ピクシブ百科事典

概要

蠱道(こどう)、蠱術(こじゅつ)、巫蠱(ふこ)などとも呼ぶ。
小さな入れ物の中に大量の生き物を閉じ込めて共食いさせ、最後に残った1匹を呪詛の媒体に用いると言う、何ともエグい呪術。
例えば古文書『隋書』には「畜蠱」(蠱毒の作り方)としてこんな記述がある。

「五月五日に百種の虫を集め、大きなものは蛇、小さなものは虱と、併せて器の中に置き、互いに喰らわせ、最後の一種に残ったものを留める。蛇であれば蛇蠱、虱であれば虱蠱である。これを行って人を殺す。」

日本でもしばしばフィクションに登場する呪術の一つで、「帝都物語」辺りがその代表格と言える。
フィクションの悪の組織が行う「素質のある者達を集め、殺し合わせて、最後に残った者を基に最強の戦士を造る」というのも亜種として認識していいだろう。
もっとも、実際の組織論からいえばコストパフォーマンス・効率諸々から最低最悪の人材育成法であり、余程のブラック企業でもこんなことはしない…と思われていたが…?

関連タグ

オカルト 呪い 呪詛 呪術   バーチャル蠱毒

関連記事

親記事

呪い のろいもしくはまじない

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蠱毒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 384627

コメント