ピクシブ百科事典

ティアムーン帝国物語

てぃあむーんていこくものがたり

小説投稿サイト『小説家になろう』で餅月望氏により連載されている作品。TOブックスより書籍化されている。正式な作品名は『ティアムーン帝国物語〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜』だが、そちらはタグの文字数30をオーバーしているため使えない。
目次[非表示]

これは、やり直しの物語。
それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなくて……
それを知った時にはすべてが手遅れだった姫殿下。
過去の自分へと逆行転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。
斜陽の帝国の未来を救うため?
内戦により命を落とす多くの兵士のため?
民衆を飢饉から救うため?

否、彼女の目的はただ一つ。
「すべてはギロチンの運命を回避するために!」

概要

小説家になろうで連載されているウェブ小説。著者は餅月望
TOブックスより書籍化及びコミック化されている。
イラストはGilse、漫画は杜乃ミズが担当。
既刊はそれぞれ、書籍版が4巻、漫画版が1巻。

2020年3月、なろう発の作品としては初の舞台化が決定
同時に特設サイトが開設された。
ティアムーン帝国物語 THE STAGE」のタイトルで2020年9月9日~13日に新宿村LIVEにて上演予定。……なのだが、新型コロナウィルス世界的流行によりどうなるのかが懸念される。

いわゆる「やり直し」「死に戻り」系。
中世ヨーロッパ風の世界を舞台に、未来に待ち受ける未曽有の災害や事件、事故を防ぐため……ひいては自身の非業の死を避けるためにあらゆる手を講ずる主人公と、結果的に彼女に助けられ惹かれ信頼し合う登場人物との間の群像劇
基本的に「主人公の目線」と「周囲のキャラクターの目線」が交互に描写されていき、主人公が自分本位かつ率直な理由で取った言動を、周囲の人間はどのように解釈し誤解していったのか、という形で物語が進んでいく。時折ツッコミ風のナレーションが入るなどコメディ要素が強くムードも明るい。細かく丁寧な伏線がいくつも張られているのも特徴。

あらすじ

大国ティアムーン帝国の皇女ミーア・ルーナ・ティアムーンは、重税に耐えかねた民衆の革命により身柄を拘束され、最期はギロチンで処刑されてしまう。
しかし次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。
それも8年前、まだ自身が子どもだった頃。
夢か?と安堵しかけたミーアであったが、なぜか自身と共に未来からやってきた日記帳が、やがて彼女に訪れるであろう残酷な現実を突きつける。
未来の処刑を回避するため、ミーアは奮闘することになる。

登場人物

登場するキャラクターが非常に多いため、メインで活躍するキャラクターを紹介する。他のキャラクターはティアムーン帝国サンクランド王国レムノ王国の各記事を参照。

また一部のキャラクターについてはストーリー展開のネタバレを含む。特に注釈がない限り、年齢は本編にて初登場した時点でのもの。

主人公

ミーア姫


演:平松可奈子
本作の主人公。大陸の二大強国の一つ、ティアムーン帝国の皇女。12歳。
詳細は当該項目を参照。

文庫版第3巻から登場。本作のもう一人の主人公。前の時間軸(ミーアがギロチンで処刑された時間軸)とは別の時間軸から本編の時間軸へとやってきた少女であり、その正体は未来のミーアとアベルの孫娘。作中ではミーアと区別するため「ベル」という愛称で呼ばれる。一人称はボク

処刑される未来を回避したミーアの前に突如『聖女ミーア皇女伝』と共に現れ、未来でミーアが暗殺され、ティアムーン帝国が滅亡することを告げる。

ちなみに、「ミーアベル」という名前は未来のミーアが名付けたもので、本人は「尊敬するお祖母様に付けてもらった大切な名前」といたく気に入っているのだが、実際には祖父母(ミーアとアベル)の名前をそのままくっつけただけという単純なものである。その事実に気付いた本編のミーアは、自分の安直すぎるネーミングに呆れていた。

