ピクシブ百科事典

袖付き

そでつき

『袖付き』とは、OVA『機動戦士ガンダムUC』以降の宇宙世紀作品に登場する、ネオ・ジオン残党軍、その“通称”である。
目次[非表示]

概要

宇宙世紀0096年に現存するネオ・ジオン残党のうち最も過激なセクト。
第二次ネオ・ジオン抗争の後、廃墟同然の資源小惑星で朽ち果てようとしていたネオ・ジオン軍の残党をフル・フロンタル大佐がまとめ上げ、そこへ旧ネオ・ジオン(ハマーン・カーン体制時代の戦力)の残党がミネバ・ラオ・ザビ殿下を指導者とする事を条件に合流し、更に既存のジオン残党軍を取り込む形で成り立っている。

ラプラス事変において、ダカールの連邦政府中央議事堂破壊を主導するなど、それなりに大きな騒動を巻き起こしたが、最終的には実戦力のほぼ全てを損壊させ、指導者層(フル・フロンタル及びミネバ・ラオ・ザビ)も断裂状態となったため、ほぼ完全壊滅している。

組織形態

軍事組織と呼べる程度の規模を有するとされるが、その懐事情は厳しく、戦力は最新型のモビルスーツと、デラーズ紛争から第二次ネオ・ジオン戦争期までの旧式機とが混在し、同時に運用されているのが実情である。(このため、宇宙世紀0083年に少数生産された、簡易モビルスーツであるドラッツェさえも運用されている。)
加えて、最新鋭機ギラ・ズールであってもOSコクピットは旧来の物が使いまわされており、シャアの反乱時にアナハイム・エレクトロニクス社に発注して以来追加生産の予定がないパーツを用いている機体も多く、主戦力としている機体の修理さえ満足に行えないほど困窮している
その度合いは、宇宙世紀0096年5月の“最終局面”であるメガラニカ周辺宙域戦ですら、エンドラ級二隻とムサカ級一隻を投入するのが限度という体たらくであった(同作戦において旗艦レウルーラは、撤退してきた前線部隊のため、後ろに控えていた)。

この為、地球連邦側からは正規軍ではなくテロリストとして見なされており、『袖付き』内部もある程度はその現状を認めている。よって事実上の首魁であるフロンタル大佐からして、ネェル・アーガマ隊との交渉において、自分たちが投降したとしても南極条約に準じる「捕虜」ではなく「犯罪者」として扱われる事に言及している。

しかし一方で、地球に残留した旧ジオン公国残党への支援活動も行っており、彼らを含めた総合的な戦力はテロリストの範疇を越えたものとなっている(ただし、その地球残留戦力には事実上の特攻を命じる事になるため、“総合的な戦力”は一度限りのものでしかない)。

エングレービング

『袖付き』の通称は、当該組織が保有するモビルスーツの前腕部に施されたエングレービング(装飾)を袖に見立てての、連邦軍慣例のニック・ネーム……と言うよりも蔑称である。

『袖付き』側としては、この所属機のエングレービングは、組織の結束力・求心力を高める意図で施している。その他にも、(貴重な)新鋭量産機であるギラ・ズールのスタイリングなど、組織の求心力を維持する為の工夫を至る所で確認できる。このため構成員の多くは『袖付き』の呼称を、連邦軍から付けられた蔑称と理解・嫌っており、自分達がその名で呼ばれる事を良しとしていない。
とは言え、シャアの反乱以降における反連邦政府最大勢力であるのは事実のため、地球残留部隊や、影のスポンサーであるジオン共和国シンパの若年層からは、憧れを伴って『袖付き』の名を用いる者も多い。

主要な拠点

パラオ

サイド6に所属する民間の鉱物資源衛星。全長は三十数km、最大直径15km。
三角錐状の岩塊「カリクス」と3つの小惑星「カローラ」から成り、それぞれが連結シャフトで繋がれ固定されている。カリクスには円筒状の居住ブロックが二つ埋め込まれており、コロニー同様、回転による遠心重力を発生させる。
鉱山業で住民の生計を立てて来ていたが、宇宙世紀0096年時点ではフル・フロンタル達の重要拠点として機能している(連邦軍もその事実を掴んでいるが、同年4月にユニコーンガンダムが強奪されるまでは半ば黙認していた)。
居住ブロックには、ギルボア・サントの妻子をはじめとした多くのジオン系住民が暮らしており、また袖付きの拠点として多くのジオン、ネオ・ジオン系MSが配備されている。

保有戦力

モビルスーツ


モビルアーマー


艦艇


関連項目

機動戦士ガンダムUC
ネオ・ジオン ジオン残党軍 ジオン共和国
首輪付き

機動戦士ガンダムNT
モナハン・バハロ

pixivに投稿された作品 pixivで「袖付き」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 685415

コメント