ピクシブ百科事典

ハイメガキャノン

はいめがきゃのん

ハイメガキャノンとは、TVアニメ『機動戦士ガンダムZZ』に登場するモビルスーツ、ZZガンダムの特徴的武装である。
目次[非表示]

概要

ZZガンダムの額部分に搭載された高出力メガ粒子砲
バックパックに搭載されたジェネレーターから生み出されるエネルギーを専用回路を経由してメガコンデンサーに蓄積し、爆発寸前まで縮退したメガ粒子を開放する。
額部分に搭載されている事もあって頭部の旋回に伴い射角の調整を行う事が可能となっている為、近距離戦では高い命中精度を発揮する。
その最大出力は50MW。コロニーレーザーの20%にも達する高出力を発揮する同武装は、第一次ネオ・ジオン抗争当時のモビルスーツの恐竜的進化を象徴する武装の代名詞として語られる事が多い。

試作武装である事もありその信頼性は低く、特に使用時にコンデンサーやジェネレーターへの過負荷が発生し、一定時間機体が停止してしまうという運用上の問題点を有している。
その高出力故に一射ごとのエネルギー消費量の観点からも取り回しに優れた武装ではなく、頻繁なアップデートによって機体トラブルは解消されていったものの、第一次ネオ・ジオン抗争での使用は四射のみと少ない。
なお、第一次ネオ・ジオン抗争終盤に投入された強化型ΖΖガンダムにおいて、砲身が融解する程の高出力を発揮しているが、これはパイロットであるジュドー・アーシタの感応波がバイオセンサー介して機体に反映され、ハイメガキャノンの規定以上の出力を引き出した為である。

本装備は、量産型ΖΖガンダムガンダムデルタカイにも簡易型・廉価版と言える物が搭載されており、こちらは出力こそ抑えられているがある程度の連射が可能となっており、大型モビルアーマーとの戦闘や至近距離での砲撃戦に於いては高い威力を発揮した。フルアーマーZZでは腹部にも追加装備された。増設ジェネレータからエネルギー供給されるため機体のパワーダウンは起きないが、砲身が保たないため1発しか撃てない。

なお、FAZZにも外観上は同様の装備があるように見えるが、これらは全てハリボテ同然のダミーであり、発砲はできない。これは当該機が『アーマー装着形態における可動域、及び重量バランスデータ取得用』に少数生産されたモビルスーツであり、実戦機能は重要視されていなかった事に由る。

関連項目

機動戦士ガンダムΖΖ
ZZガンダム
強化型ΖΖガンダム

サイコ・フィールド

その他装備機

ウーンドウォート
ナラティブガンダム

関連記事

親記事

ZZガンダム だぶるぜーたがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイメガキャノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221826

コメント