ピクシブ百科事典

FAZZ

ふぁっつ

FAZZ(ファッツ)とは模型企画『ガンダムセンチネル』に登場する、試験用MSである。外観はガンダム・タイプそのものだが、総合性能は「張り子の虎」と評される。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高19.86m
本体重量45.4t
全備重量94.6t
ジェネレーター総出力8,070kW
装甲材質ガンダリウム・コンポジット
スラスター総推力118,800kg


機体解説

型式番号FA-010Aアナハイム・エレクトロニクス社がZZガンダムへのフルアーマーシステムと重火力支援システムの実装プランを検証するために試作し、地球連邦軍がアナハイム社の依頼を受けて実用評価試験を行っていた検証用の機体。
よく勘違いされるがフルアーマーΖΖガンダム簡略化・量産仕様機ではない

ZZガンダムのフルアーマーシステムは機体本体の設計段階から並行して開発されており、
本機はフルアーマー状態でのバランス検証が目的の機体である。そのため、内部にはΖΖガンダムのMS形態のみを再現した汎用フレームが使用されており、Gフォートレスへの変形はできない。その他、頭部をはじめ機体各所には開発段階で選定落ちとなったパーツが用いられており、コクピットはコア・ブロック・システムからイジェクション・ポッドに変更され、操縦桿には試験的にアーム・レイカーが採用されている。このアームレイカーはジェガンにも採用されたが、その後に保持性の悪さからスティック型の操縦桿に戻される事態となっており、ZZガンダムにもスティック型が採用されている。増加装備に当たる部分は全て固定式でパージはできず、装甲材もガンダリウム合金とはいえ実際のZZガンダムより品質が1ランク劣る(ただし、一般的な量産MSのそれとくらべれば高性能の部類である)。加えてZZガンダムの象徴ともいうべき頭部及び腹部のハイメガキャノンはダミーであり発砲できない。スペック上バック・パックの推力はZZより強化されているが、フルアーマーZZより全備重量が重く実際の機動力は低下しているなど、各所に検証機故の簡略化の影響が表れている。MG版のインストによれば内部機構を流用してZZガンダムに改造することが「不可能ではない」とされているが、詳細は不明。あくまで非公式ではあるが、センチネルのライター高橋昌也氏によればFAZZ仕様の試作機が16機製造されたと「マスターピースZZガンダム」で供述されている。(ZZ系列機が複数存在することを最初に言ったのは80年代後半のゲームブック「エニグマ始動」が最初期のもので、13機の仕様違いの可動機が存在するとの供述があった。その後の「Vガンダム外伝」、近年の「ヴァルプルギス」「MOONガンダム」などの外伝作品に複数登場するZZ系列機のジェネレーターやフレームの大本の出所を考えるに、あながち荒唐無稽なだけの供述とはいいきれない。)
ベース機との性能差はストール・マニングス「スペック上はともかく、実際にはハリボテに過ぎない」と酷評される程で、表面上はガンダムタイプではあるものの、一騎当千が期待されるフルアーマーΖΖガンダムとは根本的にコンセプトが異なる(被撃破時に機体が補充されなかったことからも、本機が試験機として使い捨てられる運命にあったことが暗示されている)。
とはいえ、如何に簡略化されていてもベース機のΖΖガンダムから受け継いだ大出力は健在であり、特に射程と火力に関してはα任務部隊に配備された他のMSをも凌駕していたため、本機はその特性を活かした重火力砲撃機として運用された。

劇中ではα任務部隊旗艦・ペガサスⅢに3機配備され、全3機で1個小隊の「FAZZ隊」として編成、火力牽制や支援射撃などに活躍したが、月面上空においてガンダムMk-Ⅴと交戦した際に、その高機動とパイロットの技量によってミサイルの弾幕射撃を回避され、弱点であった近接戦に持ち込まれて全機が撃破される結果となった。

主なパイロットはシン・クリプトジョン・グリソムロバート・オルドリン

なお、ハイメガ・キャノンやコア・ブロック・システム、可変機構といった複雑なシステムを省略したため、後にジュドー・アーシタが駆ることとなるZZガンダムよりもロールアウトは早い。また可変機であるZZガンダムの試作機という位置付けのため、非変形機ながら喧伝も兼ねて「VMsAWrs」のロゴマークが用いられている。
尚、読者投稿の指摘により、α任務部隊のFAZZ隊には「04」「05」「06」のマーキングが追加された。(Sガンダム=「01」、Zプラス=「02」「03」)