ミーアの忠臣

以前の時間軸においてもミーアを助け、忠義を貫いた人物。
その経緯故にミーアが心から信頼しており、実際には平凡なミーアを影日向となく助け、彼女を日々、「帝国の叡智」として持ち上げ続ける人々。

演:窪田美沙
ティアムーン帝国のメイド。17歳。赤い髪と青く丸い瞳、鼻先の薄いそばかすが特徴で、素朴な雰囲気の少女。実家は貧しい商家。妹が四人、弟が一人の六人姉弟の長女。
実家の助けになるために、城に働きに出る。
ミーアが楽しみにしていたケーキを転んで床にぶちまけるなど結構なドジっ子
前の時間軸においては、幽閉されていたミーアに面会に来てくれた一人で、最期までミーアの身の回りの世話をしてくれており、面白い創作物語を聞かせてくれていた。

ミーアはその忠義に報いるため、本編の時間軸では彼女を自身の専属メイドとし、自身の腹心・片腕として重用する。アンヌ自身もミーアの信頼と期待に応えるべく献身を惜しまない。

演:佑太
ティアムーン帝国の文官。22歳。優れた内政能力と深い知識を持ち、早くから帝国の財政に不安を抱いていたが、ひどい毒舌家であるため上司から嫌われており、前の時間軸でのミーアにとっても彼に対する印象は最悪であった。
前の時間軸では、将来の国家財政破綻を上司に意見したことが原因で地方への左遷を命じられてしまい、帝都に戻された時には財政は完全に行き詰まっており手遅れだった。革命直前まで帝国財政の立て直しに尽力し、革命後も拘留されたミーアの助命を嘆願していた忠臣で、獄中のミーアはアンヌを通して彼の忠義を知ることになる。

ミーアは彼の忠義に報いるために、本編の時間軸では彼を重用し、その辣腕を存分に振るわせる。
その際ミーアはルードヴィッヒの懸案を予見するかのような指摘を行ったため(実際には前の時間軸でルードヴィッヒ自身がミーアに語った事を丸パクリしたもの)、ミーアを「聡明な人物」「帝国の叡智」と畏敬するようになってしまった。
それ以後はミーアの他愛ない言動を深読みし「きっとこういう事なのだ」とその能力をフル活用して行動を起こし結果を出した後「~~という事だったのですね、さすがはミーア姫殿下、帝国の叡智」と讃えられたミーアが冷や汗を噴き出しながら頷くという状況が様式美となっている。

セントノエル学園の関係者

演:横田陽介
サンクランド王国の第一王子。12歳。
あらゆることに優れた才能を発揮する万能の天才であり、「公正」と「正義」を心がける好青年。
前の時間軸では、ミーアを「無能な統治者」と断罪し革命軍の主導者に助力し、ミーアの処刑にも立ち会った仇敵の一人。

ちなみに、後述のラフィーナも同様だが、以前の時間軸での彼のミーアに対する評価は、実は彼自身がミーアという人間と直接話し合ったり、向き直ったりして下した評価ではなく、彼女の表面上の振る舞いや周囲の評価を元に下したもので、つまりは単に噂を丸のみしただけのもの
この為、以前の時間軸でのミーアに対する振る舞いは、結果的には正しかったものの、実は俯瞰でみるとかなり問題がある。
その為、良くも悪くもミーアという人間の為人を知り尽くしたルードヴィッヒからは、『ただの一度も間違わない理想の君主』とされながらも、ミーアの頑張りを理解できない彼の為に働くのを拒否された。

本編では「帝国の叡智」と称されるミーアを高く評価しており、また彼女との出会いをきっかけに少しずつ心境に変化が産まれ、自身の持つ「公正」と「正義」の在り方を見つめなおすようになる。

