ピクシブ百科事典

レオナ姫

れおなひめ

漫画「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の登場人物。
目次[非表示]

「勝って、ダイくん! 誰のためでもない……キミ自身のためにっ!」
「人間をアンタたち(魔王軍)みたいな化物と一緒にしないで!人間が誇りを失わない限り、アンタたちに牙をむく者たちが必ず現れるわよ!」

CV:久川綾(1991年版) 早見沙織(2020年版)

概説

パプニカ王国の第一王女。
レオナ姫は敬称だが、レオナは名前の重複があるためこちらで記述。
本作のメインヒロイン

王国が魔王軍に襲われた際に行方不明となった父王に代わり、配下と共に国を支えた。
年齢は若いながらも指導力・カリスマ性は相当なもので、確固たる正義の心を持つ勇猛果敢な姫として他国にも名を知られている。
アバンの使徒には憧れを抱いており、もしもアバンが生きていたら色々教えてほしかったとクロコダインに述べている。
そういった思いからか祖国を滅ぼしたヒュンケルを謗ることなく許し、生涯をかけてアバンの使徒として生きるよう諭すなど、度量の広さと寛容な心も併せ持っている。
特に魔王軍による鬼岩城を用いたパプニカ侵攻では、対魔王軍のための国際会議に集まった各国の王が動揺するなかで、主催国の長として毅然とした態度で窮地に対処している。

おれの、あたしの、新しい友達


一人前な賢者となる儀式を行う目的でデルムリン島へ向かいダイと出会い、王国の実権を握ろうと目論むテムジン司教と賢者バロンの陰謀から命を救われた一件がきっかけでダイに好感を持つようになり、アバンにデルムリン島へ赴く様に依頼する切っ掛けを与えている。

記念(改)


正面から戦闘に参加する機会に乏しいため活躍が目立たない一方、先述の通り高いカリスマ性と芯の強さを併せ持つことから、アバンの使徒のリーダーとして味方を牽引する役割を担っている。(司るのは『正義』で魂の色は『白』)
一国の王女である立場から、ダイたちへの公的なサポートを担っており、ダイたちの冒険を支える縁の下の力持ちである。ダイたちが手厚い援助を各国から受け、大魔王バーンと憂いなく戦うことが出来たのも、レオナが世界中の王達と連携を取ったことが非常に大きい。

性格は、相手に対し物事を濁さずにハッキリと言うタイプで物怖じせず、活動的かつオテンバな性格。(ダイと初めて会った時には、『こんなオチビちゃんなのぉ? かっこ悪~~!』
発言してしまっていて ダイからは『性格悪そう』と認識されてしまった)
アポロマリンエイミが『ダイと冒険の旅に出たい』と言われた時には、『貴方達は、国を守らないといけないでしょ?』と諌め諭した。 が、その後小声で『それに、ダイ君とはアタシが (冒険の旅に)行くんだから・・・』と零してしまった。

耳年増な一面もあり、他人の恋愛事情にズケズケと首を突っ込みたがる俗っぽい一面もあり、王族という身分とのギャップ溢れる言動で周囲を呆れさせることもある。
一方で、立場やTPOをしっかり弁えるだけの自覚と分別はきちんとできている。
王族として、指導者としての立場を自覚しつつ、自分を「王国の姫ではなく1人の仲間として見て欲しい」と願い、特に年齢の近い仲間に対しては「姫ではなく名前を呼び捨てにして欲しい」と頼んでいる。

ただ、例外としてポップからは「姫さん」「お姫さん」、メルルからは「レオナ姫」と呼ばれている。
前者は改まった呼び名ではないためおそらく通称として認識しており、後者は基本的にメルルが誰に対しても敬語・敬称付きで接しているためと思われる。
またヒュンケルやクロコダインなど「大人」からの呼称や敬語を訂正する描写はない。

余談だが漫画の表紙と2020年版では茶髪、1991年版では金髪と髪の色が異なっている。

スリーサイズは上から83・53・85。
(解説本「パーフェクトブック・ダイの大冒険」より)
マァムには劣るものの、14歳と言う年齢(そして、それに由来する伸び代)を考えれば抜群なプロポーションである。

レオナ、初めての冒険


劇場版第一作で、怪物(モンスター)が住むデルムリン島を家臣達と共に訪れる。 その時に出逢った人間の少年ダイと一悶着あったが、『この島に、悪い怪物がいないか確かめに行く!』とダイを連れて夜のデルムリン島を冒険する。 夜ということもあって物音に臆してしまう事から始まり、眠っていたキャタピラーを起こしてしまったり、落とし穴に引っかかったり、斜面を滑り落ちることになったり、寝息を立てたサーベルウルフに驚いたりと大変な目に遭う。

更に、地の底から現れたドラゴンに襲われたり バピラスに誘拐されて地の底に祭られていた邪神像の前で複数の怪物達の生贄にされかけてしまった。

戦闘能力

「賢者」と言えば強いように聞こえるが、本格的な戦闘訓練を積んでいないため戦力としてはアバンの使徒はおろかバーンパレス突入メンバーの中でも最低クラス(チウ除く)。
攻撃呪文はそこそこだが、回復呪文はベホマを扱えるなど大変優れており、マァムの一時離脱後はパーティの回復役を受け持つ。他にもザオラルやミナカトールといった高度な呪文を使いこなしており、後方支援役としてダイパーティを支えている。

