ピクシブ百科事典

天空闘技場

てんくうとうぎじょう

漫画「HUNTER×HUNTER」に登場する建造物。またはそこで展開されたストーリー・天空闘技場編。
目次[非表示]

概要

地上251階、高さ991m、世界第4位の高さを誇るタワー状の建物。
1日平均4000人の腕自慢が世界中から集まる格闘技場で、通称「野蛮人の聖地」。観客動員数は年間10億を超える。
その規模の大きさから、多くのスタッフ(実況、受付、案内など)を雇っている。スタッフは帽子シャツにそれぞれ太陽のマークがあるのが特徴。
ほとんどのスタッフはの概念を知らないようで、それは念能力者同士の戦いが多くなる200階以降のスタッフも例外ではない様子。
しかし、なぜか旧アニメ版ではエレベーターガールの女性スタッフ念能力を使用していた。(まあ、闘士からの暴行および痴漢行為に対抗しうる戦闘力を持ってないとスタッフなんかやっていられないのかもしれないが)。
キルアを奪還した後、ゴンキルア修行稼ぎを目的に訪れた場所。
ここでウイングズシと出会い、念能力を取得することになる。

システム

勝てばファイトマネーを貰い、上の階に進む事が出来る。
対戦は全て1対1の形式で行われており、全員が1階からスタート。
ファイトマネーは入階チケットと引き換えにエレベーターのすぐ近くにある窓口で交換してもらえる。当然、上に行くほどファイトマネーも高くなる。
決戦に際しては観客が勝者を予想するギャンブルが行われる。

1〜200階

10階単位でクラス分けされており、勝てば上がり、負ければ下がる。抽選で対戦相手が決まる。試合の勝ち方によって上がり方もインフレするため、キルアなんか一勝で地上から180階まで上がった。
ダウン1点、クリーンヒット1点、クリティカル2点でポイントが付き、KO出来なくても10ポイント溜めればTKOになる。
内部には宿舎があり(旧アニメではキルアが「枕投げをしている」と言っていた)100階をクリアすると専用の個室が用意してもらえる。
ファイトマネーは1階では勝敗に関わらず152ジェニー(缶ジュース1本分)、50階で約5万、100階で約100万、150階を超えると1000万を超す。

200階クラス〜

ようこそ200階クラス【HUNTER×HUNTER】


あらゆる武器の使用が認められる。またファイトマネーは無く、名誉のみでの闘いとなる。
ここより先は念能力者であることが前提になっており、念能力を覚えていない者が挑めばその多くは死に、運が良くても手足を失うことは避けられない。一方、オーラによる攻撃を受けることで負傷と引き換えに念に目覚める者も多いため、それを皮肉って「200階の洗礼と呼ぶ。
申告制戦闘であり、90日の戦闘準備期間の内、闘いたい日に戦闘を行う。一度闘えばまた90日間が与えられる。ただし期間内に戦闘が行われない場合、即失格となり登録が抹消される。登録が二度抹消されると永久追放となり、二度と闘技場に挑むことはできない。
このクラスをクリアするには10勝が必要。10勝する前に4敗すると失格となる。
10勝するとフロアマスターに挑戦することができる。

フロアマスター

21名の最高位闘士のこと。
230階から250階までの各フロアをそれぞれたった一人の闘士が占有している。
フロアマスターに挑戦して勝てばその階のフロアマスターになれる。
フロアマスターになると2年に1度最上階で行われる"バトルオリンピア"に出場することが出来、優勝すると最上階がとなる。

関連タグ

HUNTER×HUNTER
ゴン キルア ヒソカ
ウイング ズシ
カストロ ギド サダソ リールベルト

pixivに投稿された作品 pixivで「天空闘技場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29025

コメント