ピクシブ百科事典

シグマ(ダイの大冒険)

しぐまだいのだいぼうけん

シグマは、『ドラゴンクエスト・ダイの大冒険』の登場人物。
目次[非表示]

概要

 超魔生物ハドラーの禁呪法により、超金属のチェスの駒から生まれたハドラー親衛騎団の一人。ハドラーの「騎士道精神」を色濃く受け継ぎ、紳士然とした性格で相手を過小評価せず常に全力で戦う
騎士の駒より生み出された馬頭の槍使いで、力は際立って高くないものの、高い機動力と跳躍力を誇り、槍とは別にあらゆる魔法を跳ね返す伝説の武具シャハルの鏡が胸部に内蔵され、メンバーで唯一、超呪文使いキラーとして機能している。
 
直情的なヒムとは正反対に冷静沈着で洞察力も鋭く、親衛騎団内では大局観に最も優れている(アルビナスフェンブレンも理知的だが、私情に駆られやすい欠点がある)。
切れ者として敵味方共に一目置かれていたポップをして今までで最もやりにくい相手と評される。また、サババでの戦いでマァムの身体能力を素直に評し、大魔宮での対決でもハドラーを守護する目的を遂行する一方、力の根元について互いに語り合い、己の決意を新たにしたその心意気に心打たれ、決戦に敢然と応じる紳士的な一面もある。
 
武器による技巧だけでなく、生まれつき宿されたイオ系呪文による中・遠距離攻撃も可能だが、右手首を切り離しイオナズンと同等波動を直接繰り出すライトニングバスターという技を切り札を持つ。

戦歴

対魔王軍前線基地の港町サババを親衛騎団で襲撃。ノヴァの放ったマヒャドを鏡で跳ね返し、メドローアを準備していたポップを戦慄させる。ダイ一向が全員揃った所で初めにマァムと対決。スピード勝負で優位に戦いを運んでいた。その際、女子で、ここまで応戦するマァムに対し、敬意を素直に払った。

陣形の変更で今度はクロコダインを相手取るも、獣王会心撃で足止めされ、獣王激烈掌を繰り出された事で鏡を左腕ごともぎ取られ。その隙を突きメドローアを放たれるが、ブロックの機転で全員が辛うじて事なきを得た。この威力を目の当たりにしてポップを改めてライバルと認識する。
 

最期

大魔宮での決戦で自ら好敵手と認識するポップと対峙。当初は互いに様子を伺い合うよう戦いを淡々と繰り広げる。鏡によるメドローア反射を懸念する頭脳プレーで、切り札に用意していたブラックロッドで胸から鏡を引き抜かれ、更に右手首を捉えられ発射体勢に移るも、手首を切り離し高速移動で接近。ライトニングバスターで強烈なカウンターをお見舞いする。
互いに頭脳戦を得意とする者同士であったが、この時ばかりはシグマに運があったとも言える。
 
切り札を直撃させ、骨が砕ける音を聞き、死を確信していたが、直後にポップがベホマで全快して立ち上がる。回復呪文を扱う様を見て驚き、「賢者なのか?」という問いに対し「そう、オレを呼ぶなら大魔導士とでも呼んでくれ!!」と返す威厳に闘志を改めて滾らせる。
 
機会を伺うポップは遠ざけられたシャハルの鏡を利用して反射弾を当てようと呪文を放つも、それを既に見越して捕え、逆に反射された光弾をぶち当てる。だが呪文はメドローアではなく、見せかけたベギラマで、最初の一発はわざと受けて油断させる算段だった。
 
その時戦いの場へ駆けつけたマァムに、「彼は今燃えつきる・・・!!」と述べるも、その表情と”消滅呪文”を受けたはずのポップが一瞬の内に消滅せず、”燃えつきる”という自分の言葉との矛盾に気づき、「化かし合い」の結末を察知するが時既に遅く、勝利を確信した隙を突き本物のメドローアを胴体に直撃させられ敗北。

戦いには敗れたが死力を尽くした勝負に満足し、「横っ面をひっぱたく勝利の女神にもよろしく」と、シャハルの鏡をポップに託して爆散。殺らなければ殺られる宿命とはいえ、死ぬには余りにも惜し過ぎる最期をポップは大変悼んでいた。

関連タグ

ドラゴンクエスト 
ダイの大冒険 
ハドラー 

 ハドラー親衛騎団

pixivに投稿された作品 pixivで「シグマ(ダイの大冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1007

コメント