ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:徳丸完(ドラマCD版)/塩屋浩三(ドラゴンクエストライバルズ)

「夢よりもはるかに恐ろしい現実というものを見せてやろう。」

概要

ムドー


ドラクエ6において、物語開始の段階で「魔王」と呼ばれるモンスター。人々の『知識』を喰らうとされる。
バラモスと似た設定を持つ。
物語序盤の大ボスであり、世界征服の野望を持つ。主人公たちはこれを阻止するべくムドーと戦うことになる。

物語のプロローグで、いきなり魔王の城手前という展開に驚いたプレーヤーも多かっただろう。
夢の世界でも、現実世界でもレイドック城近くの城に住み、レイドックの兵士たちがたびたび討伐に出てくるが、ことごとく退けていた様子。

フィールド上のドット絵も、真っ黒い巨体に二つの目がギラリと光っているといった魔王に相応しいものである。
印象的なプロローグや、主人公達を二度も一蹴する魔力、最後まで魔王としての誇りを捨てない精神、立ち振る舞い等々プレーヤーに強烈なインパクトを与えたボスである。

というより、コイツとダークドレアムのせいで、デスタムーアの印象が薄くなっている感じもする。デスタムーアも強力なボスであることは間違いないのだが…。

また、外伝作品でもあるDQM2やイルルカにも登場。
DQ6とのあまりのキャラクターの違いに驚いた人も多いだろう。

能力等

夢の世界

レイドックの南東にある地底魔城の最深部に住む。
戦闘においてはかえんのいきメラミで攻撃を行い、
スカラ、主人公の声真似等での補助も厄介。
ただ後述の本気モードと比べればまだまだ易しい方で、ハッサンの攻撃を軸にしつつ主人公とバーバラのルカニで防御を下げ、さらにミレーユのスクルトを重ね掛けし、バーバラに薬草アモールの水で回復に回ってもらえば、危な気なく戦えるはずである。

実は「ムドー(幻)」という偽物であり、その正体はレイドック王がムドーによって悪夢を見せられたため変異した存在。
幻を操ってすぐに逃げてしまうため、主人公たちが用意したラーの鏡によって正体が判明した。

現実世界

レイドック城北東にある城に住む。
きりさきピエロを伴って登場。
かえんのいきの攻撃に加え、ルカナンで防御力を下げてくることも。
手下を先に倒しても、ピエロやデビルアーマー仲間を呼んで補充する。

現実世界・本気モード

ストーリー序盤における最大の壁
一度ムドーを倒すと、気合で立ちあがり再度勝負を挑んでくる。
こちらはこおりのいきいなずまなど、徹底した攻めの戦法。
補助技も、眩い光や何だかよく解らない眠らせる行動等、厄介。さらにここで全滅すると第一段階からやり直しになる。
反面防御性能は下がっている為、ムドーの城の宝箱にあるほのおのツメを道具として使うと効果的。というよりこれが無いと余程レベルを上げなければほぼ勝てないと言って良いくらい重要な武器である。
ほのおのツメはハッサンのみ装備できるが、彼には直前のイベントで習得する「せいけんづき」があるため、ツメは主人公に持たせておくのが無難。
基本はハッサンの「せいげんづき」と主人公の「ほのおのツメ」による高火力を軸に、ミレーユとチャロモが回復と補助に回るのが最も手堅い。ただし、せいけんづきは命中率が50%程度なため、確実性を求めるならハッサンは通常攻撃を使うのが無難。チャロモはLv13でザオラルを覚えるため、ここまで上げておくと安定感が増す。Lv19で更にベホマを習得するが、ここまでレベルを上げると主人公らが適正レベルを超えてこの後の熟練度上げに支障をきたす恐れがあるため、余程のことが無い限りは推奨されない。チャモロの初期装備の「ゲントの杖」によるベホイミの効果も優秀だが、ミレーユとチャモロは自力でベホイミが使えるため、主人公に持たせてベホイミの枚数を増やすと良い。
またミレーユチャモロが眠ってしまった時のために、アモールの水を買いだめしておくと安心。

余談

他の中ボス達と違い、この本気モードのムドーと戦う時は「敢然と立ち向かう」という専用BGMが流れる。

ちなみに他の中ボスのBGMは「魔物出現」、ザコ敵との戦闘は「勇気ある戦い」。
ムドー以降、ゲーム中においてこの曲が流れる機会はなく、彼の専用BGMとなっている。
ドラクエ史上、ラスボスでもないのに専用BGMが用意されたのは、後にも先にもムドーだけ。
曲自体の良さもさることながら、ムドーの強さ、ドラクエのボスにありがちな「変身」ではなく、ただの根性で立ち上がり再戦するという演出などから、非常に人気の高い曲である。

ただし少年ガンガン連載の神崎まさおみによる漫画版では第2形態が登場する。
こちらは衣装を脱ぎ捨て、羽を生えた二足歩行のドラゴンになった厳つい姿となっている。見た目通りにブレス系の攻撃と強大なパワーを軸にボッツたちを追い詰めた。

また、ライバルズにおいてムドーの声を担当する塩屋浩三はドラマCD版ドラゴンクエストⅤにおいてサンチョの声を務めていた。

関連モンスター

  • ブースカ

魔王ムドーを元に創造されたモンスター。名前が某快獣と丸被りだが多分関係ない。
いわゆるムドーの色違いで紺色である。
ラストダンジョンであるムーアの城やクリア後のお楽しみダンジョン等に登場する。
イオナズンやこごえるふぶきの攻撃、マジックバリアの防御やベホマスライムを呼び寄せたりしてくる。
前作のラスボスと何かしらの関係があるのではないかという噂が一時期流れたことがある。
なお、「鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ」によるとあちらの第一形態の没デザインがブースカになったらしい。つまり、開発的には先にブースカが作られて、その後にムドーが作られたことになる。
マイナーすぎる故にあまり他作品には顔を出さないが、DQMJ3Pで久々に再登場した。

関連項目

ドラクエ ドラゴンクエストⅥ DQ6
デスタムーア:6のラスボス
ムーア:ムドーに似たデザインの個体
ジャミラス グラコス デュラン アクバー:同僚
ハーゴン バラモス ゲマ ドルマゲス:歴代ナンバリングタイトルの中ボス
ダーマ神殿:現実世界で滅ぼした後夢の世界において封印していた施設

もしかして?

織田無道:シドーと並び定番のネタの一つ。
ポケモンの一種・エアームドの略称・愛称。此方はエアムドー、エアムード等と誤記されたのが由来。

ネタバレ

実は魔王の中でも下位の存在であり、真の黒幕デスタムーアの隠れ蓑に過ぎない。表向きは世界征服のために動いているとされるが、真の目的はダーマ神殿を封印し続けることにあった。
冒頭のイベントでは幻術によって主人公、ハッサン、ミレーユを返り討ちにする。しかもこの幻術によって三人は「肉体が石化し、精神体がどこかへ飛ばされてしまった」という状況になった。

関連記事

親記事

デスタムーア ですたむーあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ムドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187462

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました