ピクシブ百科事典

ハンゾー(HUNTER×HUNTER)

はんぞー

漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物。

概要

CV:松本吉朗(1999年フジテレビ版)/岸尾だいすけ(2011年日テレ版)

第287期ハンター試験受験生。
ジャポン出身の忍者で、名前の漢字表記は「半蔵」。18歳。
ハンター志望理由は幻の巻物「隠者の書」を探すこと。
性格は陽気でかつ社交的。非常におしゃべりで、自分の身の上話や本来隠すべきことまで全部話してしまう。

生まれたときから忍法の仕込みを受けていて、その戦闘技術は非常に高い。
ゴンと同年代のころに人も殺している(初代アニメでは一人冥土送りにしていると改変された)と自ら発言しており精神的にも相当に強いと思われる。ゾルディック編終了後のキルアが「実力はオレより上」と語っていたことからも分かるだろう。
念能力の習得もゴン達より先んじている。

しかし饒舌なせいで秘密を漏らしたり、油断して失敗したりとどこか抜けている。それでも失態を挽回できるだけの力は持っている、

287期の実力派ルーキー。
ハンター試験の最終試験にて、ゴンが対戦した。「対戦相手を殺してはいけない」というルール上でゴンがとにかく降参を認めないため、一方的にハンゾーがゴンをいたぶるという形になってしまう。ゴンの決意を認めて勝利を譲ったが、結局ゴンは実力では勝てていない。

試験編以降ほとんど出番が無かったが、選挙編でやっと再登場し元気な姿を見せた。
暗黒大陸編ではカキン帝国のモモゼ王子の警護に契約している。これには裏からクラピカを介している。

関連タグ

HUNTER×HUNTER ハンゾー ハンター試験 ハンター協会
スキンヘッド ハゲ
ゴン レオリオ ポックル メンチ トンパ

コメント