演:髙木聡一朗
シオンに仕える文武両道の従者。17歳。元々は戦災孤児で、国王に引き取られて実の息子のように育てられた。そのため、シオンとは兄弟同然に育った仲で、時折主従関係を越えてフランクに接する。偏屈で皮肉屋な一面を持つが、根は忠義に篤く誠実な青年。
事あるごとにシオンやミーアに振り回されており気苦労が絶えない。またキノコに目がないミーアに毒キノコの危険性を説くものの、なかなか聞き入れてもらえない。

演:笠原織人
レムノ王国の第二王子。12歳。優しい少年だったが、剣の腕が重視されるレムノ王国において兄に負け続け、さらにシオンの剣の才能を見せつけられて、諦念にとらわれる。
前の時間軸ではミーアとは関りがなく、希代のプレイボーイとして名を馳せていた。

本編では、ミーアが革命を防げなかった際の亡命先として見初められ、懇意にされたことで自信をつけ、弛まぬ自己研鑽の果てにシオンにも勝るとも劣らない剣術や学問を修めた
また、ミーアとはお互いに相思相愛であるが、現状は友達以上恋人未満の関係。別の時間軸の未来ではミーアと結婚して8人の子供をもうけた。

演:草場愛
ティアムーン帝国の辺境域を治めるルドルフォン辺土伯の長女。12歳。辺土伯は貴族としては格下とみなされており、その逆境をはねのけるべく勉学のみならず、剣術にも通じた努力の才女。
野菜を切るのが得意だが、お料理教室では大皿4皿に大盛りの千切りを作ってキースウッドに内心ツッコミを入れられている。
以前の時間軸では、革命軍を主導し帝国の聖女と崇められる存在であり、ミーアの処刑にも立ち会った、仇敵の一人。

本編では、ミーアは当初彼女との接触を避けたがっていたのだが、紆余曲折あって図らずもミーアにより救われ、彼女に心酔する者の一人となる。

演:河地柚奈
ティオーナに仕えるメイド。11歳。森林の少数民族ルールー族の出身であり、公用語に不慣れであるためたどたどしいしゃべり方をする。弓の名手で身体能力は高い。主人であるティオーナに懐いている。
肉を焼くのが得意だが、お料理教室では調理場のオーブンを使わず中庭の焚き火で焼いており、キースウッドに内心ツッコミを入れられている。
以前の時間軸では、ミーアは彼女のことをほとんど認識していなかったが、実はミーアとの間には浅からぬ因縁があり、リオラはミーアのことを殺したいほど憎んでいた。

本編では、ミーアが学園入学時に図らずもティオーナを助けたことによって接点が生まれ、件の因縁もミーアの機転により未然に防がれた為、彼女に対して好感を抱いている。

ヴェールガ公国の公爵令嬢。14歳。ミーアやシオンのような貴族や王族が通うセントノエル学園生徒会長にして実質的な支配者。

その身分を鼻にかけず、平民にも貴族にも平等に扱い慈悲を注ぐ反面、潔癖な性格で正義を重んじており、容赦なく他者を裁くことが出来る本物の聖女

前の時間軸ではミーアとの接点はほとんどなく、むしろ意図的にミーアと関係を持つことを拒んでいた。革命軍をサポートしていた。

掛け値なしに「友達」と呼べる人物がいなかったが、本編ではミーアと友達になり、その関係を通して彼女自身も救われることになる。

ちなみに、ラフィーナはミーアより1学年上に相当するか、誕生日はミーアが冬(年末に近い時期)、ラフィーナが春先であるため、初登場の時点でラフィーナはミーアより2歳年上である。

ミーアの学園での同級生の一人。フォークロード商会の長を父に持つ。12歳。黒くてもっさりした髪と珍しい眼鏡が特徴。内気な性格でありクラス内でも孤立しがちだが、気心の知れた相手にはしっかりと会話ができる。本が好き。

前の時間軸ではミーアとは何の接点もなかったが、本編では読書友達を欲していたミーアが彼女に声を掛け、そのまま意気投合する。

ミーアより5歳年上の先輩で、初登場時はセントノエル学園の高等部2年生。
騎馬王国の龍族の族長の係累であり、同国の部族の中でも指折りの戦士。セントノエル学園では馬術部の部長を務める。
本編でミーアは、(革命が起こった時の国外逃亡の手段として)乗馬を習うため馬術部に出入りするようになり、そこで彼や馬術部の厩舎にいる馬達と関わるようになる。

ペルージャン農業国の第三王女。

  • タチアナ
ミーアが3年生の年にセントノエル学園に入学してきた少女。深く沈んだ灰色の髪と、濃い緑色の瞳が特徴で、オドオドした態度も相まって小動物のような可愛らしい雰囲気を醸し出している。医者である父親の影響で医療関係に造詣が深く、その父親を5歳の時に亡くしてからは独学で医療の知識や技術を身に付けてきた。

ミラナダ王国の平民出身で、実家はあまり裕福ではなく、同郷の商人シャロークが若い頃に作った奨学金制度のおかげでセントノエル学園に推薦入学することができたという経緯を持つ。初登場した場面では、そのことで同郷の貴族出身である上級生の男子生徒3人に因縁をつけられ絡まれていたところを、偶然通りがかったミーアとラフィーナに助けられている。シャロークに対しては、本来ならば叶わぬはずだった夢への道を開いてくれたことに感謝している。

ペルージャン農業国の関係者

ペルージャン農業国の第二王女で、ラーニャの姉。セントノエル学園の卒業生であり、在学中は植物学を専攻していた。

  • ユハル・タフリーフ・ペルージャン
ペルージャン農業国の国王で、アーシャとラーニャの父親。

ミラナダ王国の関係者

  • シャローク・コーンローグ

ティアムーン帝国の南東にある独立港湾都市「セントバレーヌ」(神聖ヴェールガ公国の飛び地領)を拠点に、大陸の各国に様々な商品を卸している大商人。セントバレーヌの西方にあるミラナダ王国の出身。

冷酷な守銭奴であり、同郷の者からも「金の亡者」として忌み嫌われる一方、商人として駆け出しだった若い頃には貧しい者達に勉学に励む機会を与えられるように奨学金制度を作るという一面も持っており、その奨学金制度で入学・卒業した者の中には彼を尊敬して商人を目指す者もいるほどである。

以前の時間軸においては、大飢饉が起こったことに乗じて莫大な富を築き、やがて「商人王」と呼ばれるまでになった。ミーアはルードヴィッヒと共に彼の元へ助けを求めに行ったが、門前払いされている。

冷酷な守銭奴という人物像は、原作者によると『クリスマス・キャロル』の主人公エベニーザ・スクルージがモデルになっている。

ミーアの日記帳

原作では単なる道具の一つだが(後述)、舞台版は以下のようなオリジナル設定がある。

  • ルージュ
演:竹鼻優太
ギロチンにかけられた「前の世界」のミーアが持っていた日記帳。「今の世界」の日記帳であるブランの兄にあたる。処刑されたミーアの血で赤く染まっている。なぜか転生後も、ミーアは「前の世界」の日記帳を見ることができ、未来に起こることを事前に知ることができる。

  • ブラン
演:山口翼
「今の世界」のミーアが持つ日記帳。「前の世界」の日記帳であるルージュの弟にあたる。まだ白紙のページが多く、「今の世界」のミーアはこの日記帳に新しい人生の日々を書き記してゆく。天真爛漫なところがある。

その他

  • クロノ

演:霜月紫
舞台版オリジナルキャラクター。図書館奥に眠る「秘密の歴史書」を開くことができる「自称・図書館司書」。実際は、帝国の歴史すべてを知る不思議な力を持っている。ミーアに「やり直し」の機会を与えた張本人であり、ルージュ・ブラン・ミーアの「前の世界」での出来事も、彼は知っているらしい……。

