるシャルナークが使用する操作系念能力。
携帯とアンテナも一緒に所持している。
「人間の証明」と比べより複雑な命令を与えることができ、組み合わせることで相手をかく乱できる。また、相手にアンテナを刺してしまえば一発で勝負を決めることができるため、この能力が存在するだけで強烈なプレッシャーを与えることができる。ヒソカ曰く「精神(こころ)を削られる」。


人間の証明(オーダースタンプ)

元使用者:不明
念で出来た印鑑(印影は漢字の「人」)を具現化し、印鑑を押した“人形”を自由に操作できる操作系念能力。
生物や死体は操れないが、人間のコピー(コピー人形)は操作可能。
『携帯する他人の運命』と比べ、操作可能な数は多い代償に余り複雑な命令は与えられないという違いがある。
人間をコピーした人形を操る場合、命令の受け付け方は人形によってバラつきが出る。
例えば「誰かを『殺せ』」と命令すると原型の人間の性格が強く反映されて殺し方に拘ったり、止めを刺していないのに命令を遂行した状態になったり、最悪命令無視(フリーズ)してしまう欠点がある。
しかし、『壊せ』と命じた場合は何故か人形は一律に標的の首を身体から外そうと襲い掛かる(クロロは「元の持ち主の心の闇」だと推察している)。
操られた人形の首を断つことで人形は機能停止しスタンプも消える。

神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)

元使用者:コルトピ
仲間であるコルトピが使用する具現化系念能力。
人間をコピーした場合、「人形」扱いとなるため、上記の「栞のテーマ」「人間の証明」「番いの破壊者」と組み合わせることによって、「指示通りに動く人間爆弾」という大変厄介な物を作り上げる。
作中ではヒソカがあまりにもコピーが多すぎることに困惑する描写があり、コルトピが現場で暗躍したのではないかと物議を醸した。

転校生(コンバートハンズ)

元使用者:不明
発動と同時にクロロの左右の掌にそれぞれ白黒反転した矢印のマークが描かれる。
手で他者に触れることで以下のような効果が発生する。

  • 右手で触れる:触れた相手がクロロの姿に変化する。
  • 左手で触れる:クロロが触れた相手の姿に変化。
  • 両手で触れる:一瞬にして互いの姿が入れ替わる。
外見だけを変化させる能力なので人格が変化することはない。
見分けるには本物のクロロの掌に矢印(マーク)が残るので、それを見ることで識別可能。

関連イラスト

ハンター詰め2
misery.


クロロ2
クロロとクラピカ



関連タグ

HUNTER×HUNTER 幻影旅団

クラピカ ヒソカ

ノブナガ フェイタン マチ フィンクス 
シャルナーク フランクリン シズク パクノダ
ボノレノフ ウボォーギン コルトピ

イルミ シルバ ゼノ

ネオン アベンガネ

流星街 ヨークシンシティ グリードアイランド

クロロ(表記揺れ)…タグとしてはこちらが一般的。

デスノート週刊少年ジャンプで連載されていた同名の漫画に登場する「名前が書かれた人物が死ぬノート」。クロロの演者である宮野氏が同作の主人公『夜神月』の声を担当していた。暗黒大陸編で具現化した本から能力が消えていたことでネオンの死を察した点を「デスノートみたい」とシズクから指摘される。

関連記事

親記事

幻影旅団 げんえいりょだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロロ=ルシルフル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2608071

コメント