ピクシブ百科事典

別名断頭台。その名の通り、受刑者の首を刎ねるための機械。
名は考案者である医師ギヨタンの英語読みから。正式にはBois de Justice(正義の柱)という。

固定した首に、重く鋭い刃がレールに沿って勢いよく降りてくることで確実かつ迅速、無痛のうちに刑を執行するというシロモノである。
刑の執行の見た目や、使用目的、そしてフランス革命直後の恐怖政治期に乱用されたことから凄惨なイメージがつきまとうギロチンだが、大元の開発目的は死刑囚を苦しめずかつ確実に処刑するためである。
というのも人の首を一刀のもとに切り落とすのは卓越した技術を必要とし、下手なものが行えば中途半端にしか切断できず、罪人は不必要に苦しみながら絶命を待つしかなかった。さらに刑の執行は首の切断を持って完遂とされるため、切り落とせなかった場合は切れるまで何度でも斬りつける必要があり、それが処刑人の精神や体力を蝕むこともあった。また一刀のもとに斬首した処刑人でも、日に十人以上処刑する日もあり、かなりの重労働であったという。
そういった事情から、この装置は死刑囚と処刑人の両方に配慮した実は慈悲深い装置でもあるのだ。
だが、こうして「誰でも」「簡単に」処刑が行えるようになった結果、何万人という人間が首を落とされる結果となったわけで、近代的な「合理的判断」というやつが必ずしも人間に利するものでないということを教えてくれる。
また、口で言うほど簡単ではなかったようで、斬首を目の当たりにした処刑人がショックのあまり心臓麻痺を起こしたという事例も伝えられている。

切れ味を良くするためにルイ16世が自ら「刃を斜めにせよ」と提案したというエピソードがある。後年その「切れ味の良くなった」装置で自らが首を落とされたという事実は皮肉である。なおルイ16世を処刑した際の刃は、今はイギリスのある蝋人形館で展示されているという。
また、恐怖政治の象徴として数々の人達をギロチン送りにしてきたロベスピエールの最期もそのギロチンであったという。なんとまたこちらも皮肉である。

他に廃棄物を少しずつ送りながら千切りのように細かく切断する廃棄物処理設備も見た目や動きが似ていることからギロチンという。

タグとしては、形状の似ているものや重く鋭い刃物、を狙ったプロレス技などに用いられる場合がある。

ギロチンの表情練習



関連タグ

斬首 地獄の断頭台 ギロチンマシン中村奈々子

関連記事

親記事

斬首 ざんしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギロチン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4157310

コメント