ピクシブ百科事典

本条鎌足

ほんじょうかまたり

「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

cv:竹内順子

概要

十本刀の一人、"大鎌の鎌足"。
外見は美しい女性だが、実は男性オカマキャラ。
敵前逃亡した部下を容赦なく斬り殺したり、(原作では)自分がだと告白する際にいきなり股間を見せたりするなど、男らしい一面も持っている(操曰くのより大きい」らしい)。
(アニメでは股間を見せるシーンはカットされ、口頭で明かす形に変更されセリフも改変されている)
再筆版の設定では、“モノは既に取った”という設定に変更されている。

性格

普段は明るく元気なお姉さんといった感じに振る舞い、十本刀の中では比較的とっつきやすい性格に思える。しかし、その笑顔の下には強いコンプレックスを隠している。
志々雄に惚れているが、男としては宗次郎、女としても由美に勝てないとコンプレックスを抱いており、せめて戦いで志々雄の役に立とうと命を懸けて任務を遂行しようとしていた。
この関係上、由美とは当然仲が悪く、失言の応酬を交わす間柄。また命惜しさに任務を放棄しようとした部下は容赦なく処断する、蝙也明神弥彦に敗れた際は大した驚いた様子も見せないなど、冷酷かつ冷徹な面も持っている。しかし、薫との決戦ではとしての凄まじい覚悟を見せており、「常に自分は本気であり、そうでなければオカマはやってられない」と操に言い放った。

物語への絡み

蝙也、夷腕坊と共に葵屋を襲撃し、巻町操の二人と対決。当初は操を一蹴し、薫を防戦一方に追いやるなど優位に立っていたが、操の策によって鎌の柄を砕かれる。薫と一騎討ちとなり、「」としての本性を現し、大鎖鎌が破壊された時の奥の手弁天独楽(べんてんまわし)で迫る。しかし、薫が放った柄の下段・膝坐(ひざひしぎ)によって膝の関節を砕かれ敗北。こんな情けない姿は志々雄に晒せないとして自害を目論むが、背後から巻町操に気絶させられた。
志々雄戦死後は生き甲斐を失くし、志々雄の後を追おうと考えていたが、沢下条張がその姿を案じて「志々雄様が『鎌足なら俺のいい語り部になってくれる』と言っていた」というを吹き込んだおかげで立ち直り、志々雄のことを語り継ぐために生き抜くことを決めた。その美貌を生かし外国スパイとなる予定らしい。

余談だが、オカマにもかかわらず意外に男子に人気があったらしい。
外見のモデルは『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ユイ
オカマの鎌使い」の設定は、当時作者のアシスタントだった尾田栄一郎の発案。

武器

大鎖鎌(だいくさりがま)

鎖鎌(鎌の柄に分銅がついている武器)を大きくしたようなもの。
薫曰く「軽く見積もって八貫(=30 キログラム)はある」超重量の武器だが、鎌足はコレを軽々振り回している。大鎌に目が行きがちだが真に恐ろしいのは鎖分銅である。たとえ大鎌の一撃を躱し、隙を突いたとしても鎖分銅によって迎撃される。
再筆版では形が変わっていた。

乱弁天(みだれべんてん)
武器を頭上で高速回転させ、鎖と大鎌の波状攻撃で周囲を破壊する。薫を防戦一方に追い込んだが、操が投げた苦無を竹刀で打ち込まれ柄を破壊されることで破られた。

弁天独楽(べんてんまわし)
柄尻で鎖の部分を掬い上げ、高速回転させながら投げる。薫との戦いで武器を破壊された時の切り札に使用したが、柄の下段・膝坐のカウンターにより破られた。

轟弁天(ごうべんてん)
PSP版ゲームのオリジナル技。より強力な乱れ弁天を放つ。

オカマ鎌術(おかまかまじゅつ)
『各国の大鎌の鎌足を検証してみた』の中で登場。どこかの国では技の名前がこんなことになっているようだ。

関連イラスト

腐/るろ剣ログ
本条鎌足


鎌足さん
お団子食べましょう!



関連タグ

るろうに剣心 鎌足 オカマ 性別詐欺
男の娘 女装 女装男子 こんな可愛い子が女の子のはずがない

pixivに投稿された作品 pixivで「本条鎌足」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 612347

コメント