装備

  • ワイズ・パーム

ダイの装備を見繕うためベンガーナ王国のデパートを訪れた際に購入した装備。指輪が付いた手袋で、装備者の魔法力を増幅させることができる女性用装備。

  • 旅人の服
同じくデパートで購入。見た目が戦闘にそぐわない他の服をポップに却下された末、無難なこの服を選んだ。
なお、試着した衣装は以下の通り。アニメ版では露出度や時世の流れから原作と異なる衣装になっている。アニメ版ではドラゴンクエストの歴史をなぞるようなニクイ演出が成されている。

原作1991年版2020年版備考
1着目踊り子の服踊り子の服天使のレオタード踊り子の服はビキニタイプ。天使のレオタードはSFC版のもの。
2着目天使のローブ女商人(DQ3)風
3着目あぶない水着きぬのエプロン
4着目ぬいぐるみ(DQ3版)男遊び人(DQ3風)
5着目派手な服ネコの着ぐるみ&被り物(DQ11版)着ぐるみと被り物はベロニカの装備→ネコニカ

  • 王家の服
作中では三着登場している。
一着目はデルムリン島上陸時に身に付けていたものでちょっとした装飾品は身に付けてるもののデザイン自体はシンプルなもの。
二着目は不死騎団襲来時に身に付けていたもので、並みの防具よりも高い魔法防御力を備える。パプニカ産の布や貴金属は高品質であることから、売却した場合新品でなくとも20000~30000Gという高値がつく為、ベンガーナのデパートでダイ達の装備購入の軍資金にするために売却された。
三着目はテランからの帰国後、王女として各国首脳との外交に徹するにあたり着替えた服。終盤まで着用。
レオナ愛用の一着で、高い魔法防御力を有する。
バーンパレス突入後は溶かされる、破られるなどしてボロボロになってしまった。
なお三着目の服は当時の少年ジャンプ連載時に募集された読者がデザインしたものを元にしている。

  • カールの法衣
邪気を祓う効力を持つ法衣。破邪の洞窟に挑戦する際、一時的にパーティを組んだフローラ、マァム、メルルも同様のものを着用。

テランでのバラン戦で「太陽」のナイフを失ったダイに下賜していたが、バーンパレス本丸に乗り込む直前に「ダイの全力に刀身が耐えられない」「レオナは魔法とフェザーを除けば丸腰だったため、いざというときの自衛手段がない」などの理由から返却された。大魔王バーンにかすり傷を与え『大魔王とて無敵ではない』ということを証明しダイを精神的に支えた。

劇場版第一作にて使用。 最初は、『デルムリン島に悪い怪物がいないか調べる!』とお守り代わりに持ち出していたが島の最深部に眠る邪神像との戦闘でも使用した。

  • ゴールドフェザー&シルバーフェザー
バーンパレスにてアバンから授かった金と銀の羽を模したアイテム。ゴールドは投擲武器に、シルバーは回復アイテムとして使える。老バーン戦ではダイとの連携でシルバーを使用し、ドルオーラ連発という無茶を行った。

呪文





  • 回復呪文(ホイミ、べホイミ、ベホマ)


  • 解毒呪文(キアリー)

  • 麻痺回復呪文(キアリク)


  • 覚醒呪文(ザメハ)


  • 大破邪呪文(ミナカトール)

余談

名前の由来は「獅子(レオ)」から。
原作者によると「ダイが竜なので虎に引っ掛けようと思ったが可愛くならなかったから獅子」らしい。

イ~ッ!
レオナ姫



原作並びに1991年版では、フレイザード戦終了後の宴でワインを飲んで酔う描写があったが、2020年版ではカットされている。 ※実際にも国によって飲酒できる年齢に違いがあるが、流石に今のご時世、土曜朝のアニメで14歳がへべれけになるのはコンプライアンス的にNGだった模様。

2020年版アニメではベンガーナのデパートのデパ地下にてスライム型の菓子の『スラまん』と『スラタピ』を購入しており、ダイとポップにスラまんを奢り、自身はスラタピを飲用していた。
また、28話でバランに記憶を消されたダイにパプニカのナイフを渡して抱きつくシーンでは、口付けをしたと思われる描写があった。

ザオラルを使用する際は、原作漫画では十字を描いていたが、宗教的なコンプライアンスを配慮して、アニメ版では本家ドラゴンクエストⅧ以降の教会マークを描いている。

関連タグ

ドラゴンクエスト ダイの大冒険
賢者 魔法使い 僧侶 王女 正義 お姫様 深窓の令嬢 パプニカ王国
メインヒロイン アバンの使徒
ダイ(ダイの大冒険) ポップ(ダイの大冒険) ヒュンケル マァム
ダイレオ

アンルシアドラゴンクエストⅩの登場人物。2020年版でレオナを演じることになった早見沙織氏が演じる「勇者姫」

キッス(冒険王ビィト):原作がダイの大冒険と同じ三条陸&稲田浩司コンビの冒険王ビィトに登場する天撃使い。1991年版でレオナを演じた久川綾氏が演じている(ただしキッスは男子)。

ミレーユマリア(DQ5):CDシアターで1991年版の久川綾氏が演じたドラクエキャラ(なおミレーユはライバルズから田中理恵氏が演じている)。

ミーティア姫ドラゴンクエストⅧの登場人物。主人公に好意を抱くお姫様で、ドルマゲスの呪いによって馬の姿に変えられてしまうなど禁呪法を掛けられたレオナを思わせる。

関連記事

親記事

パプニカ王国 ぱぷにかおうこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レオナ姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1130652

コメント