ピクシブ百科事典

ゲーマルク

げーまるく

AMX-015ゲーマルクはアニメ『機動戦士ガンダムZZ』に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

概要

ネオ・ジオン軍が第一次ネオ・ジオン抗争後期に開発したニュータイプ専用試作型重モビルスーツ
全身の至る所にメガ粒子砲を装備し、サイコミュを搭載している事から第4世代モビルスーツに分類される。
第一次ネオ・ジオン抗争に於いては、R・ジャジャに替わるキャラ・スーン専用機として運用され、グレミー・トト率いるニュータイプ部隊と、グレミーの傘下に加わったラカン・ダカランらと激闘を繰り広げた。

本機の全身に装備したメガ粒子砲は、個々の威力は標準的だがその搭載数は他の機体のそれを大幅に上回っており、ファンネルによるオールレンジ攻撃も併用した場合、圧倒的とも言える制圧能力を発揮する。また、胸部に搭載されたハイパー・メガ粒子砲は本機最大の火器であり、出力は30.5MWにも達する。
更に、マニュピレータ自体にもビーム砲を搭載しており、攻撃デバイスとしての性格を強めている。
一斉射撃による制圧能力により一対多の戦闘に向く一方で、専用に開発されたビーム・サーベル以外携行火器を装備出来ないなど、機体の汎用性は低い。

本機のファンネルは背部に搭載された二基の大型のマザー・ファンネルと、その子機としてマザー内部に各14基搭載されているチルド・ファンネルの二種で構成されており、マザー・ファンネルを中継してチルド・ファンネルを展開・操作する事で、より広範囲へのオールレンジ攻撃を可能とする。
サイコミュを搭載する関係上、同時期に開発されたドーベン・ウルフと比較してパイロットに高いニュータイプ能力を求めるものの、技術開発が進んだ事もあり、キュベレイと比較した場合のパイロット側への負担は軽減されている。

その総火力はΖΖガンダム以上であり、その性能をフルに発揮した場合は単機で大型コロニーを崩壊させるだけの性能を発揮するとも言われているが、火力を重視した反面機動力は標準の粋を出ておらず、重力下での運用に於いてはその自重から護衛機であるガズアル/ガズエルに牽引される場面も見られた。

関連イラスト

ゲーマルク
ゲーマルク
ゲーマルク
ゲーマルク



関連項目

機動戦士ガンダムΖΖ
キャラ・スーン ドーベン・ウルフ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲーマルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78686

コメント