  • サンド
演:犬塚達都
舞台版オリジナルキャラクター。アベルの兄ゲインの友人であり同級生。お調子者で、少しワルぶったところがある。目立ちたがり屋で、セントノエル学園では、イベントごとなどで活躍している。

地理

本作の世界では巨大な大陸が存在し、ティアムーン帝国とサンクランド王国が大陸を二分する二大強国と位置付けられている。また、大陸の宗教面における中心国として神聖ヴェールガ公国が存在する。

ティアムーン帝国

本作の世界に存在する大陸の二大強国の一つで、ミーアの故郷。ミーアが死に戻る以前の時間軸では、帝国の財政悪化に加え、疫病の発生や帝国内に存在する少数民族ルールー族の反乱、大陸全土を巻き込むほどの大飢饉の発生と言った社会混乱が立て続けに起き、その状況を少しでも改善すべくミーアとルードヴィッヒは東奔西走したが焼け石に水であり、革命の聖女であるティオーナ・ルドルフォンによって革命が起こった。
本編では、死に戻ったミーアによって斜陽にあり始める帝国を立て直すべく、様々な人物がミーアに協力している。
帝室であるティアムーン家を筆頭に、その血縁で門閥貴族に当たる四大公爵家(グリーンムーン、ブルームーン、レッドムーン、イエロームーンの4家)が補佐する政治体制になっている。

南の辺境地にはティオーナの故郷であるルドルフォン辺土伯領があり、ここには農耕地が広がっている。ルドルフォン領とベルマン領の境界には、少数民族ルールー族が暮らす静海(セイレント)の森が存在しており、この事が時間軸を問わずにミーア、引いては帝国の未来を左右する重大な分岐点になる。

とある理由から反農思想の強い国であり、それに由来して貴族の中でも中央貴族と辺境貴族の間には格差がある。例として、ルドルフォン辺土伯は農民達のリーダーであったティオーナの祖父が、盗賊退治の褒美によって帝国貴族に編入された「成り上がり」であることから、貴族の中でも格下扱いされることがほとんどである(貴族どころか帝国臣民とすらみなされず「農奴の末裔」「植民地人」呼ばわりされることもある)。

サンクランド王国

ティアムーン帝国と大陸を二分する強国の一角であり、シオンの故郷。
実は、王室関係者のあずかり知らぬところで諜報員が暗躍を行っており、特にティアムーン帝国では帝国を崩壊させるために様々な策謀を弄していた。
つまりは、ミーアが後に革命軍によって処刑されることの黒幕。

神聖ヴェールガ公国

大陸の宗教における中心国で、ラフィーナの故郷。大陸の住民に古くから信仰されている中央正教会の本拠地であるため「公国を敵に回すことは、大陸を敵に回すことと同義」とされる。それ故、軍事力を持たないものの絶大な発言権を持つ国。

ヴェールガ公国にある、大陸でも最高の格式を誇る名門校。ミーアやシオンなど、各国の王侯貴族がここに通い、6年間を過ごす。
大陸でも最高レベルの教育機関であり、様々な設備と高度な知識を持った教員が揃い、入学できるのは最低でも貴族の身分を持った人間だけという超絶エリート校である。
そのため、若い時代から各国の重要人物に人脈を作ることのできる外交の練習場という側面を持つ。一方で、内部では非常に強い階級意識が根付いており、平民から貴族へとなりあがった商家の子供や、貴族と言えども低い地位の子供への風当たりは非常に強く、それがいじめにつながっているという事もある。
なお、学校の敷地は湖に浮かぶ島にあり、その島自体が1つの町としての機能を備えた学園都市になっている。生徒や関係者も含めて、島への出入りは数十台の馬車が乗せられる大型船で行う。かつては湖畔と島を結ぶ橋が設置されていたが、学生が全員馬車でやって来る上に、入学書類のチェックや、随伴する使用人の確認などで馬車の大渋滞が発生することが問題視され、現在の渡航方式になった。

