ピクシブ百科事典

カストロ(HUNTER×HUNTER)

かすとろ

ハンターハンターの登場人物。天空闘技場200階クラスの闘士。
目次[非表示]

概要

CV:岸祐二(旧) / 川島得愛(新)
天空闘技場200階クラスの闘士。
過去にヒソカに敗れ、「洗礼」を受けたことからヒソカ打倒を目標に修練を詰む。フロアマスターに一番近い存在と言われていた。ヒソカと戦い、当初は優勢に戦いを進めるが、分身(ダブル)を使っていることをヒソカに見破られ、敗れ去る。当時のキルアの後ろを取るほどの実力者だった。
ヒソカは彼の敗因を「容量(メモリ)のムダ使い」と評し、本来の能力である強化系と相性の悪い超高度な具現化系操作系の複合能力である分身(ダブル)を使うことを批判した。
アニメ第1作ではヒソカとの試合が(グロいため)大幅に省略されている。

念能力

強化系の念能力者。

虎咬拳(ここうけん)

両手をに模して攻撃する強化系の拳法。両手にオーラを集めて繰り出すことで威力が増大する。
ウイング曰く、カストロの虎咬拳は「すばらしい威力」であり、極めれば随一の使い手になっていたとのこと。

分身(ダブル)

自分の分身を具現化して操る能力。
相手の不意をついたり、数的有利を作り出すことが出来るが、かなりの集中力を要する上、自分が想像する(平常時の)姿を再現してしまうため、戦闘中にできた汚れなどは再現できないという弱点がある。
具現化系操作系放出系能力の複合技。

虎咬真拳(ここうしんけん)

「分身(ダブル)」と「虎咬拳」の複合技。具現化した分身(ダブル)と共に虎咬拳を繰り出す。
敵が分身(ダブル)に気づいていない時は非常に有効な技で、カストロはヒソカとの戦いでこの技を使って優勢に戦いを進めた。だが、ヒソカに分身(ダブル)を使っていることを看破された後は劣勢に陥ったように、能力を見破られれば有効性は極端に落ちる。

関連イラスト

カストロさん
ダブル



関連タグ

念能力 天空闘技場 ヒソカ ドッペルゲンガー

コメント