武装

完全に射撃兵器に偏重しており、接近戦は想定外となっている。

頭部バルカン砲

口径60mmの牽制・近接防禦用射撃兵器。砲口は4門あるが、上部2門はダミーパネルで覆われ発砲できない。

ミサイル・ポッド

胸部装甲、バック・パック、腕部装甲等、各所に内蔵されている。弾種は中型のAMA-09S、小型のAMA-13Sがあり、ZZに内蔵されているものと同型。胸部装甲のものは、装甲材を排除して発射される。

ダブル・ビーム・ライフル

正式名称は2連装メガビームライフル。フルアーマーZZ同様、右前腕部に固定装備される。出力はオリジナルより抑えられており、主にハイパー・メガ・カノン排除後に使用される。なお、前述の通り変形・合体を想定していないため、コックピットはオミットされている。

背部ビーム・カノン

出力12MWSガンダムに装備されるものと同一のもの。ZZのビーム・カノン兼ハイパー・ビーム・サーベルと同じ位置に装備されているが、ビーム・サーベルとしての機能はない

ハイパー・メガ・カノン

本機の主兵装たる巨大なビーム兵器。バック・パックの右側ミサイル・ポッド部分にマウントされ、右手で担ぐようにして発射される。出力はZZのハイメガ・キャノンより約60%増しの79.8MWと、当時の手持ち火器の中では最大出力を誇り、敵パイロットであるジョッシュ・オフショーが艦砲射撃かと感じるほどの威力を持つ。加えてディスク・レドームとの連動により、数万kmオーダーの長距離で狙撃レベルの精密射撃を行える。数秒のインターバルで連続砲撃が可能だが、一定限度を超えるとジェネレーターに過度の負荷がかかるため、実戦では砲撃時に複数機でローテーションを行うことでカバーしている。

FA-010B

このFAZZ(ファッツ)がフルアーマーΖΖガンダムと酷似しているのは設定以前に当然のことで、プラモデルとしての商品名は「フルアーマーダブルゼータガンダム」なのである。
これは、主役機であるSガンダムのデザインが難航していたため、「ガンダム」のリリースの間隙を埋めるべく「ΖΖ」のモビルスーツのうちリリースされていなかったフルアーマーZZガンダムを新設定で「センチネル」第1弾キットとして使うことになったためである。よく誤解を受けるが、このキットでの型式番号はFA-010Bである。B型タイプであるのは、このキットが出た時期の強化型ΖΖガンダムの型式番号がMSZ-010Bであるため。
フルアーマーながら“着膨れ”のイメージを避けてヒロイックな体型を維持しつつも、長物を肩に担がせて重厚さを出すという矛盾に挑戦したデザインは『センチネル』作中におけるFAZZの立ち位置を明確にしており、高い評価を得ている。
また、カラーリングもガンダム・トリコロールを廃し、白とグレーを基調としたロービジ・カラーにコバルトブルーのアクセントを入れた斬新さは、元のΖΖガンダムとの対比も手伝って大きな反響を呼んだ。

最初にプラモデルが発売された直後、「逆襲のシャア」関連のプラモデルシリーズが先行リリースされる事になったので、Sガンダムを含む第2弾キット以降は中止となった。
ホビージャパンモデルグラフィックスの仲の悪さも原因となって、業界で「アレは無かった事にしよう」という雰囲気が広がっていた為、この企画を認知させる為に雑誌主導の連載形式になったのが「ガンダムセンチネル」である。
この連載中にSガンダムZプラスのプラモデル化が無事に実現したが、これは私生児を認知したような存在であり、連載終了後になってから版権問題が発生している。

2020年に入って、Ver.Ka版ZZガンダムのパーツ追加・変更でMG版FAZZがリメイクされている。装甲の干渉でほとんど無可動置物状態だった旧MG版と比べ若干可動は改善され、ほぼ、デザインの相違点を変更した強化型ZZにフルアーマーパーツを追加したものだが、腕パーツは細身の非変形タイプへと変更したうえでフルアーマーパーツを装備させる形となっている。旧版ともども金型変更を嫌ったのかコアファイターは残された形となってしまった。

関連機体

MSZ-010ZZガンダム
FA-010S フルアーマーΖΖガンダム

関連タグ

ZZガンダム フルアーマーΖΖガンダム

関連記事

親記事

ガンダムセンチネル がんだむせんちねる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「FAZZ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232999

コメント