レムノ王国

アベルの故郷。大陸における中堅国家であり、二大強国でも無視できない強大な武力を誇る軍事国家。武力に重きを置いているがゆえに、王室関係者は剣の腕前に重きを置き、国を挙げて男尊女卑の傾向が強い。

騎馬王国

神聖ヴェールガ公国の東側に位置する国。騎馬王国というだけあって同国の民は馬と共に生活している。12部族からなり、中でも馬龍の出身部族である龍族は優れた馬術の使い手。

ペルージャン農業国

ラーニャの故郷。ティアムーン帝国の南西に位置する国。その名の通り国土のほとんどが農地であり、国民も農業関係者が多い。食料自給率が低いティアムーン帝国にとっては、この国から輸入されてくる農作物は非常に重要なものとなっている。しかし、反農思想の強いティアムーン帝国ではこの国の存在を軽視する貴族が多い。

キーアイテム

  • 日記帳

ミーアが書いている日記帳。10歳から処刑される20歳までの日々に関する詳細が記載されており、ミーアが処刑される未来を回避するための重要な手掛かりとなる。本編の時間軸に元からある1冊と、前の時間軸からミーアと共に本編の時間軸にやってきた1冊の合計2冊があり、後者は10年もの経年で劣化した上、ミーアの処刑時に付いた彼女の血で黒ずんだ染みがある。

書いてある内容は事実に基づいており、本編の時間軸で書いた内容が変わると、前の時間軸で書かれた内容もそれに基づいて変化するため、歴史の改変による結果がミーアにも分かるようになっている。ただし、あくまでもミーアの視点で主観的に書かれたものであるため、彼女が前の時間軸で深く関与していなかったり関心を持っていなかったりした出来事については全く言及されていない、或いは中途半端にしか書かれていない。そのため、本編の時間軸で実際に問題に直面するまで物事の本質を把握できていないというケースも多く、決して万能とは言えない。

本編の時間軸の延長線上にある未来でエリスが執筆するミーアの偉人伝。本編の時点ではまだ執筆されておらず、ミーアベルのいた時代から彼女と一緒に過去へとやってきた。

その内容は基本的に事実に基づいているのだが、偉人伝というだけあって明らかに美化して書かれた内容過大評価としか思えない内容も含まれており、それを読んだミーア本人が思わず悶絶するほどである。

文庫版第3巻以降においてミーアの日記帳と似た用途で使用されることが多い。ただし、この本の記述が変化しても持ち主であるミーアベルの記憶が改変されたり、ミーアベルの存在が消えてしまったりするようなことは起こっていない

用語

  • 反農思想

農業それに携わる人間を賤しいものと考える思想。ティアムーン帝国の、特に歴史ある序列上位の貴族ほどこの思想を抱いている。そのため帝国領土には肥沃な大地があるものの必要最小限の農地しかなく、代わりに花や綿花といった商業栽培が盛んに行われている。

WEB版第2部(文庫版第3巻)にて存在が判明した邪教結社。

関連イラスト

[ラノベ]ティアムーン帝国物語 ~

[ラノベ]ティアムーン帝国物語 2~


[ラノベ]ティアムーン帝国物語 3~

[ラノベ]ティアムーン帝国物語 4~



関連タグ

小説家になろう
ティアムーン帝国物語〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜…正式なタイトル。

マリー・アントワネット…革命で処刑された王妃。
オーバーロード(アニメ)…主人公が稀代の知恵者と誤解され、あらぬ方向へと物語が進んでいく。
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった……主人公が破滅を避けるために取った行動が、周囲の人々の状況を好転させていく。
君の膵臓をたべたい…なろう原作で実写が先だった作品。こちらは劇場映画化された。

ギロちん

2.5次元舞台化 
タイムリープ パラレルワールド タイムパラドックス

外部リンク

小説家になろう版
コミカライズ版連載ページ
書籍版&舞台版特設サイト
舞台版公式Twitter

関連記事

親記事

小説家になろう しょうせつかになろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ティアムーン帝国物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23542

コメント