ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

自分のした事、その結果に対して自分で責任を負う事。
逆に他人のした事の結果に対して自分が責任を負わなくても良いという意味でもあるのだが、そうした事例で肯定的に使用される事は稀である。

2004年に発生したイラク日本人人質事件では、危険地帯であるイラクでボランティア活動を行っていた日本人が現地の武装勢力に誘拐され、日本国が連帯責任者となって彼らの解放交渉や救出活動を行う事になった。これに対して国内では人質の自己責任を問う声が高まり、マスコミ各社や政治家などが救出された人質に対して「救出費用を請求するべきではないか」という意見を発するまでに至った。

これを機に自己責任という言葉が社会に広まったが、意味を曲解して「環境や出生などの外的要因を無視して弱者に的外れな説教を行う」者や「自身の過失を棚に上げ、不利益を齎した相手に責任を覆い被せる」者が現れるなど、負の影響が多々残っている。

関連タグ

就職氷河期新自由主義の名のもとに改革が行われた結果だとも言われている

怪談としての自己責任

2ちゃんねるの「洒落にならない怖い話を集めてみない?」スレに投稿された怪談(正確には別の掲示板への書き込みを転載したものとされる)。

詳細な内容は伏せるが、投稿者は冒頭から執拗に「自己責任」という言葉で読み進める事を警告しており、最終的にこの怪談には読んだだけで呪われる危険性があり、他人に読ませることで呪いを回避できる(可能性がある)事が明かされる。

かつて存在していた洒落怖まとめサイトではコトリバコ八尺様などに並ぶ人気作品の一つであり、こうした「読んだだけで呪われる」とされる怪談を自己責任系と総称する事がある。

関連タグ

洒落怖 不幸の手紙

関連記事

親記事

責任 せきにん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「自己責任」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99893

コメント