ピクシブ百科事典

明神弥彦

みょうじんやひこ

「るろうに剣心」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

声・アニメ&OVA:冨永みーな、CDドラマ:高山みなみ
演者:田中偉登(実写映画)、彩みちる(舞台)

1868年(明治元年)8月生まれ。血液型B型。初登場10歳。
身長128cm体重23kg。

概要

東京府士族の少年で、明治維新の混乱によって幼くして両親を亡くした孤児
下級武士だった父は彰義隊の一員として上野戦争で戦死し、母は弥彦を育てるために必死で働いた末に病でこの世を去った。
両親の死後は「集英組」というヤクザに拾われ、スリとして働かされていたが、緋村剣心神谷薫と触れ合ってから武士のプライドを取り戻し、ヤクザ連中と手を切った。
(アニメ版では母の治療費を負担してくれた組への借金を返すためにスリをさせられていたことになっている)

プライドが非常に高く生意気な性格で、子供扱いされることを嫌っており、剣心や薫を筆頭とした年上相手にも上記の呼び捨て&タメ口で接している。
しかし、全くの礼儀知らずというわけではなく、誇りを持って気高く生きた両親を「父上」「母上」と呼んで尊敬しており、劇場版「維新志士への鎮魂歌」では自分と同じで父が彰義隊に参加した武蔵野泰春や、彼が慕う時雨滝魅には礼儀正しい態度で接している。
また、最初は稽古をサボることがあったものの、やがて早く一人前になりたいという思いから努力を重ねるようになり、弱者を守るために自分より強い相手にも臆せず立ち向かう勇敢さを持ち合わせている。

集英組と手を切った後、剣心の計らいで神谷道場に入門し、薫の下で神谷活心流を学ぶことになり、剣心達とともに戦う。
少年ながらも常人離れした精神力・身体能力、剣才を発揮し成長していく。
また、見取り稽古で剣心の戦いを何度も見る内に自身も飛天御剣流の技を見様見真似ながら使える様になり、京都編では十本刀刈羽蝙也を倒し、人誅編では六人の同志乙和瓢湖を打ち破り、鯨波兵庫暴走を食い止め、最終決戦では呉黒星の護衛の一人・玄武を破っている。
人誅編後のエピローグでは15歳に成長し、神谷道場の師範代となっている。白刃千本取りを達成し、東日本でも五指に入る剣士として名を馳せていることが明かされた。本人は「日本二の剣士(日本一は剣心)」を自称している。

連載終了後の読み切り「弥彦の逆刃刀」では主人公として描かれており、弥彦が剣心から託された逆刃刀を抜剣している。

逆刃刀を入手したいという思いから牛鍋屋・赤べこで働き始め、そこで同じく従事する三条燕と出会う。
後に剣心からは逆刃刀と彼の信念「不殺」を、左之助からは彼の生き様「惡一文字」をそれぞれ受け継ぐ。作者によれば、ゆくゆくは三条燕と結婚し、息子の心弥を授かるとのこと。
OVA星霜編」では、父への反発から家出した緋村剣路に本当の強さとは何かを教えるため、逆刃刀を持って剣路と対決。勝負の後、自分が剣心からそうされたように、剣路に逆刃刀を託した。

北海道編では、北海道へ赴くことになった剣心の腕が鈍ってないか確かめると、「真剣で人を斬った経験がない自分では逆刃刀を使いこなすことは出来ない」として逆刃刀を剣心に返却。その後、燕に一緒に暮らすことを提案している。

人間関係

弥彦に剣の道を示してくれた恩人。
剣心からは直接剣を教わることはなかったものの、彼からは剣客として、そして一人の男として多くのことを学び、やがて逆刃刀と「不殺」の信念を託されることになる。

弥彦とは神谷活心流の師匠と弟子の関係。
弥彦が「ブス」と言っては薫が怒り、剣心が「まあまあ」と宥めるのがお約束である。
危機的な状況においては、師弟としても姉弟・母子のような関係としても、互いを素直に支える良好な関係を築いていることがうかがえる。
左之助が薫の料理を正直に「不味い」と評するのに対し、弥彦は薫の料理を黙々と食べる。

最初は石動雷十太の弟子だったが、後に神谷道場の同門として肩を並べる。
由太郎の出国により出会ってからの交流した時間は短いながらも、お互いにとって同い年の良きライバルとなる。

牛鍋屋「赤べこ」で共に働く少女。
弥彦とはお互いを異性として意識し合うようになり、上述したように将来は弥彦と結婚して息子を授かることになっている。

派生作品

読み切り版「るろうに」にも登場する。こちらは「神谷弥彦」と名乗り、の弟として設定されていた。髪型も少々異なる。

キネマ版では武田観柳の小間使いとして登場。こちらでは燕の幼馴染という設定で、幼少時代も描写されている。
三条家の借金を肩代わりする代わりに神谷道場の土地権利書を盗み出して来いと観柳に唆されるがこれを跳ね除け、逆上した観柳から暴行を受けるが返り討ちにする。

関連イラスト

【るろうに剣心】 明神弥彦
憧れていた背中に届くまで



関連タグ

るろうに剣心 剣心組
明神 弥彦 緋村剣心 相楽左之助 神谷薫
三条燕 塚山由太郎 蝙也 乙和瓢湖 緋村剣路
もう一人の主人公

人称・口調・呼称

一人称
  • オレ
二人称
  • 「おまえ」メイン
  • 機嫌が悪いとき・激昂したとき⇒「おめえ」「てめえ」
  • 一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物・相手に敬意を払うとき⇒「アンタ」
  • 武蔵野泰春・時雨滝魅のみ⇒「あなた」
口調
  • ヤクザ口調常用
  • 武蔵野泰春・時雨滝魅のみ⇒敬語
  • 武蔵野泰春・時雨滝魅以外の人物⇒敬語を全く使わず、常にタメ口
呼称
  • 一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物⇒「苗字・名前・フルネーム+さん」
  • 親しい人物・快く思わない人物・敵キャラクター⇒「苗字・名前・フルネーム+呼び捨て


関連人物への呼称

関連人物呼称
緋村剣心剣心
神谷薫ブス⇒薫
相楽左之助左之助
高荷恵
巻町操
柏崎念至じいさん
三条燕
関原妙
関原冴
塚山由太郎由太郎
月岡津南津南
浦村署長おっさん
斉藤一斉藤(一)
四乃森蒼紫(四乃森)蒼紫
癋見癋見
ひょっとこひょっとこ
式尉式尉
般若般若
志々雄真実志々雄(真実)
鯨波兵庫鯨男
雪代縁雪代縁
武蔵野泰春泰春さん
時雨滝魅時雨さん
亡くなった両親父上・母上


関連人物からの呼称

関連人物呼称
緋村剣心弥彦
神谷薫弥彦
相楽左之助弥彦
高荷恵弥彦くん
巻町操弥彦
柏崎念至弥彦くん
三条燕弥彦ちゃん⇒弥彦くん
関原妙弥彦くん
関原冴弥彦くん
塚山由太郎弥彦
月岡津南弥彦さん
浦村署長明神弥彦くん
斉藤一小僧
四乃森蒼紫小僧⇒明神弥彦
癋見クソガキ
ひょっとこ小僧
式尉小僧
般若小僧
志々雄真実不明
鯨波兵庫小童⇒明神弥彦
雪代縁小僧
武蔵野泰春弥彦
時雨滝魅弥彦
亡くなった両親弥彦

関連記事

親記事

剣心組 けんしんぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「明神弥彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1029394

コメント