ピクシブ百科事典

フレイザード

ふれいざーど

漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の登場キャラクターの一人。“氷炎将軍”の異名を持つ。
目次[非表示]

「オレは戦うのが好きなんじゃねェ! 勝つのが好きなんだよ!!」

概要

漫画「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」に登場する敵幹部・六大軍団長の1人、氷炎魔団長
アニメ版の声優は山口健

ハドラーが禁呪法で作ったエネルギー岩石生命体ばくだんいわ等)で、体の中にある核(コア)によって炎と氷の体をつなぎとめている。
外見はドラクエモンスターフレイム」と、氷のモンスター「ブリザード」を真ん中で切って足してごつくしたような姿をしている。名前もこの2体から取られている。
岩石部分は溶岩魔人氷河魔人、顔は爆弾岩から)

若い…というより幼いが故に、自分の存在と勝ちを周囲に認めさせるため、勝利栄光に異常な執着を持つ。さらに勝つためなら手段を選ばない残忍冷酷な強敵で、しかも主君(評価を下す者)であるバーン以外の者は、目上である他の軍団長や造物主であるハドラーにすら一切の敬意を払わない、傲慢な性格。
につけている『暴魔のメダル』は六大軍団結成祝いにとバーンが忠誠心を試すのも兼ねて業火と共に現出させたもの。クロコダインヒュンケルはおろか、ミストバーンバランですら躊躇するほどの灼熱の中に飛び込み、の右半身の大半を失いながらも手に入れた
故に己の命以上に大事にしていたのだが、その栄光への執着故に過去の栄光を捨てて新たな栄光を得るため、ダイたちに追い詰められた際に廃棄している。
フレイザードが倒された後、暴魔のメダルはその場に残されまるで墓碑のようだった。
終盤バルジ島にピラァ・オブ・バーンが投下された際、この暴魔のメダルも消し飛んだと思われる。



「魔王軍の切り込み隊長とも呼ばれ、炎のような暴力性と氷のような冷徹さが同居した性格の持ち主。同時に魔王軍団の中では数少ない軍人的思考の持ち主でもあり、パプニカ三賢者の一人である女性賢者マリンの顔を高熱で焼いたことを卑劣と罵られた際には「傷つくのが嫌なら女が戦場に出てくるな」と、至極全うな言葉を投げつけた(攻め込んで戦場を作り出した側が言うのが何だが)。
また、同じくハドラーによって生み出された親衛騎団と比較された際には「凶暴で栄光だけに執着するクズ野郎」と評されたが、悪役らしい残忍で冷酷な性格でありながらもザボエラのように自分では戦わずに策を弄することはせずに、曲がりなりにも弱肉強食の矜持を掲げ、自ら前線で戦っていた。この部分は創造主であるハドラーと共通している(マトリフが言うには「禁呪法で生み出された者は作った者の精神的影響をモロに受ける」。なので悪役らしい性格ながらも体を張って闘う姿勢を見せたのも必然だったのかもしれない)。

相手を弱体化させる氷炎結界呪法によって一度はダイ一行を敗走させるものの、再度対峙した際にダイの空裂斬によってコアを破壊され窮地に立たされる。

フレイザード戦2


そこに現れたミストバーンに懇願し、授けてもらった魔影軍団最強のと同化、鎧武装(アーマード)フレイザードとして復活するが、完成されたダイアバンストラッシュの前に敗れ去った。

マトリフ曰く、誕生したて(実年齢は1歳前後。六大軍団長で文句なしの最年少である)でレベルが低く助かったが、氷と炎の呪文を同時に使えるほど成長していたとしたらまず勝てなかっただろうとも。

メインキャラクターの中では唯一の早期退場者であるが、左右非対称でインパクトのある外観、メラゾーマ5発を同時に放つ『フィンガーフレアボムズ』や全身を構成する岩石を用いた捨身の全方位爆撃『弾岩爆花散(だんがんばっかざん)』などの必殺技によって読者に強烈な印象を残し、非常に知名度が高い。

関連イラスト

フレイザード
仮面ライダーW?



関連タグ

ダイの大冒険 DQ フレイム ブリザード
魔王軍(ダイの大冒険)
  フィンガーフレアボムズ(五指爆炎弾)
赤と青 アシンメトリー ハーフサイダー
キカイダー ヒートトリガー 轟焦凍

pixivに投稿された作品 pixivで「フレイザード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 681651

コメント