ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

メラミ

めらみ

RPG『ドラゴンクエスト』シリーズに登場する呪文(魔法)の一つ。大玉の火球を相手にぶつけるメラ系の中級呪文。
目次[非表示]

概要

ドラゴンクエスト』シリーズに登場する火炎攻撃呪文

ドラゴンクエストⅢ』より登場し、メラ系の中位呪文にあたる。火の玉で敵1匹に約80ポイントのダメージを与える。特技優勢だった『ドラゴンクエストⅥ』や『ドラゴンクエストⅦ』でも「イオラ」と同様に一定の地位と活躍を保った優等生。
単体攻撃である代わりに威力が高いため、ボス戦や放置すると厄介なザコ敵を狙い撃ちで手早く処分する際に活躍する。各種中位攻撃呪文の中では早い段階で習得できることも特長。中位呪文としては消費MPが少なめなので心置きなく連発できるのも長所となっており、単体攻撃である点を除けば総合的においしい性能となっている。
同系統呪文は「メラ」「メラゾーマ」「メラガイアー」。位置づけは「メラ」と「メラゾーマ」の中間に当たるが他の中間呪文と比べて頭1つ抜けた火力が特徴である。

作品別の性能

初登場時の『ドラゴンクエストⅢ』では効きにくい相手が多く、使いにくい部類の呪文だった。

『ドラゴンクエストⅥ』では魔法使い転職するとすぐに習得できるので、転職可能になった時点で全員に覚えさせると強力。また、「ほのおのツメ」を道具として使うことでも発動できる。ムドー戦で重宝したプレイヤーも多いことだろう。

『ドラゴンクエストⅦ』では『ドラゴンクエストⅥ』と同じく魔法使いで習得できるが、習得ランクが変更されており、星5つの「ようじゅつし」にならないと習得できなくなった。覚えるのが遅くなったとはいえ、今作では耐性を持った敵が少ないため強力なのは相変わらずであった。

ドラゴンクエストⅧ』以降だとムチスキルの「双竜打ち」と比較されて微妙な扱いにされがち。あちらが強すぎるのだが、初見プレイでムチスキルの有用性を認識してないプレイヤーはこちらの呪文のお世話になることが多いが、知ると減っていく。

ドラゴンクエストⅪ』では過去作で見せた良さが悉く消え、消費MPが8と重くなった割に威力の成長も今一つで「ベギラマ」などの複数を攻撃可能な呪文の強化も手伝い使い所が皆無では無いが冷遇気味。

「双竜打ち」が無かったり、あっても威力が出るまで成長に時間がかかる作品では活躍できている。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエの呪文一覧 

同系統の呪文

メラ メラゾーマ メラガイアー

関連記事

親記事

メラ めら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21310

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました