2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

機動戦士Vガンダム

きどうせんしびくとりーがんだむ

『機動戦士Vガンダム』とは、1993年に放映された、株式会社サンライズが最後に単独制作したTVアニメである。宇宙世紀ガンダムとしては最後年代が描かれているため、モビルスーツ技術も最高レベルに達している。
目次[非表示]

伝説の白きモビルスーツが今、蘇る!

概要

機動戦士Vガンダム』は、1993年4月2日から1994年3月25日までANN系で全51話が放送された。略称は「Vガンダム」など。これまでは名古屋テレビ制作だったが、これより『機動新世紀ガンダムX』までテレビ朝日制作。

STAND UP TO THE VICTORY



アムロシャアが行方不明になってから60年後の宇宙世紀0153年を舞台に、サイド2に勃興したザンスカール帝国と抵抗組織リガ・ミリティアの戦いを描いている。宇宙世紀を舞台にした映像作品(宇宙世紀の正史)としては、本作が劇中時間において最後年代に当たり、「ガンダムシリーズ」の中でも特に重苦しく陰鬱な雰囲気の作品となっている。

もともと「テレビアニメの原点に戻った、楽しいロボットアニメ」を目指して製作されており、主人公の年齢も大幅に引き下げられた。主人公 ウッソ・エヴィンが幼馴染のシャクティ・カリンや憧れの女性であるカテジナ・ルースを守る為にガンダムに乗り込み敵を打ち負かすというストーリーと、子供たちが真似て描くことができるデザインのVガンダムなど子供を意識した製作もなされていた。

しかし、スポンサーの意向に不満を示した富野由悠季の手による皮肉まじりのバイク戦艦の登場(スポンサーは喜んだらしい)、戦略兵器形状がもろにアソコ、映像作品では宇宙世紀最後のモビルアーマー出撃前に爆散、シュラク隊やバグレ隊、ネネカ隊などの登場人物を虐殺する富野演出が炸裂した所謂「黒富野」作品となっている。
また、このような残虐な設定の背景には当時苛烈を極めていた現実のユーゴスラビア連邦人民共和国~連邦共和国の紛争も裏テーマにしていたためで、実際に現地ロケも行われている。

中でもミューラ・ミゲル最期のシーンは視聴者の大半にトラウマを植え付けたことで知られ、本作の製作を通して重度の鬱病に陥った富野監督は、1998年の『ブレンパワード』までTVアニメ監督業を休止する状態にまで追いやられた。

そういった事もあり、富野監督自身も『全否定したい作品』と言うほど当作品には消極的な態度を見せている。何故Vを見てはいけないのかという質問に対し『になるからです』という何かとひねくれた発言の目立つ氏からは珍しく率直過ぎる回答が出たほど。
後年DVD-BOX化された本作のブックレットに富野監督は、『このDVDは、見られたものではないので買ってはいけません!!』という警告のコメントを(買わなければ読めないのに)寄せている。尚、これは同文中において「本当にそういうポスターを張り出してみると、このDVDはきっと凄く売れるでしょう」と締めくくられてる。
Blu-ray化された時も、『何がダメなのか探してみてください』とこの作品は悪いところを見つけてこそ意味がある趣旨のコメントを残している。

しかし、ストーリーとしての出来は決して低くはなく、要所要所は陰鬱な作品として割り切ってみればかなり振り切った内容で楽しめる。
特に終盤の「リーンホース特攻」のシーンはガンダム史上屈指の名シーンの一つとして挙げられており、しばしば語り草となる。
また、戦闘シーン、メカアクションに関してもΖ~逆シャアまで多用され続けたファンネルを棄て、格闘戦や射撃戦のみならず地形を活かした戦術やパーツアタックや光の翼など乗機のギミックや特徴を最大限に活かした斬新で変幻自在な戦法など、最大限に工夫が凝らされており、シリーズの中でも高いクオリティを誇っている。また、前述の通りファンネルは無くなったが、オールレンジ攻撃そのものはファンネルとは違った様々な形で表現されている。

サブやゲストキャラとして登場したキャスト陣の多くは『G』~『X』以降も続投されることとなり、後のシリーズでメインキャラに昇格しているという例も多い。トマーシュ・マサリク役の関智一が、次回作では主人公のドモン・カッシュを演じた例が最も顕著である(なお、その後の『W』でもOZ専属技師のメーザー役として続投されている)。

キャラクターが次々と若くして死亡していったように、キャストも比較的近い年齢同士で構成されてるにもかかわらずクロノクル役の檀臣幸(50歳没)、タシロ役の中村秀利(60歳没)、ストライカー/トランプ役の藤原啓治(55歳没)、偽ジン・ジャハナム役の松尾銀三(49歳没)と早世してる者も多い作品である。キャストのみならずキャラクターデザインの逢坂浩司も44歳で亡くなっている。また亡くなってはいなくともマーベット役の白石文子やオデロ役の中田雅之など出番の多いメインの声優にも声優界を引退済みで復帰が絶望的な人が結構いる。このため、ゲーム作品の参戦にもかなり早い段階からライブラリーや代役に頼らざるを得なかったシリーズでもある。

なお、話数の面でもTVアニメのガンダムシリーズの中で、全51話という『SDガンダムフォース』に次ぐ2番目の話数を持っている。ファーストガンダムは全43話。SEEDは全50話。『SDガンダムフォース』は最大の全52話となっており、SD作品を除いた場合は本作がトップとなる。

ストーリー

地球を汚染させてしまった人類が、宇宙に殖民して、それに十分になじむ時代となっていたがしかし人類は、この宇宙でも地球上と同じように戦争の歴史を繰り返していた--。
宇宙世紀0153年、サイド2のほぼ全域を支配するザンスカール帝国は、長きにわたる統治の末、形骸化、腐敗した地球連邦政府に対し独立を宣言、宇宙における新たな秩序づくりの名の下に地球への武力侵攻を開始する。それはウッソ・エヴィンシャクティ・カリンの住む東欧の不法居住区ポイント・カサレリアもまた例外ではなく、ザンスカールとそれに対抗するレジスタン組織リガ・ミリティアの戦闘に遭遇したウッソたちは、運命に導かれるがごとく戦いに巻き込まれて行く。

周囲の人々を守りたい一心でヴィクトリーガンダムのパイロットとなったウッソは、戦争と言う不条理な現実の中で様々な経験を重ねて行くのだった…。(TVアニメ公式サイトより。)

登場人物

メインキャラ

ウッソ・エヴィンシャクティ・カリン
CV:阪口大助CV:黒田由美
ウッソ
「見てください!」
カテジナ・ルースクロノクル・アシャー
CV:渡辺久美子CV:檀臣幸
センシティブな作品
クロノクル・アシャー


リガ・ミリティア


シュラク隊


地球連邦軍


ザンスカール帝国


その他


登場メカニック

リガ・ミリティア地球連邦軍ザンスカール帝国マケドニア政府軍


※1:アレキサンドリア級
※2:スペースアーク級
※3:ラー・カイラム
※4:漫画版

主題歌

オープニングテーマ

  • 「STAND UP TO THE VICTORY ~トゥ・ザ・ヴィクトリー~」(1 - 31話)
    • 作詞:井荻麟、みかみ麗緒 作曲:川添智久 編曲:神長弘一、川添智久、井上龍仁 歌:川添智久 コーラス:田村直美
  • 「DON'T STOP! CARRY ON!」(32 - 51話)
    • 作詞:西脇唯 作曲:小泉誠司 編曲:福田裕彦 歌:RD


エンディングテーマ


ナレーション

本編:中田譲治
サブタイトルコール:阪口大助
次回予告:黒田由美

関連作品

漫画版


交響組曲第二番 THOUSAND NESTS

  • 千住明
    • 当時のアニメとしては珍しいフルオーケストラを起用しており、スタッフはもちろん作曲家を褒めることもほとんどない富野監督は、曲の収録風景を見学に行って「幸せだ」と感じたという。千住氏は「Vガンダムを担当するに当たって、自分のもつ引き出しをすべて出し切るつもりで臨んだ」と語っている。
    • サウンドトラックはscore1~3が発売されているが、上記の通り富野監督が千住氏の音楽に感銘を受けていたことがあり、score2、3収録曲のタイトルは富野監督自らが名付けている。
    • (例:「春に夏の祭典を」、「スカートの裾が床に触れましょう」)
    • このため、GジェネレーションなどでBGM一覧になると、本作BGMタイトルが浮く
    • アルバム「機動戦士Vガンダム〜交響組曲第二番 THOUSAND NESTS」(演奏:ポーランド放送管弦楽団、指揮:アンソニー・イングリス)を自身の代表作として語っている。
    • 後に大河ドラマ『風林火山』なども手掛けた。


余談

全方位において多数存在する。


関連イラスト

V
メンテナンス


いくつもの愛をかさねて
V2アサルトバスター



関連動画



アイキャッチ


本作のアイキャッチは全て異なっており、全51話×A・Bパート2種の計102枚の静止画で構成され、全部繋げると一つのアニメーションになるというパラパラ漫画方式をとっている。

関連項目

機動戦士Vガンダム Vガンダム 宇宙世紀
木星船団公社 エンジェル・ハイロゥ 
光の翼 ネネカ隊

千住明

シリーズ
機動戦士ガンダムF91機動戦士Vガンダム機動武闘伝Gガンダム

宇宙世紀
機動戦士ガンダムF91機動戦士Vガンダム→宇宙世紀の終焉。リギルト・センチュリーへと移行。

非映像作品
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST機動戦士クロスボーン・ガンダムX-11
『プロジェクト・エクソダス』を描いた長谷川裕一による『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズの続編。『ゴースト』は本作の裏史と言え、『DUST』は本作や『ゴースト』よりも先の世界観が舞台。『X-11』は『DUST』の裏側を描いた作品となっている。

外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

宇宙世紀 うちゅうせいき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「機動戦士Vガンダム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「機動戦士Vガンダム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3336456

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました