ピクシブ百科事典

フェンブレン

ふぇんぶれん

漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の登場人物。ハドラー親衛騎団の神出鬼没な狩人にして、ハドラーのわずかに残された負の感情の申し子。
目次[非表示]

「ワシは残酷なのだ‼」

概要

大魔王バーンから与えられたオリハルコン製のチェス僧正”に、ハドラーが禁術法で命を吹き込み誕生したハドラー親衛騎団の1人。

全身の8割が刃物になっており、並の武具で攻撃しても逆に武器の方が切れてしまう(オリハルコン製のボディであるヒムの腕すら容易く切り落とせる)。単なるキックやパンチがフェンブレンの場合、オリハルコン製の武器レベルの斬撃になる。

生まれつき真空系呪文を得意としている他、全身を高速回転させ鋭いドリルと化して岩盤、地面を貫きながら相手の虚を突く形で襲いかかる戦法を得意とする神出鬼没の狩人。

人物

元の駒である“僧正”の奇襲性に由来するその能力に依存するばかりではなく、彼我の実力差を見定め格上にも一発逆転を狙う戦術を取る等、戦術眼を持ち合わせている。

性格は普段、騎士精神あふれる他の親衛騎団の歩調に合わせている為、あまり表出ってないが、禁術法で命を吹き込まれた際に、ハドラーの心に僅かばかりに残っていた虚栄や功名心が大きく反映しており、かつてハドラーによって生み出されたフレイザードと同じく、本来の性格は残忍にして弱者をいたぶる事に快感を覚える加虐嗜好者
加えて大変執念深い性格の持ち主だが、卑怯・卑劣を嫌う気概は強く、どれだけ痛め付けても仲間の為に戦うチウを「立派だ」と感じたりする等、歪んではいるものの、一応は戦いに於いての最低限のマナーは重んじる等、凶暴性をより高いレベルで制御している(彼の場合『騎士道精神』と言うより『侠客気質』と言うべきか)。

使用する技・魔法

ツインソードピニング

両腕の剣を合わせた状態で体を高速回転、敵に突っ込む必殺技。ドラクエ版超電磁スピン

バギクロス

フェンブレンはバギ系呪文を極めており、バギ系の最上級呪文も難なく使える。作中では攻撃よりも、敵の動きを封じる時に使っている。

活躍

魔王軍前線基地の港町サババを、他のメンバーと共に襲撃。他の仲間達が押され気味で尻込みしていたポップの目の前に地中から突如として現れ、驚いて咄嗟に殴り掛かった彼の杖を逆に両断してみせた。その後は自分への決め手がないと思っていた彼をジワジワと追い詰める等、この時から既にその残酷さの片鱗を見せている。が、この時すぐにトドメを刺さなかったせいで、後に親衛騎団全員の危機を招く事態になる。
フォーメーション変更時に両陣営が一時集結した際には、ヒュンケルにやられて使い物にならなくなったヒムの腕を切り落とした。シグマクロコダインに腕ごとシャハルの鏡をもぎ取られると、その隙を見逃さなかったポップにメドローアを放たれるも、ブロックの咄嗟の行動により事なきを得る。

先の戦いであまりダメージを負わなかった為、ハドラーに命じられて死の大地へと偵察に来たチウ率いる獣王遊撃隊の前に現れ、隊員を庇うチウを散々いたぶり続けていた際に、偶然その場に現れたバランに両目を潰されて以降、その屈辱からバランを標的に定める。潰された両目は敢えて修復しないまま、決戦に赴く。ハドラーとダイ親子の戦いを邪魔させない為、死の大地でポップ達を足止めする親衛騎団の作戦を、独断無視して離脱(この時、親衛騎団の証であるエンブレムを外し仲間の元に送っている)。

バランを自らの手で葬り去ろうと魔宮の門で親子を迎え撃ち、水中でのバギクロスによる先制攻撃で2人を攪乱。生体反応や超金属の位置を感知して、死角からのツインソードピニングでバランを仕留め掛けるが、ダイの咄嗟に放った『アバンストラッシュ』で頭から真っ二つに切り裂かれ、「な、なんでワシより強い奴が世の中にこんなに…いやがるんだ…気に…入らねえ…‼」と自らより強い者が多く存在する事への憤りの念を抱きながら爆散。親衛騎団最初の殉職者として海底に散った。

関連項目

ハドラー親衛騎団

関連記事

親記事

ハドラー親衛騎団 はどらーしんえいきだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フェンブレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38822

コメント